【バフェ】

ラスベガスを代表する食事と言えば、ほとんどのカジノホテルにある食べ放題レストラン「バフェ」です。日本では「バイキング」や「ビュッフェ」と言いますが、英語での発音に近い表記にしています。
はじめに料金を払い、席に案内されてドリンクを注文したら、あとは自分の食べたいものを好きなだけ取ってくるだけですので、メニューを読む必要もオーダーする必要もなく、言葉に不安のある方も安心して利用できるのがうれしいです。
元々は「カジノで長い時間遊んでもらうため、食事の時間を短縮する目的で」とか、「自分のカジノに来てもらうため安い料金で食べ放題を提供する」というのがラスベガスでバフェが定着した背景だと言われています。しかし現在のバフェは、「内容の充実度で惹き付ける」というのが当たり前になりました。高級ホテルはバフェも高級志向にしてホテルのグレードをアピールしていますし、「Mリゾート」というホテルは中心部からはかなり離れているにも関わらず、バフェ目当てのお客さんで連日賑わっています。
味の良し悪しには好みの違いもあると思いますが、僕がこれまでに利用したことのある各ホテルのバフェについて、こちらのページでご紹介しています。
ラスベガスの食べ放題レストラン「バフェ」のご紹介ページ(30件のバフェをご紹介中!)

【カフェ・ファミリーレストラン】

ラスベガスの大きなホテルには、ルールとして「24時間営業の食事施設」を必ず設けることになっています。それを「24時間カフェ」と呼びますが、サラダやスープ、ハンバーガーやサンドイッチ、ステーキやパスタなどメニューも豊富です。なんと言っても24時間営業ですので、時差ぼけやカジノで遊んだ後など、おなかが空いたと思ったら夜中や明け方でも食事ができるのはありがたいです。「ステーキ&エッグ 5.99ドル」など、時間帯限定でのお得なメニューがある所も多いです。
また、特に郊外にはファミリーレストランもたくさんあります。全米チェーンのお店やラスベガス近郊に多いチェーン店など色々なお店があり、「卵料理が充実したお店」「パンケーキがウリなお店」など、それぞれ特色もあるので楽しめます。
ラスベガスの「カフェ・ファミリーレストラン」の紹介ページ(31件のカフェ・ファミリーレストランをご紹介中!)

【ファストフード・ジャンクフード・軽食】

アメリカの食事をイメージする時、ハンバーガーやホットドッグに代表される「ファストフード」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。チェーン店も多いですし、安くて早くて手軽に食べられるので旅行中にお世話になることも多いはずです。                     
僕はファストフード、ジャンクフードの類のものが好きなので、特によく利用しています。チップも不要ですし総じて安上がりになるのでお財布に優しいですね。
ラスベガスの「ファストフード・ジャンクフード・軽食」の紹介ページ(31件のファストフード店をご紹介中!)

【レストラン】

ラスベガスでは、ホテルやショッピングモールの中にレストランが数え切れないほどあります。ステーキや中華料理などジャンルも様々。高級ホテルには高級レストランが、リーズナブルなホテルにはカジュアルレストランが入店する傾向にありますが、高級ホテルの中にもカジュアルなお店があったり、もちろんその逆もあります。
ラスベガスの「レストラン」の紹介ページ(26件のレストランをご紹介中!)

【日本食店・ラーメン店】

ラスベガス旅行中、アメリカらしい食事ばかりを続けていると、「日本食が食べたいな」と思う時もあるでしょう。少し郊外に出ると、日本風の美味しいラーメン屋さんや居酒屋風メニューの充実したお店、定食風のご飯が食べられるお店などもあります。近年は特にラーメン店が増加傾向で嬉しいです。
ラスベガスの「日本食店・ラーメン店」の紹介ページ(13件の日本食店・ラーメン店をご紹介中!)

【デザート・スイーツ】

デザート類についても、ラスベガスには豊富な選択肢があります。ホテル巡りや買い物中、カジノで遊んでいる時などに休憩を兼ねて甘い物を食べるのも、ラスベガスの楽しみ方の一つと言えるでしょう。
ラスベガスの「デザート・スイーツ」の紹介ページ(10件のデザート・スイーツ店をご紹介中!)