【レンタカー】

 「ラスベガスは街自体それほど大きくないため、タクシーやバスを利用すれば、わざわざ車を借りるほどのことはないだろう。」と、ずっと思っていました。それに海外で運転することは、慣れない左ハンドルと右側通行に戸惑い、危ないのでは?と思っていました。
 でも、実際に利用してみると本当に便利で、これからは車無しのベガス旅行は考えられないようになりました。少し走っていればすぐにコツがつかめます。日本で車を日常的に運転している方にはぜひオススメしたいです。
 交通ルールに若干の違いはありますが(例えば、赤信号でも右折が可能など)、事前にガイドブックなどで予習して頭に入れておけば大丈夫です。

「アメリカでのはじめてのレンタカーはラスベガスがオススメ!!!」

その理由は

・道路が単純

・大きなホテルにはレンタカ-カウンターがあるため、短期間でもレンタル(返却)が容易

駐車場の心配をしなくていい

・夜の運転でも比較的安心なので、行動範囲のみならず行動時間大幅アップ

・郊外にはアメリカがある!

などが挙げられます。

 

【道路が単純】
 ストリップ通りを中心に南北の道路・東西の道路が規則正しく交差していて、方向音痴な僕でも迷うことなくドライブを楽しめました。
 注意すべき点は、特にメインとなる通りでは車線数がびっくりするくらい多いのであらかじめどちらに行きたいのかを考えて、走行する車線を選択しておかなければならないことです。レンタカーを借りるときにも簡単な地図がもらえますが、もう少し詳しい地図(道路の名前が載っているもの)があると良いと思います。ホテルのショップやコンビニに売っています。

【短期間のレンタル】
 ほとんどのメジャーなホテルには、フロントカウンターの近くにレンタカーのカウンターがあります。そこでレンタルや返却の手続きができるので、空港でレンタルしなくても、本当に利用したい日数だけをレンタルすることができます。
 ホテルでのレンタルの場合、車はホテル内駐車場のレンタカー専用パーキングにおいてあり、レンタル手続き後にカウンターでその番号を教えられます。返却の際も同じ場所に停めてから返却手続きをすればよいので場所を覚えておくと良いです。

【駐車場】
ラスベガスでは駐車場の心配はほとんどないです。というのも、ほとんどの場合目的地はホテルになると思うのですが、ホテルはかなり大きなパーキングがある所がほとんどなので、「停めるところが無い・・・」と悩む必要は全くありません。悩むのは、あまりに広いパーキングだと「どこに停めたっけ・・??」となることくらいです。停めた場所と、借りた車のナンバーはしっかりと覚えておくようにしましょう。
 ガイドブックなどには「バレーパーキングとセルフパーキングがある」とありますが、普通はセルフパーキングを利用すれば問題無いと思います。バレーパーキングは時間帯によっては車を持ってきてもらうまでにかなり待たされることもあります。

【夜の運転】
 ストリップ通りであれば、深夜零時を過ぎても、歩いていても大丈夫ですよね。でも、ちょっと暗い道はそうゆうわけにはいきませんよね。そんな場所でも、車であれば(もちろんドアはロックをして窓も閉めておいてですが)ササッと通過してしまえるので、例えば「ストラトスフィアで23:00くらいまで夜景を見たりしてからストリップのホテルに帰ってこよう」といったスケジュールにもできるので、行動時間にゆとりができると思います。
 また、夜中に「どうしてもハンバーガーが食べたい!」と思ったときでも、中心部からちょっと離れたところには、24時間営業のファーストフード店がたくさんあるので、車を利用すれば食べに行くことができます。しかしこの場合は周りの治安には充分に気をつけてください。車に乗っていても油断は禁物です。交差点で停まっているときなども、酔っ払ってふらふらと近づいてくる人もいたり、ヒッチハイクしている人もいますし、なにが起こっても不思議ではありません。

【郊外の魅力】
 ラスベガスに何度か行くようになると「ちょっと郊外にも行ってみたい」と思うようになると思います。そんな場合、車が有ると無いでは大違いです。確かに、バスも縦横に走っているので乗り継いで行けばある程度は行けると思いますが、時間的にもやはり車の利用にはかないません。例えば「ファッションアウトレット」などにも、オプショナルツアーを利用するよりも自分たちの都合で時間を気にせず動けるのが良いですし、荷物を気にせずに買い物ができるのも大きな魅力です。
 また、郊外には大きなスーパーマーケットなどもありますし、ストリップからちょっと離れてみるとそこにはもう「アメリカそのもの!」があります。ストリップやダウンタウンのホテル街だけで遊んでいるとテーマパークの中にでもいるような感じがしますが、興味のある方はぜひ、レンタカーでドライブを楽しみつつ、郊外にお出掛けになってみることをオススメいたします!!


ラスベガスでの、他の交通手段についてのページはこちら