ラスベガスのカフェ・ファミリーレストラン

editor まさし

「ストリップ通りの南→北」、「ストリップ通りホテル群の南→北」の順に掲載しています。
レインフォレストカフェ
(MGM内)
アメリカカフェ
(NYNY内)
モンテカルロカフェ
デニーズ
(モンテカルロ向かい)
プラネット・デイリーズ
(プラネットハリウッドホテル内)
ベラージオカフェ
プラネットハリウッドカフェ
(フォーラムショップス内)
グランドラックスカフェ
(ベネチアン内)
ウィンラスベガスカフェ
ペッパーミル
(リビエラ南)
   
アップル・ビー
(ギャレリアモール付近)
エッグワークス
(サンセット通り)
クラックドエッグ
(レインボウ通り)
メンフィスBBQ
(ウォームスプリングス通り)
IHOP
(ラスベガスアウトレットセンター隣接)
ブラックベアダイナー
(トロピカーナ通り)
ブルーベリーヒルズ
(フラミンゴ通り)
テリブルズカフェ IHOP
(ブールバードモール敷地内)
メイプルツリー
(スプリングマウンテン通り)
マリーカレンダー
(サハラ通り)
エッグ&アイ
(サハラ通り)
ハッシュハウス・ア・ゴーゴー
(サハラ通り)
オムレットハウス
(チャールストン通り)
オリジナルパンケーキハウス
(チャールストン通り)
Jamms
(チャールストン通り)
TGIフライデーズ
(サムズタウン内)
Mimi'sカフェ
(チャールストン通り)
レッドロックカフェ
(レッドロックカジノリゾート&スパ内)
サンセットステーションカフェ
(サンセットステーション内)
ベイビースタックス・カフェ
(サンセットエリア)

店名
コメント
写真
レインフォレストカフェ
(MGM内)
Rainforest Cafe

昼食で利用
・・・MGMのカジノフロア、ストリップ通りに近い南側にある熱帯雨林をテーマにしたレストラン。入口には熱帯魚がいます。店内には木々に動物や鳥たちがいて(こちらは作り物です)それぞれの鳴き声や、たまに雷らしき音がしたりして、熱帯雨林の雰囲気を出しています。息子はそれほど喜んだり驚いたりはしませんでしたが、中には雷を怖がって耳をふさいでいる子もいました。
食事は、正直なところ「テーマレストランの食事には期待しない方が良い」のが正解かもしれません。悪くはありませんが、「食事を目当てにもう一度行く?」と聞かれたら、きっと行かないと思います。また、下記の3品を注文しただけなのですが、注文してから軽く30分以上待たされました。お店はかなり空いていましたし、旅行中という限られた時間において、この待ち時間はいただけません。
併設されているショップでは、オリジナルのTシャツなど、各種レインフォレスト関連グッズが販売されています。
・クラムチャウダー 6.99ドル。鉄製の容器に入ってきます。味は悪くはありません。量はアメリカにしては少なめ。
・バッファローウイング 10.99ドル。「マイルド」とか「ホット」とか、辛さを選ぶことができるお店が多いですが、ここでは辛さの選択肢はありませんでした。結構辛めで、小さな子供にはちょっと不向きです。
・チーズピザ(キッズミール) 9.99ドル。小さな薄焼きピザにドリンク(ジュース)が付いているだけのシンプルなもの。3才の息子でも全部を軽く食べきってしまうサイズです。
・レモネード、スプライト・・・各3.49ドル

最終利用日:2010年12月16日(昼食)


アメリカカフェ
(NYNY内)
America Cafe

夜食で利用
・・・24時間営業のカフェ。夜12時過ぎに利用しました。「Late Night Menu」として、スープ、ハンバーガー数種、サラダ、アーリーブレックファスト(オムレツ等、卵料理主体)のみになっていました。店内はとても広くてゆったりとしています。大きな星条旗が飾られていました。店名のとおり、メニューはアメリカ各地の名物にちなんだものになっています。
 
