(2002年4月に5泊利用)

ラスベガス旅行が、まだ今のように一般化していない「ギャンブルタウン」だった頃から、高級ホテルの代名詞的存在だったシーザースパレス。ベラージオやベネチアンのような高級ホテルが人気になっている今、日本からのツアーで使われることはあまり無いためか、僕が5泊滞在している間もこのホテルのカジノ内で日本人の方を見かけることはほとんどありませんでした。
しかしここは、併設されているフォーラムショップスが深夜まで営業している事もあり、外にでなくてもカジノ・ショッピング・食事が存分に楽しめる、とても便利なホテルです。僕も実際に泊まってみるまでは「古いホテル」というイメージが強かったのですが、改装に改装を重ねたホテル内は、古さが気になるようなことは全くありませんでした。

宿泊した部屋は「パレスタワー」という新しい棟です。
このパレスタワーの客室の特徴としては、
・飲み物などを入れておける大きめの冷蔵庫がある(写真右下)
・部屋が広め(写真ではあまりお伝えすることができていないのですが、とてもゆったり)
・バスタブはジャグジー
と、ラスベガスのホテルとしてはかなりハイレベルな設備で、部屋で落ち着いて快適に過ごせました。

冷蔵庫に飲み物等を冷やしておくことができたのは、本当に便利でした。
また、靴箱やクローゼットなどの収納がとても広いので、長期間滞在するとしてもとても快適に活用することができます。
エアコンの温度調節も可能(華氏で手動設定)なため、寒すぎたり暑すぎたりすることもなく、ちょうど良い温度を保っておくことができます。
テレビでは、シーザースパレス内の紹介、カジノでの遊び方の説明などの専用チャンネルがあり、このチャンネルは今までに宿泊したことのある他のどのホテルのものよりも丁寧で好感の持てるものでした。

バスルームは、ジャグジー付きの深いバスタブと独立したシャワーブースがあり、ゆったりと疲れを癒すことができます。
トイレは扉のついた個室タイプです。(写真右上、シャワーブースの隣の白い扉)
洗面シンクも二つあり、目の前に大型鏡があるのが印象的でした。
アメニティもホテルオリジナルで持ち帰りたくなるようなかわいらしい容器のものが一通り揃っていました。

さすがに長年ラスベガスを代表するホテルと言われつづけているだけあり、落ち着いた雰囲気を持っているホテルだと思います。
ガイドブックなどで「老舗」などと紹介されることが多いため、どうしても「古い」というイメージがありましたが、滞在してみると全くそのように感じることはなく、とても気に入りました。タワー棟であればベラージオにもヒケをとらない、素晴らしいホテルです。
カジノは「活気がある」とは言えないものの、広くてゲームの種類も豊富です。

TOPに戻る↑