あきらさんのラスベガス旅行記part5
(2010年2月3日〜2010年2月10日)

あきらとよっしーの旅行記
冬のラスベガスに行ってきました!ほとんどの記述が食べ物系のような気がしますが、気分だけでも味わっていただければうれしいです。

旅手配
ホテル:前回(2009年10月)MGMに泊まった際は「バンガロークイーン」という部屋タイプに泊まりました。部屋は広くて好きなのですがチェックインしたら4階にある部屋以外は全てコネクティング・ルームタイプで隣の部屋との境にドアがあったんです。ドアの位置がベッドのまん前だったため、隣に人がいると話し声等聞こえるので好きじゃないんですよね。なので、一応「バンガロークイーン」をMGMのサイトから予約した後に、担当のカジノホストさんにどうにか安眠できる部屋を取れる方法を模索しているというメールを出しました。数日後返信があり、$159.99+税で「ハリーウッド・スイート」を取ってくれたとの連絡がありました。ただ、ベッドが1個しかないのでチェックイン時に「Roll-away Bed」を要求してくれという事でした。冷蔵庫がついているので楽しみです。
飛行機:国際線はいつも通りJALです。サンフランシスコ経由だと入国するのに列がさほど長くないので今回もこちら経由にしました。米国国内線は前回と同じくVirgin Americaを狙っていましたが、帰りの便がいい時間帯がなかったのでサンフランシスコからラスベガスはVirgin America(一人$80+税等)で、ラスベガスからの復路はUnited(一人7740円+税等)を取りました。Unitedのアメリカのサイトから予約を取ろうと思ったのですが、クレジットカード入力の画面まで行ったら米国内の住所が必要だという事が分かりました。なので、予約を削除し、日本のサイトから取り直しました。
2月3日 18:15-10:30 JL002 NRT ターミナル1→SFO 国際ターミナル
13:30-15:10 VX908 SFO 国際ターミナル→LAS ターミナル1
2月10日 7:30-9:23 UA309 LAS ターミナル1→SFO ターミナル3
12:25-16:45(+1) JL001 SFO 国際ターミナル→NRT ターミナル2
国内線はどちらも荷物を預けるのにお金がかかります。最近は大きさ、重量や個数が厳しいとのことだったので調べていきました。結局Virginではオンラインチェックインをした時に一人+$30でファーストにアップグレードしたので無料、そしてUAは国際線に乗り継ぐ場合は2個まで無料でした。往路も、もしUAだったら荷物はラスベガスまでのタグを付けられるので、そうしたら無料だそうです。Virginは相互預け入れの提携をしていないのでエコノミー席だとお金がかかるとの事でした。
受託 機内
Virgin 1個$20(10個までOK)
全辺合計157cm
1つ目:32kgまで
2つ目以降:23kgまで
身の回り品1個+手荷物1個
手荷物:全辺合計127cm
7.2kgまで
UA 1個目$20、2個目$30(3個目以降$125)
全辺合計157cm
23kgを超えるとだと$125
身の回り品1個+手荷物1個
手荷物:全辺合計114cm
ダラーレンタカーの予約:JALのサイト経由でダラーレンタカーの予約が割引で出来ます。今回もらくらく現地払いのパック(全部の保険+1回分のガソリン)で6日間$324でした。前回一番安い「Economy」タイプの車にしたらボロボロの車がきたので、今回は「Intermediate」タイプにしました。パワーウインドゥがついていて、鍵に付いているボタンでドアの開け閉めが出来ますように・・・

事前調査:前回はホテルからアウトレット3箇所とホールフーズ位にしか行かなかったので、今回はファッションショーモール、Meadow’s Mall、TJ Maxx(Maryland Crossing Shopping Center内)の地図をグーグルで調べて印刷していきました。Meadow’s MallはSee’s CandiesのショップとJusticeという子供服狙いです。