モンテカルロカフェ
(モンテカルロ内)
Monte Carlo Cafe

夕食で利用
・・・モンテカルロホテルにある24時間営業のカフェ。値段が手頃で、あまり混んでいることがないので宿泊している時は便利に使えます。コーラはペプシ(2.50ドル)、勿論リフィルフリー(おかわり無料)です。
・モンテカルロバーガー(7.95)・・・バンズの上部分と下部分を重ねると、どうやって食べれば良いのかわからないほどの厚みになってしまう、アメリカっぽさ満点のハンバーガー。バーガーはとてもジューシー。ベーコン、マッシュルーム、グリルオニオンが入っています。野菜も多く、付け合せのポテトも美味しい。
・ラーメンヌードルスープ(withシュリンプ・8.95)・・・ゆで卵、かまぼこ、にんじん、菜っ葉、ねぎが入ったラーメン。麺の太さ、柔らかさともちょうど良く、スープが薄味で、疲れたお腹にはちょうど良い感じ。
・バッファローウィング(7.25)・・・味はマイルドにしました。10本。マイルドでも結構ピリっと辛めで、衣が薄く、お肉が柔らかくて美味しかった。付け合せはオニオンリング3切れ。
・ハウスガーデンサラダ(4.75)・・・標準的なグリーンサラダ。二人分くらいですが、アメリカのこのようなカフェで出てくるサラダとしては大きい方ではなく、サラダ好きな人なら一人でも食べきれる量。
 
デニーズ
(モンテカルロ向かい)
Denny's

朝食で利用
・・・以前は「ちょっときれいではない」感じでしたが、ハードロックカフェ、ROSSのオープンと共にリニューアルされており、店内は明るく、清潔に保たれています。店員さんも親切でした。以前はどちらかと言うと「やっつけ仕事的」な印象もありましたが、今回はそのような印象は全く受けませんでした。子供を連れてお店に入るとすぐに塗り絵用ページのある「キッズメニュー」と紙とクレヨンを渡してくれました。子供が頼んだオレンジジュースは、蓋つきのプラスチック製容器でくれたためこぼす心配がなくて助かります。パンケーキは、IHOPなどと比べると今一歩な感じもしますが、ストリップ通りのお店としては、かなりお値打ち感があります。
ビルド・ユア・オウン・グランドスラム(Build Your Own Grand Slam)・・・トースト(2枚)、パンケーキ(2枚)、イングリッシュマフィン、卵2個、ハム、ベーコン(2枚)、ハッシュポテト・・・などのメニューの中から、4種類を選ぶことができて、6.99ドル。とてもお得です。
グランドサンドイッチ・・・7.99ドル。スクランブルエッグ、ハム、ベーコン、チーズ、マヨネーズが入ったトーストサンドイッチで、すごく美味しかったです。ハッシュポテトが付いています。
上記2つにコーヒー、ホットティ、キッズオレンジジュースを頼んで、22ドル。すごく安かったという印象です。
最終利用日:2010年12月12日(朝食)
デニーズ(ラスベガス)Denny'sデニーズ(ラスベガス)Denny's
プラネット・デイリーズ
(プラネットハリウッドホテル内)
Planet Dailies

朝食で利用
・・・ラスベガスのカジノホテルでは、24時間営業のレストランの設置が義務づけられています。 そのためどのホテルにも「Cafe」という呼び名の24時間営業のレストランがありますが、この「Cafe」は、ホテルによってさまざまな特徴があります。
プラネットハリウッドホテルの24時間カフェ「プラネットデイリーズ」は、メニューが豊富で席数も多く、朝食、昼食、夕食から深夜の軽食まで、一人でも大人数でも、どのようなシチュエーションでも使える便利なお店です。1回(5泊)の滞在中、4回利用したこともあります。
カジノフロアのスターバックス隣にあって、カジノから見えている間口よりも奥に広いのですが、それでも混雑時には少し並ぶ人もいるほど人気があります。
ここでのおすすめは「フレンチトースト」です。外側がパリっと香ばしく、中はふんわりとしている食感が素晴らしかったです。「部屋にもう一つ持って帰りたい」というお願いにも快く応じていただきました。
またこのお店はWifi環境が整っているので、ノートPCを持ち込んでゆっくりと調べ物をするのに便利でした。お隣のスターバックスにも無料Wifiがありますが、通信状況はこちらの店内の方が快適でした。
最終利用日:2013年12月25日(朝食)
プラネット・デイリーズ(フレンチトースト)プラネット・デイリーズ(ワッフル)

ベラージオカフェ
(ベラージオ内)
Bellagio Cafe


夕食で利用
・・・サンドイッチ(10ドル前後)やパスタ(15ドル前後)などの軽食が、ベラージオ自慢のアトリウムを眺めながら食事できるため、24時間カフェとしてはラスベガス一の雰囲気の良さと言えるでしょう。(ちなみに、アトリウムに面した席は「喫煙席」です。)
メニューには載ってなかったですが、「今日のオススメ」として店員さんにお勧めされたニューイングランドクラムチャウダーは絶品でした。

