ラスベガス周辺の観光情報

ラスベガス旅行では、ホテル巡りやカジノで遊ぶ時間が中心になると思います。またショッピング施設も多く、「街を満喫するだけでも3日間ぐらいでは全然足りない」ともいわれます。
                  
一方で、少し足を伸ばすだけでガラッと雰囲気が違う景色を楽しむことができるのも、実はラスベガスの大きな魅力です。
セスナ機だと1時間ほどで行くことができるグランドキャニオン、車で30分ほどの距離にあるレッドロックキャニオンなどは、ラスベガスの喧騒を離れて広大な自然を楽しむスポットとして定番です。
また、周囲に何も無い道路をひたすら南東に走ること2時間。アリゾナ州とカリフォルニア州の境、コロラド川沿いにカジノホテルが立ち並ぶネバダ州第3のカジノ都市ラフリンがあります。ラスベガスの派手さ・豪華さに疲れ、「古き良きラスベガス」を懐かしみたい時は、ゆったりとした空気が流れるカジノを訪れてみるのも良いでしょう。
グランドキャニオンとレッドロックキャニオンについては、実際に訪れた時の旅行記を、ラフリンについては各カジノホテル等をご紹介します。

【グランドキャニオン】

2001年4月のラスベガス旅行は、7泊9日、宿泊ホテルはベラージオ、参加者は僕、父、叔父、おじいちゃんの4人でした。このラスベガス旅行では、「グランドキャニオンに行き、綺麗な写真を撮りたい」という、おじいちゃんの大きな目的が一つありました。
実はおじいちゃんも僕も、以前にお互い一度づつグランドキャニオンには行ったことがありました。(父と叔父はラスベガスは2度目ですが、初めてのグランドキャニオンです) そこで今回は、「バスで行きたい」との希望により、セスナ機で行く「グランドキャニオン国立公園(サウスリム)」ではなく、.......→続きはこちらから

【レッドロックキャニオン】

2010年12月、子連れ(3才)でのラスベガス旅行の際、「ラスベガス(街)ばかりでなく、アメリカの壮大な自然も見せてあげたい」と思い、旅行スケジュールに「レッドロックキャニオン見学」を組み込みました。
僕は1999年に初めて.......→続きはこちらから

【レンタカー】

「ラスベガスは街自体それほど大きくないため、タクシーやCATバスを利用すれば、わざわざ車を借りるほどのことはないだろう。」と、ずっと思っていました。それに海外で運転することは、慣れない左ハンドルと右側通行に戸惑い、危ないのでは?と思っていました。
でも、実際に利用してみると本当に便利で、これからは.......→続きはこちらから