2010年2月3日(水)
 朝6時に起きてすぐにやった事はパソコンの電源を入れてVirgin Americaのサイトにいくことです。オンラインチェックインをしたら、確定する前に一人$30でアップグレードするかと聞かれます。ええぃと「Yes」をクリックしてカード情報を入力し、搭乗券を印刷します。これでサンフランシスコではカウンターで荷物を預けるだけになりました。
 11時前に家を出発し、エネオスに寄って給油ついでにタイヤの空気チェックをしてもらいます。高速に乗ると伝えると少しだけ多めに入れてくれます。ドライバー側だけちょっと減ってた以外は大丈夫でした。前回から東京都内の首都高のジャンクション対策で、紙に大きく○○ジャンクション通ったら左から2レーン目など、一番効率の良い行き方を書いておいてよっしーに読み上げてもらっています。今までのパニクった車中ではなく、いい感じで進んでいきますが何度通っても慣れません。車もトラックも多いですしね。渋滞が一度もなかったので2時間ちょいで成田のパーキングに到着。チェックインを行い成田空港までバスで連れていってもらいます。いつもバスは空いています。荷物の上げ下げも運転手さんがしてくれるので感謝です。
 毎度のことですが、1ヶ月前に出国後の場所にあるラフィーネというマッサージ屋さんのマッサージを予約しました。今回はなんと100分のコースです(90ドルか9450円・・・もちろんドルで払いました)。私はボディ50分+フェイスセラピー30分+ハンド20分。よっしーはボディ60分+リフレクソロジー40分です。
 予約の時間まで1時間あったので、JALのラウンジで昼食をいただきます。カレー、ご飯、サラダ、スープストックのミネストローネと水にしておきました。お腹がいっぱいになったところで免税店です。今回はお友達にジュリークのクレンジングローションを頼まれていたのでそれを購入。隣のJALの免税店でランコムのアイライナー、まゆずみと目元用化粧落とし、そしてOPIのマネキュアなど購入。ここでよっしーが、ランコムのお姉さんのまゆげに着目。
  よっしー:まゆげ、きれいに整えてるけど抜いてる?剃ってる?
  お姉さん:私は、ほとんど剃っていて、中央部分がちょこ、ちょことしか残ってないんです。まじまじ見られると恥ずかしいですねぇ。
  私・よっしー:え〜、じゃあ全部手書き?全然分からないもんですね。
  お姉さん:最近は下の部分を抜く人のほうが多いみたいですよ、剃るより。
  よっしー:通ってるジムの若い男の子もめっちゃ抜いてる感じなのよ。
  お姉さん:あ〜、そうそう、男性も整えてますよね。周りの友達は全員抜いて整えてます。さすがに書いてはいないですけど。
  (ここで、デラメールの化粧品の水槽のメンテに来た若いイケメンにロックオン)
  よっしー:あの人、整えてますかね。
  私:う〜ん、自然っぽい。
  お姉さん:いや、絶対整えてますって。
  お姉さん2:楽しそうじゃない。まゆげ?あの人毎週来てる人だよね。私も整えてると思う。
と、ここでマッサージの時間5分前。大急ぎでお会計をし、免税店を後にしました。ガールズトークは年齢に関係なく楽しいですね。
 ラフィーネで極楽の100分を過ごした後にラウンジへ戻ります。なんとなく、100分もするとマッサージする方が疲れると思うので、今度から60分にしようと思いました。途中で手を抜かれたとかは全然なかったのですが、終わった後にそういう気持ちになりました。