 
プラネットハリウッドカフェ
(フォーラムショップス内)
Planet Hollywood Cafe

昼食で利用
・・・間口が狭く感じたので「小さなお店かな?」と思いましたが、奥行きが長く、一部2Fにもテーブルがあるため座席数は多いです。店内にもトイレがあるので、トイレの少ないフォーラムショップスでは便利な存在かも。このお店のオリジナルグッズが売っていて、食事をすると「10%オフ」の券がもらえます。
チキンテンダー&ウィング(8.95)・・・手羽元4本と手羽先4本。若干スパイシー。
ターキークラブ(10.95)・・・あっさりした味付けでおいしい。付け合せのポテトもかりっと揚がっていて良かったです。コーラ(2.75)はリフィルフリーです。

グランドラックスカフェ
(ベネチアン内)
Grand Lux Cafe


夕食で利用・・・客室からエレベーターで降りてくると、すぐ左手にあるのがこの24時間営業のカフェです。メニューが入り口手前に掲示されているので、予め注文するものを決めてから入ることができます。注文するときには頼み過ぎないように心がけたつもりなのですが、どの料理も量がかなり多いため、食べきれませんでした。どの料理もほとんどが10ドル前後で、しかも美味しかったのですが、1番高かったロブスター付きのシーフードパスタでも23ドルくらいで、これがハンパじゃなく量が多く、2・3人前って感じでした。テリヤキピザ(10ドル弱)は長方形のやわらかいピザ生地で食べやすかったです。ハンバーガーも付け合せのフライドポテトが大量にあって、とてもじゃないけど1人では食べきれませんでした。
店内は広めですが、ちょっと照明が暗っぽいです。ベネチアンでは専用のキノラウンジが無いため、ここでキノチケットを購入するようになっています。

 
KAHUNAVILLE
(TI内)
KAHUNAVILLE

朝食で利用・・・この「KAHUNAVILLE」というお店は、TIのチェックイン時、カギと一緒に「朝食割引券(7.99ドルで卵3個、ベーコンorソーセージorハム、ポテト、トーストがセットになったもの)」をもらっていたので滞在中に一度は行ってみようと思っていたのですが、実際行ってメニューを見てみると、割引券指定のメニュー以外にも食べたいものが結構あったため、結局割引券は使わず、メニューの中からオムレツのブレックファストセットを注文しました。店内は意外と奥行きがあり、イメージは南国のリゾートといった感じで、広々として開放感もありなかなか良かったです。良いお店なのですが、ホテルのエントランスからは奥まった所にあるため宿泊者以外には利用されにくいかもしれません。とても空いていました。
最終利用日:2008年2月21日
ウィン・ラスベガスカフェ
(ウィン・ラスベガス内)
Wynn Cafe

朝食で利用
・・・広々として高級な雰囲気の店内には、普通のテーブル席だけではなく、ソファのブースやテラス席もあります。特にソファ席は、大きな真っ白いソファで、まるで高級レストランのようです。しかし朝食メニュー(朝5時~昼12時まで)は、値段もそれほど高くはなく、「ほうれん草&マッシュルームのオムレツ・・・11ドル(ハッシュブラウンとトースト付き)」、「エッグベネディクト・・・13ドル」など、この雰囲気でこの値段なら文句なしです。コーヒー、ホットティ、オレンジジュース(スモール)など、ほとんどの飲み物が4ドルとこちらも良心的。コーヒーは、アメリカのコーヒーにしては味が濃い目ですが、一人が注文しただけで、3杯分は入るであろうポットで持ってきてくれます。オレンジジュースは粒々が入っており、かなりすっぱいです。
ケチャップは市販されているビンやボトルのものではなく、恐らくオリジナルのものであろう酸味の少な目のものを、小皿に入れてを持ってきてくれたり、トーストは布に包まれて持ってきてくれるなど、朝から高級感たっぷりです。トーストには、ストロベリージャムとアプリコットジャムを持ってきてくれます。
ペッパーミル
(リビエラホテル南)
Peppermill

