【ラスベガスのホテル選び】


ラスベガス旅行の際、最も頭を悩ませ、そして最も楽しいのが、宿泊するホテルの選択でしょう。

ここ数年で大きく発展したラスベガスの人気を支えているのは、各ホテルが趣向を凝らした無料アトラクションや有名アーティストやマジシャンによる華やかなショー、格安バフェなどでお客を引き寄せる”個性”を持ったことが挙げられると思います。

僕が初めてラスベガスへ行った頃には、「MGM」「ニューヨークニューヨーク」などのテーマホテルは、ラスベガスならではの雰囲気を持つ魅力あるホテルとして、憧れすら感じたものです。カジノでお金を使ってもらうことを前提に設定されている宿泊費は、他都市の同等クラスホテルと比較するととってもリーズナブルになっていますし、特に初めてラスベガスへ行かれる方達にとっては、ホテル選びで自分達なりの”判断基準”を見つけることもたいへんではないでしょうか。

そんな中、「ベラージオ」「ベネチアン」、そして「ウィン・ラスベガス」といった高級志向の、今までとは違ったコンセプトを持つホテルが次々とオープンしました。「シティセンター」のオープン以後、「アリア」「コスモポリタン」といったオシャレなホテルも人気を集めています。

旅行に行く人の目的も千差万別で、新婚旅行で行かれる人、カジノが主目的な人、ショッピング中心な人、レンタカーで移動するため郊外ホテルや駐車場までのアクセスが良いことを条件とされる人など、色々な目的の方がいます。

一概には「おすすめホテル」「おすすめしないホテル」などとは言い切れないのかもしれませんが、僕が泊まったことのあるホテルについて、気付いたことをご紹介したいと思います。

TOPに戻る↑