 ラウンジに戻り、ほうじ茶と柿ピーをつまみながら出発時間を待ちます。搭乗予定時間の5分前にゲートへ向かいます。すぐ近くだったのであっという間に着きました。搭乗を始めていたのでそのまま機内に。と思ったら、手荷物検査の協力を要請されてしまいました。よっしーは素通りです。検査官は慣れていないのか、敬語で「大変恐縮です」を連呼しながらバッグの中身を見ていました。やましいことはないので全然良いんですけど。1分弱のチェックだけで終わり、機内に入ります。スリッパに履き替えたり毛布を出したり色々やっていたら飛行機のドアが閉まり、離陸準備のようです。と、その前に、結構早くに乗ったのに、あまり人が通路通らなかったなと後ろを見てみたら、半分以上空席でした。平日のサンフランシスコ行きってこんなに空いてるんですね。驚きました。飛行機飛ばすたびに赤字になるのではないでしょうか。

 飛行機の旅はいつもと変わりなく、平和に過ぎていきました。あ、飲物が出る時に一緒にもらうスナック、おかきパックが復活していました。前回乗ったときは飲み物だけで出なかったんですよね、お菓子。楽しみにしてたおかきがない!って意見があったのか、前回だけ切らしていたのかは不明ですが、旅の途中で食べたくなるだろうと思いハンドバッグにしまいました。ありがたいですね。
 ほぼ空席の飛行機はちゃんと予定時間にゲートへ到着。降りて入国する前によっしーがトイレへ行きたいと言います。通路で待っている間に2便他のフライトが到着しました。入国する所混んじゃう〜、と心配になりましたがよっしーが出てこないので仕方ありません。10分後、やっと出てきました。顔を洗った上、口紅もちゃんと塗っています。機内の水は衛生的に心配なんですって。せめて入国検査の後にやってくれ〜・・・案の定、激混みでした。ただ、10分待った段階で米国のパスポートとビザを持っている人のレーンが空いたので外国人用レーンを拡大してくれました。よっしーに「トイレは入国検査後にしようって言ってくれればいいのに」と文句を言われながら荷物を受け取り同じターミナルのVirgin Americaチェックインカウンターへ向かいます。
 スーツケースをそのままVirgin Americaに預けコーヒーを買いに行こうと思いハンドバックから財布を出そうと思った時に発見してしまいました。成田の免税店で買った液体類を・・・ 大急ぎでカウンターに戻りますがもうスーツケースはベルトコンベーアーに乗り彼方へと旅立ってしまっています。事情を説明しましたが、やはりこの買い物のビニール袋に入った状態では預けられないとの事。ただ、私の“世界不思議発見”のレポーターKanakoプロデュースのコロコロ付バッグだったら預けられると指をさされます。う〜ん、ほぼオニューで、神経質なまでにきれいに使ってるんだけど・・・でも仕方ありません。貴重品を出して免税品を全部入れて預けます。汚れは仕方ないけど、破れとかなく無事にラスベガスに届きますように!
 ゲートへ向かう前にカフェラテとフルーツタルトをつまみゲートに向かいます。そもそも2.5時間しか乗り継ぎ時間がなかったので、入国での待ち時間や荷物を預けるあたふたで結構時間が立っていたようです。ゲート到着後、すぐに搭乗が始まり、出発時間の10分前に離陸しました。そのおかげでラスベガスへも10分程度早く到着しました。荷物はベルトに着くとすぐに出てきました。後から免税品を入れたバッグも、目立った汚れなく無事に出てきました。丁寧に扱ってくれた空港職員に心の中で感謝を思いタクシーでMGMに向かいました。タクシー代は空港利用税を含めて13ドルくらいです。チップを含め17ドル渡しておきました。