朝食で利用
・・・ラスベガス・ストリップ通り沿いで20年間も営業されている24時間営業のカフェ。リビエラの南側にあります。外観は「ちょっと入りづらいかも」という雰囲気を醸し出しており、どことなく怪しげな感じも否めません。
店内も、外観からの期待(不安?)を裏切らず怪しさいっぱいで、朝からちょっと暗めな照明で、足元のピンク色のライトが、ラスベガスの古き良き時代を思わせます。実は、僕は個人的には結構嫌いじゃない雰囲気です。店員さんは、すごく若いとは言えない女性が、ミニスカートのかわいらしい制服で愛想よく応対してくれるのですが、それもまた歴史を感じさせてくれているのかなと、妙に納得です。ほとんどの席がブース(ソファ)になっており、隣の席や近くの席の人たちを気にせず、個室感覚で落ち着けます。外から見る以上に広く感じ、非常にたくさんの席があります。
料理は、とにかく量が多く、普通のカフェメニュー2人前が、子供を入れた3人でもまったく食べきれず、半分近く残してしまいました。
ちょっと変わり種としては、コーヒーなどに入れる「砂糖」ですが、ほとんどのお店では普通の砂糖とダイエット用の砂糖、それぞれ「個包装」されているものがテーブルにセットされていることが一般的ですが、ここでは、色とりどりのきれいな「粒砂糖」が、瓶に入って置かれています。この砂糖が美味しくて、手のひらに乗せて舐めてみたくなるほどです。

JOES San Francisco(12.95ドル)・・・スクランブルエッグにひき肉、オニオン、ホウレンソウが入っており、これが大きなポテトの上にドサっと乗っています。上にはチーズがかかっています。主食にはトーストやベーグルなどから選ぶことができます。
パンケーキコンボ(12.95ドル)・・・パンケーキ3枚、ソーセージ2本、ベーコン2枚、卵3個のセットになったもの。
コーヒー、紅茶、ジュース(各2.95ドル)

最終利用日:2010年12月16日



アップル・ビー
(ギャレリアモール付近)
AppleBee's

昼食で利用
・・・ファミリーレストラン。店内はスポーツバー的な雰囲気で、非常にカジュアル。店員さんもフレンドリーで、僕達が通されたテーブルの周囲は特に小さな子連れファミリーも多かったです。
カウボーイバーガー(8.99ドル)・・・BBQソースですが、かと言ってそれほど甘すぎず、ちょうど良い感じの味付け。注文時に「ピンクorノーピンク?」と聞かれます。これは、お肉の焼き加減のことで、少し生焼け気味が良い場合は「ピンク」。しっかり焼いて欲しい場合(ウェルダン)は「ノーピンク」と注文することになります。
フィリーチーズステーキ(8.99ドル)・・・塩コショウで味付けされたお肉との上にパプリカやオニオンなど大きめにカットされた野菜、この上にたっぷりチーズが乗っているホットサンドイッチです。バーガーと同様、「ピンクorノーピンク?」と聞かれます。見た目よりもパンが柔らかくて美味しかったです。

飲み物はアルコール・ノンアルコールともにメニューが豊富でした。
妻は「フレイバーアイスティ」の「キウイ」を注文。アイスティに適度なフルーツの甘みが加わった飲みやすいジュースでした(2.89ドル)
僕はバニラシェイクを注文。この類のお店に来ると、僕はなぜか好んでシェイクを飲みます。ここのシェイクは、上にホイップクリームが乗っており、かなり甘さが強めです。(3.49ドル)
また、息子が女性店員さんに向かって「アップルジュース!」と注文。見事一発で通じて、このお店が息子にとっての記念すべき、「初めて英語での注文が通じたお店」になりました。(2.18ドル)

最終利用日:2010年12月13日(昼食)


