ラスベガスでのショッピング

ラスベガス旅行の魅力の一つはショッピングと、ラスベガスが人気観光地として定着してきた頃から当たり前のように言われています。
ショッピングがラスベガス旅行の楽しみの一つとして挙げられるまでになった理由は、
 1.充実した(店舗数が多い・品揃えが豊富な)ショッピングスポットが中心部から行きやすい所に多数ある
 2.色々なジャンルのショッピングスポットがある
 3.ショッピングスポットそのものの数が多く、似たジャンルのお店でも選択肢が多い

と言ったところだと思います。

まず代表的なのは、「ショッピングモール」です。ファッションショーモールフォーラムショップスは、全米屈指のショッピングモールで、規模も売上高もアメリカ全土でトップクラスを誇ります。

ラスベガスでは他の街と比べて、郊外のアウトレットへ行きやすいのも特徴的です。ストリップ通り中心地からタクシーで10分ほどのところに2件、北にはラスベガスプレミアムアウトレット・ノース、南にはラスベガスプレミアムアウトレット・サウス(旧ベルツアウトレット)があり、これらは同系列です。ノースは屋外型(店舗間の移動は屋外)、サウスは屋内型(一つの大きな建物にテナントが並んでいる)です。どちらもバスで行くことも可能です。
カリフォルニア州との州境にあるファッションアウトレットは、ハイウェイをひたすら40分ほど走ったところになります。

また、「これぞラスベガス」というショッピングを楽しめるのが、「ホテル併設のショッピングスポット」です。
前述のフォーラムショップスも、実はシーザースパレルホテル併設、カジノから直結されています。他にもプラネットハリウッドホテル併設の「ミラクルマイルショップス」や、ベネチアン併設の「グランドキャナルショップス」は、それ単体でも十分に魅力的なショッピングスポットです。ベラージオやウィン・ラスベガスには、立ち入るのも躊躇われるような高級店が軒を連ねており、「一流店のディスプレイはこんなに美しいのか」と、目の保養にもなります。

そして、郊外の地元民向けのお店が、実は旅行者にも気軽に楽しめるような開放感があるのも、ラスベガスでのショッピングが「楽しめる」と言える理由の一つです。デパートが併設された、地元民向けの「ショッピングモール」が、ストリップ通りの東・西・南に、それぞれブールバードモールメドウズモール、ギャレリアモールがあるほか、屋外型のショッピングスポットとして開放感溢れる雰囲気が魅力の、タウンスクエアThe ディストリクトがあります。

そして、生活者向けの大型スーパーマーケット衣料品中心のディスカウントショップ、各種専門店など、数えだしたらキリがありません。移動手段が限られる旅行者にとって比較的行きやすい所にあるものも、じつは数多くあります。「アメリカならでは」の買い物を楽しみたいなら、このようなお店もぜひ訪れたいですね。

以上のように、ラスベガスには様々なショッピングスポットがあって興味は尽きませんが、特にお勧めなところを中心にご紹介します。
 
ラスベガス
ならでは!
超巨大なモール。ショッピング好きな方なら1日いても飽きない!特に女性に人気が高いオシャレなショッピングスポット ファッションショーモール
高級ブランド店から無料アトラクションまである、ラスベガスを代表する複合ショッピング施設

フォーラムショップス

高級ブランドからホテルのオリジナルグッズ、チープなお土産まで。多種多様なショッピングが楽しめる ミラクルマイルショップス、
グランドキャナルショップス
アウトレット 家庭用雑貨とスポーツ系ブランドのアウトレットが充実。屋内なので暑い夏でも安心してショッピングが楽しめる ラスベガスアウトレットセンター
(旧ベルツアウトレット)
ストリップのホテル群から一番近いアウトレット。アメリカブランド、中でも衣料品ならここ! プレミアムアウトレット
ちょっと遠いけど、ブランド店のアウトレットならここまで行く価値あり! ファッションアウトレット
郊外型
ショッピング
屋外型ショッピングスポットで開放感抜群!
CATバスで気軽に行けるのも嬉しい
タウンスクエア
のんびり歩きながらゆったりショッピング
他の人とちょっと違った所へ行きたいなら
ザ・ディストリクト
ファッションショーモールが拡張されるまでは
ネバダ州最大を誇っていたショッピングモール
ブールバードモール
地元民御用達。郊外型ショッピングモール ギャレリアモール、メドウズモール
スーパーマーケット 大型スーパーマーケットでアメリカを実感! ウォルマート、ターゲット、Kマート
「流行」から、もはや「当たり前」に!
オーガニック系スーパーマーケット
ホールフーズマーケット
トレーダー・ジョー
サンフラワーマーケット
専門店・その他 滞在中の日用品からお土産まで揃い、便利に使える コンビニ、ドラッグストア
衣料品中心の安売り店。お馴染みのブランド品がアウトレットと同程度の価格で ディスカウントストア
「アメリカならでは」の専門店。項目はどんどん追加していきたいと思います! 専門店(アメリカンキルト、布地)