 16時前にMGMでチェックインしました。空港でも出来ますが、色々要望を伝えても「この部屋しかない」という返事しか聞いたことないのでホテルで直接チェックインするようにしています。でも今回もらった部屋は5階でした。もっと上のほうの階が良いと伝えたら、ハリーウッドスイートは6階までしかないとの事。う〜ん、だったら5階も6階も関係ないですね。お姉さんに、Roll-away-bedをお願いし、部屋に向かいました。良かったのは、エレベーターから一番遠い端っこの部屋だったことです。ラスベガスに来て静けさを要求するのは間違っていると思いますが、せっかく来たのだから安眠したいんです。早朝までクラブをはしごして、ベロンベロンに酔っ払って帰る若者の声を聞かなくてもいいだけでうれしいんです。部屋も間取り図通り広くて素敵です。でも、部屋を確認するとゴミ箱には前住人のゴミ、そして床にも細かい紙くずが落ちています。せっかく気分良かったのに!速攻ハウスキーピングに連絡したらすぐに来てくれるとの事。でも、出かけたいので、ゴミ箱とカーペットの掃除機をかけてくれとお願いして電話を切りました。トイレに寄って出て行こうとしたらなんと、マネージャーさんとハウスキーピングさんがもうドアの前に来ていました。指差しで気になるところをお願いし、部屋を後にします。途中でうち用の簡易ベッドらしきものがコロコロと運ばれていました。

 Wichcraftでグラノーラ抜きヨーグルトを2個(蜂蜜付です。小さな瓶に入った蜂蜜で、このヨーグルトにとても合います。水分を抜いていて、水っぽくないまったりとしたヨーグルトに仕上がっています。、スープ小、スープ大、フルーツサラダ、ヒヨコ豆のサラダで$28.65でした。部屋付けにしました。スロットを1時間ほどして部屋に戻りました。遊んだのは「Deal or No Deal」(1回$1.75)と「Slingo」(1回$1.25)です。

 簡易ベッド、どんなものでも不満はないですが、マットレスを覆うシーツと毛布しかないんですよね。こんなもの?四隅はほこってるし。アメリカだし、しょうがないと言い聞かせてお風呂に向かいます。よっしーの後だったのですが、なんかシャワーが冷たくって・・・ バスタブのシャワーではなく、シャワー室の方は熱いお湯が出たので入り直しました。(次の日の朝、よっしーにお湯が出ないから直してもらおうと言われました。まずはフロントに電話したら「10分間流しっぱなしにした?」と言われました。5年以上MGMに泊まってますが、どの部屋も1分弱でお湯が出てきたので「また言い訳かぁ」とプンプンしながら流しっぱなしにしたら10分弱で本当に熱いお湯が出てきました。一度出てきたら、その後は問題なく1分ちょっとで出てくるようになりました。不思議ですね。それにしても節水の意識はまったくもってないようです。)
2010年2月4日(木)
 起きたのが思いのほか遅く6:30でした。急いで用意しStudio Cafeに行きます。私はグレープフルーツジュースとお好みオムレツ(トマト、マッシュルーム、玉ねぎのトッピングと元々ついてくるチーズはチェダーを選びました)。よっしーはトマトジュースとお好みオムレツ(トマト、ピーマン、玉ねぎのトッピングとチーズはチェダー)。二人ともついてくるトーストはサワードーをチョイス。トースト以外全部平らげました。$45.73に$7.27のチップを足し、$53を部屋付けにしました。
 7:30にはMGM内のダラーレンタカーで手続きをしたかったのですが、8時過ぎに行きました。前回借りた時は列が異常に長くて手続きするのも一苦労だったんです。今回は1組しか待っていなかったのですが、結局番がまわってきたのは20分後でした。日本で申し込みをすると氏名や免許証番号等先に記入する用紙をもらえるので準備万全で行けますが、現地の人はその場で口頭で情報を伝えるため時間がかかるんですよね。カウンターのお姉さんも、日本人の申込書は全部書いてあるから楽だわぁ〜っと独り言をいいながらあっという間に鍵をもらえました。昼食にホールフーズへ行く予定ですが、朝ごはんを食べたばかりなので取りあえず30分ほど昨日やって出なかったスロットに向かって、やっぱり当たらないのを確認して部屋に戻ります。ハウスキーピングに確実に部屋をきれいにしてもらおうという事で、私たちはいつも持ち込んだものは全てスーツケースや引き出しの中にしまって、洗面台やテーブルの上に何も無いようにして出かけます。今回は部屋が広いので、キングサイズベッドの上に$2、そして私の簡易ベッドの上に$1置きました。