エッグワークス
(サンセット通り)
Egg works

朝食で利用
サンセット通りとイースタン通りの交差点付近。タマゴのかわいらしいキャラクターが印象的なカフェ。朝から昼過ぎまでしか営業していません。以前に何度か行ったことがある「EGG&I」の系列店です。 この類のお店が僕は大好きで、毎回ラスベガス旅行のたびに新規開拓することを楽しみしています。今回(2010年12月)訪れたこのお店は、「大当たり」と言えます。店名通り、卵料理中心のメニューから、僕は「クラシックベニー」、妻は「ウェスタンオムレツ」を注文。これらを息子も含めた3人で食べました。
クラシックベニー(9.50ドル)・・・いわゆる「エッグベネディクト」です。イングリッシュマフィンの上に特製ソースをかけた半熟卵が乗ったもの(2つ)で、 卵のぷるぷる加減やソースの味もバッチリでした。
ウェスタンオムレツ(9.50ドル)・・・野菜がたくさん入ったオムレツ。 「トースト」か「バナナナッツマフィン」を選ぶことができ、マフィンにしたら、妻の分と息子の分、あらかじめ2つに分けて持ってきてくれました。
さすが、お店の名前に「エッグ」と付くぐらいですので、ベネディクトもオムレツもとても美味しかったです。そして、なんと言っても気に入ったのが付け合わせの「ポテト」です。ダイス状のポテトで、これにちょっとピリっとする赤いパウダーがかかっているのですが、このピリ辛さ加減が絶妙で、あとを引く味なのです。お菓子の「カラムーチョ」にちょっと似た感じです。息子も気に入って、止めなければ延々と食べ続けそうな勢いです。あまりに気に入ったので、「スーパーとかで似たようなものが売ってないだろうか?」と話していたところ、会計時、なんとこのお店のレジで売っているのを発見!このお店のオリジナル商品で、税込7.30ドル。ちなみに、お店で使用されている「卵のキャラクターが描かれたかわいらしい「黄色の大き目マグカップ」も、6ドルで売っています。
最終利用日:2010年12月13日(朝食)
エッグワークス(ラスベガス)Egg Works
エッグワークス(ラスベガス)Egg Works
エッグワークス(ラスベガス)Egg Works
クラックドエッグ
(レインボウ通り)
Cracked Egg

朝食で利用
・・・タウンスクエアの西側、車で5分ほどにあるお店です。店内はシンプルで清潔感があります。白が基調になっているため非常に広く感じます。
キッズメニューはA3サイズぐらいの一枚紙で、半分は「塗り絵」になっており、色鉛筆セットと一緒にもらいました。
エッグワークスの翌々日に行き、僕も妻もほとんど同じようなメニューを注文したので、良くも悪くも「味比べ」のようになってしまいました。
印象としては、エッグワークスと比べて、「ちょっと物足りない」という感じです。悪いことはまったくないのですが、エッグワークスのちょっとピリっと刺激のあるポテトや店内の雰囲気の方が、僕たちにとってはインパクトがありました。
エッグベネディクト(9.95ドル)、ウェスタンオムレツ(9.35ドル)、チョコチップパンケーキ(キッズメニュー 3.75ドル)、ホットティ、コーヒー、ミルク(各2ドル)
チョコチップパンケーキが美味しくて、12歳以下しか頼むことができないのは勿体無いなと思いました。
最終利用日:2010年12月13日(朝食)


メンフィスBBQ
(ウォームスプリングス通り)
Memphis BBQ

朝食で利用
・・・カントリー風な外観。名前のとおり、本来は肉料理が中心のチェーン店ですが、プレミアムアウトレット・サウスに近いこのお店だけは朝食も営業をしていました。土曜日は「キッズメニューが無料」とのことで、混んでいることも覚悟して行きましたが、お店はとても広く、空いていました。
店内の装飾も、外観同様カントリーっぽく統一されており、壁に掲げられたポスター類を見ているだけで楽しい気分になります。
お水を頼むと、ボトルのような大きな入れ物で持ってきてくれます。
エッグベネディクト(8.99)・・・付け合せのスライスポテトが手作り感があり、美味しかったです。
デンバーオムレツ(8.75)・・・75セントでほうれん草を追加。写真のように、オムレツの上に野菜乗せられていました。
バナナナッツパンケーキ(6.99)・・・パンケーキの生地にナッツが入っていて、スライスされたバナナが上に乗せられています。バランスが良く、食感が絶品でした。ちなみに、パンケーキとフレンチトースト用のシロップは、かなり温かくして持ってきてくれました。
ビッグキッズコンボ・・・通常4.99ドルのものが、この日は土曜日で「無料」でした。パンケーキ、スクランブルエッグ、ベーコンを選びましたが、大人でも十分お腹がいっぱいになるぐらいです。
最終利用日:2012年2月25日(朝食)


アイホップ(インターナショナルハウスオブパンケーキ)
(ラスベガスアウトレットセンター隣接)
IHOP

朝食で利用
・・・平日の9時半に入りました。広い店内は既に満席気味で、10時には10組ぐらいの人が待っている状態でした。「アウトレットに行く前にここで朝食を」というスタイルの方が多いのではないかと思います。でも混雑しているわりに、注文してから料理が出てくるのまでは早かったです。他のテーブルでも、手際のよさが目立ちました。
インターナショナルパスポート(6.99)・・・薄焼きのクレープが4枚、「フレンチ」「ジャーマニー」などから選べれましたが、フレンチにしたらマーマレードでした。卵2個とベーコン2枚、ソーセージ2本。
パンケーキコンボ(7.29)・・・パンケーキ2枚に卵、ベーコンかソーセージ、ポテトが付いています。パンケーキはチョコチップ、バターミルクなどから選ぶことができます。
コーヒー・紅茶は1.89ドルです。
 
ブラック・ベア・ダイナー
(トロピカーナ通り)
Black Bear Diner

朝食で利用
・・・土曜日の朝8時半ごろに行きましたが、広い店内はほぼ満席。店内には木彫りのクマやテディベアなどが所狭しと飾られており、とにかく「クマ一色」。テーブルに案内されると、新聞紙が置かれていて、これがこのお店のメニューになっています。テーブルは、動かせる四角いテーブルがあるので大人数でも大丈夫ですし、7人掛けの丸テーブルもあります。テーブルに置かれているステーキソースやマグカップなど、ほとんどのものに黒い熊の絵が描かれています。どの店員さんもとてもフレンドリーで、気持ちが良かったです。
Bear's CHOICE(6.99)・・・「ベルギーワッフル・パンケーキ・フレンチトースト・ビスケット2つ」の中から一種類と、「ベーコン2枚・ソーセージ2本・ハム1枚」の中から一種類と、卵2個をお好みの調理法で。通常このようなお店でこのタイプの朝食メニューだと、トーストぐらいしか選べませんが、パンケーキやフレンチトーストを選ぶことができるのが珍しいと思いました。パンケーキを頼みましたが、大きいパンケーキが2枚で、軽めで食べやすかったです。ハムは少し厚めにカットされているもので、絶品でした。
Joe Bear's Scramble(7.49)・・・卵2個、ひき肉、ベーコン、タマネギ、ホウレン草のスクランブルエッグ。付け合せにダイスドポテトを選んだらこのポテトもスクランブルに混ぜられていて、大きなお皿全体がスクランブルエッグになっていました。大きくて軽いビスケットが付いてきます。コーヒー、紅茶は1ドル69と良心的です。
 
ブルーベリーヒルズ
(フラミンゴ通り)
BlueberryHills

朝食で利用
・・・パンケーキとバターにこだわりを持つファミレス。たしかにこだわっているだけのことはあります!特にパンケーキは、形は不恰好ですが、やわらかくて食べやすく、味も美味しいです。バターは毎日手作りしているとのことです。店員さんもフレンドリーで、コーヒーのおかわりも頻繁に来てくれます。お水は頼まなくても人数分持ってきてくれます。ラスベガスにしかない、非フランチャイズ店です。
<2008年2月訪問コメント追加>店内の明るい雰囲気も食事メニューもとても気に入っています。訪問回数もそろそろ二桁に手が届きそう。比較的広めのお店と言えますが、混んでいる時は待つ人が外まで溢れるほど人気がありますが、時間が早かったためまだ空席が多くすぐに席に案内されました。「スロットプレイヤー・ブレックファスト」と命名されたセットメニューの、「2-2-2-2」という名前のセットで、パンケーキ2枚に卵2個、ソーセージ2本、ベーコン2枚が付いたものです。7.39ドルです。ちなみにこの上位セットで「3-3-3-3」(8.39ドル)というものもあります。
最終利用日:2008年2月20日

テリブルズカフェ
(テリブルズ内)


夜食で利用
・・・PM10:00~AM8:00までの限定メニューで、「パンケーキ3枚(大きくて分厚い)・3eggs any style・ベーコン or ソーセージ3つ」が、なんと1.99ドル!とってもボリュームがあるので2人で分けても充分。
通常メニューも、豊富な付け合せが付いたハンバーガー5.99ドルなど、良心的な値段。平日の午前3時頃に行きましたが、お客さんは10組ほどいました。

 

アイホップ(インターナショナルハウスオブパンケーキ)
(ブールバードモール敷地内)
IHOP


朝食で利用
・・・ベジタブルオムレツ・・・お皿一面になるほどの大きなオムレツ。中はブロッコリー、ピーマン、たまねぎ、マッシュルーム、カリフラワー、チーズが入っていて、上に小さなトマト、にんじんが乗っていました。(パンケーキかトーストどちらか選べます)パンケーキにしたら3枚付いてきて、食べ切れませんでした。パンケーキのシロップは常にテーブルにセッティングされてあり、普通のメープルシロップ、ブルーベリー、ストロベリー、バターピーカンの4種類。自分で好きなものを選んで好きなだけかけることをできます。コーヒー1.79、オレンジジュース2.29、ベジタブルオムレツ7.99。コーヒーのおかわりは頻繁に持ってきてくれました。
<2012年2月訪問コメント追加>パンケーキプラター(7.99)、新製品のベルギーワッフルコンボ(8.99)、それとキッズメニューの中からフレンチトースト(4.99)を頼みます。パンケーキは、ちょっと柔らかすぎて、残念でした。これまでに数回このお店に来ていますし、他の街でも行ったことがありますが、外は少し香ばしく中がふっくらしているぐらいなのがベストだとしたら、今回は焼く時間が少し足りなかったのでは?と思ったりします。息子のフレンチトーストは、普通においしかったです。しかしなんといってもいちばん美味しかったのは、ベルギーワッフルです。とても食べやすい食感で、お気に入りの一品になりました。コーヒー・紅茶は2.49、キッズオレンジジュースは1.99でした。
最終利用日:2012年2月27日




メイプルツリー
(スプリングマウンテン通り)
The Maple Tree

朝食で利用
・・・お店はそれほど広くなく、4人掛けのテーブルが20席ほどあるだけでした。店内には既に3組のお客さんがいて、僕は一番窓側のテーブルに座りました。パンケーキ3枚、卵2個、ベーコン2枚orソーセージのコンボメニュー(7.25)を注文しました。ここは、さすがお店の名前になっているだけのことはあり、パンケーキにかけるシロップ(メイプルシロップ)が絶品でした。甘ったるすぎないところがすごく良かったです。最終利用日:2008年2月19日

マリーカレンダー
(サハラ通り)
Marie Callenders

朝食で利用
・・・(2015年7月追記修正)ラスベガスでも色々な場所にあるチェーン店で、朝食で10回以上利用したことがあります。パンケーキはやわらかめ。卵料理などの付け合せのポテト(ハッシュブラウン)に「チェダーチーズを乗せる?」と聞かれます。2015年7月の利用時、まったく混んでいないにも関わらず注文から30分以上待ちましたが、そのためなのか分かりませんが、途中に「コンプリメンタリー」と言って、ブルーベリーのパウンドケーキを持ってきてくれて、とても美味しかったです (それでお腹がある程度ふくれてしまって、注文したものが食べきれませんでした)
 

エッグ&アイ
(サハラ通り)
The Egg & I


朝食で利用・・・その名の通り、卵料理の種類が豊富なファミレス。オムレツやエッグベネディクトがそれぞれ数種類づつ。いかにも「新鮮!」って感じのふんわり半熟になったエッグベネディクトが絶品でした。もちろん、定番のTwo eggs any styleなどもあります。卵料理以外のメニューはほとんどありません。

 
ハッシュハウス・ア・ゴーゴー
(サハラ通り)
Hush House A GO GO

朝食で利用・・・「Best of Las Vegas 2007」の「Best place for Breakfast」に選ばれたお店です。サハラ通りと「Rainbow通り」の交差点手前(ストリップ寄り)右側にあります。単独の建物なのでよく目立ちます。お店は非常に混雑していましたが、運良く僕は待ち時間なしで三人ほどが座れる丸テーブルに案内されました。
「トラックドライバー‘sコンボ」というパンケーキのセットメニューとコーヒーを注文しました。「なんで“トラックドライバー“?とい思いましたが、目の前に出てきて納得しました。パンケーキは1枚ですが、とにかく大きくて、普通のパンケーキ4枚分ぐらいはラクにありそうです。「トラック運転手=いっぱい食べる」というイメージなのだと思いますが、それにしても大きくて、パンケーキがお皿からはみ出ていました。パンケーキと卵料理(スクランブルを注文)、ソーセージが一つのお皿に乗っていました。このソーセージが絶品でした!ちょっと太くて短めのソーセージが2本付いていましたが、変な臭みなどもなく、しっかりと味付けされており、本当に美味しかったです。
最終利用日:2008年2月18日

オムレットハウス
(チャールストン通り)
Omelet House


朝食で利用
・・・オムレツは「卵6個使ってます」というだけあって、とても、とても大きい!3人分はあります。付け合せのポテトはスライス状のもので、味付けは薄め。
平日の11時までは「ブレックファストスペシャル」としてお得なメニューがあります。(2eggs,Sausage or Bakon,Toast or English Muffin or Punpkin Nat Bread)
店員さんにお勧めされたパンプキンブレッドは、たしかに美味しいけど、かなり、かなり甘めなので朝食には向いてないかも・・・。

 

オリジナルパンケーキハウス
(チャールストン通り)
Original Panceka House


朝食で利用
・・・店内は明るくて広く、白を基調として清潔感がありました。朝食メニューはベーシックなもので、トーストかパンケーキがついています。特にパンケーキがやわらかくておすすめです。
オムレツは、卵4~5個が使ってあるもので、中身の具が豊富なため、とても巨大でした。2~3人でしたら一つのオムレツ(トーストかパンケーキがセット)とサイドオーダーでパンケーキかトーストのみを注文してシェアすれば充分です。

 
Jamms
(チャールストン通り)
Jamms

朝食で利用
・・・店内は薄いオレンジ色が基調で明るく、店員さんもみんな明るくて雰囲気が良い。
「ベネディクト・オムレツ(7.50ドル)」・・・ポテトの種類(ホームフライとハッシュブラウン)が選ぶことができる。ソースがかかっていて、オムレツの中にはダイス状のハムがゴロゴロと入っている。トーストかポットブレッドが選べれる。ポットブレッドはここのホームメイドで、ポット状の容器の中にパンが入っているもの。
「パンケーキ・サンドウィッチ(6.95)」・・・卵2個と、ベーコンorソーセージのどちらかを選ぶことができる。パンケーキは2枚。コーヒー・紅茶は1.95ドル。
最終利用日:2006年12月28日
TGIフライデーズ
(サムズタウン内)
TGI Fridays

朝食で利用
・・・朝から店員さんはとても陽気で、店内は明るい雰囲気。カジノを眺めながら食事ができます。朝食メニューがありました。
クラブハウスサンドイッチ(8.59)・・・トーストされたパンに卵焼きやベーコンが挟まれており、付け合せにハッシュブラウンが付いています。
ウエスタンオムレツ(7.99)・・・小さくダイス状にカットされた野菜が入ったオムレツ(卵3個分)で、パン4切れ(8枚切りのトースト2枚相当)にハッシュブラウン付き。
デューシーズ・ワイルド(7.99)・・・卵2個、ソーセージ2枚、ベーコン2枚、そしてパンケーキ2枚がセットになったもの。
これらを5人で分けて食べて、ちょうどみんなお腹いっぱいに。飲み物を一人一つずつ頼み、トータル40ドル弱でした。

最終利用日:2012年2月23日


Mimi'sカフェ
(チャールストン通り)

朝食で利用
・・・訪れたのが日曜日の朝ということもあり、広いお店なのに満席に近く、ウェイティングリストに名前を書いて待ち、10分ほどで呼ばれました。
お店の外観・内装ともにかわいらしいです。「休日の朝食を家族や仲間とのんびり楽しみに行く」というお店なのでしょう。比較的大人数での利用が目立ちました。
ベーコンエッグサンドウィッチ(8.49)・・・「チャバタ」というパンのサンドウィッチで、かなり美味しいです。付け合せのポテトも手作り風で良い感じです。
デンバーオムレツ(9.49)・・・ほうれんそうとベーコンが卵の上に乗っている珍しいタイプ。
キッズメニューの「ミミーマウスパンケーキ」(3.99)・・・ミッキー形の小さなパンケーキが2枚。付け合せにベーコンを選びました。
どのメニューもジュース付き(コーヒー・紅茶は別)なので、他の同種のお店と比べて割安になります。クランベリージュースは酸味がきつくないので飲みやすく、オレンジジュースも生搾り風で美味しかったです。

最終利用日:2012年2月26日


レッドロックカフェ
(レッドロックカジノリゾート&スパ内)

朝食で利用
・・・24時間営業のカフェがカジノの脇にあります。店内に入るとまず目の前に、ケーキやパンが並べられているガラスケースが目に入ります。ここで買ってテイクアウトすることも勿論可能です。カフェ部分は、入り口から入って左側に席があります。ソファの席も多く、店内はキレイでオシャレなわりに料理の値段がかなり安めに設定されていることもあってか、時間帯によっては数十人が待っていることもありました。
朝食メニューは種類が豊富なのも嬉しいですし、値段も、オムレツ(トースト等が付いてきます)が全て7.99ドルと、ファミリーレストランと比べても2ドル程安く設定されています。コーヒーはポットで持ってきてくれます。紅茶もティーバッグを2つ、ポットに入れたお湯と一緒に持ってきてくれます。朝食メニューでは、「Skillet」という、フライパンに乗せられてくるものがありました。「Ham Steak Skillet」は、大きな骨付きハムに、卵料理とポテト、トーストが付いています。ハムはジューシーで美味しく、かなりお値打ちだったなと思います。
最終利用日:2006年12月24日