 10:30に部屋を出て、駐車場に向かいます。前回のレンタカーがあまりにもしょぼかったので、あまり期待をせずに車を探したらKia Motorsでしたが、ちゃんとした車でした。今回は鍵についてるロック・アンロックボタンがちゃんと作動します。トランクも、鍵についてるトランクボタンを2回押すとポコッと開きます。便利ですね〜。でも今回高速に乗っている際にアクセルを踏みっぱなしにしなくても良いクルーズ機能を期待していたのですが、結局使い方が分かりませんでした。「Cruise」と書いてあるボタンはどこにも無く、ハンドル部分に色んなボタンはついていたのですが、どれを押しても何もならず、説明書を読むのも面倒だったのであきらめました。
 ホールフーズに11時には着きましたが、もう昼食気分だったので食べたいものを物色します。野菜売り場を過ぎた辺りに鮮魚エリアがあります。そこにあったお惣菜のえびサラダとイカサラダがとてもおいしそうだったので、一番小さいプラスチック容器に詰めます。同じ場所にあったクラムチャウダーにも心惹かれましたが、先にもっと良いものがあったらいけないと思い我慢します。スーパー奥のデリエリアに行きウロウロした後に選んだのがチキン・ヌードル・スープとお寿司エリアのサラダ巻きです。ニンジン、レタスとアボカドを生ライスペーパーで包んだとてもヘルシーな一品です。お会計後、開いているテーブルで食べ始めました。イカサラダですが、とてもおいしかったです。茹でて短冊状に切り分けたイカの酢の物のような感じなのですが、他にはニンニクのみじん切りや何か緑のハーブのみじん切りが入っていて、さっぱりしていました。この日以降、毎日鮮魚お惣菜エリアに捜しに行ったのですが、結局この日1回しか出ていませんでした。残念。(写真:芽キャベツです。こういう生え方してるってご存知でしたか?私は知りませんでした。そもそもキャベツの小さいバージョンだと思っていたので・・・ 思わずパチリ)
 食べ終わったらよっしーがカフェイン抜きコーヒーを飲みたいと言います。私もカフェラテを飲みたかったので、ホールフーズ内のコーヒーショップに行き頼んだら、普通のコーヒーはポットから取れと言われました。横を見たら確かに大きなポットが3個並んでいます。ラベルを見たら真ん中のポットがカフェイン抜きだったので注ごうとしたら空でした。おばちゃんに無いよとジェスチャーしたら、カウンターにカフェラテを置き、先にレジでお会計をしてきたら、その間に作っておくと言われたのでカフェラテと空のコーヒーコップを持ってレジに行きます。レジのお姉さん、困惑した顔をしていたので一応事情を説明しお会計をします。何度かホールフーズに来ていますが、今回ここでコーヒーを買ったのは初めてで、コーヒーもレジでお会計をするんですね。レジが終わって数分後、コーヒーが出来上がり、淹れたてのおいしいコーヒーをよっしーに届けました。
 まったりとした後にお買い物です。まずはカットフルーツ。よっしーはマンゴーが大好きなので大きなプラ容器に入ったカットマンゴーをかごに入れます。私はベリーミックス(ブルーベリー、いちご、ラズベリー、ブラックベリー)。次は野菜売り場の横にある自分の好きな量をプラスチックバッグに入れられるエリアのトレイルミックスを大量に。お気に入りのがありまして、普通のトレイルミックスなのですが、チョコチップが入っているんです。おやつに丁度いいんですよね。この量り売りは他にはドライフルーツ、乾豆、お米、駄菓子など、色々あります。袋に入れた後に忘れたらいけないのは、袋口を閉じるタイにその商品番号を書くことです。これがないとレジの人がなんといった商品か分からず困ってしまいます。商品番号はその商品のケースに書いてあります。後は大きなペットボトルの水を2本とビールを4本。部屋には冷蔵庫がありますが、小さいのであまり買わないようにします。次はTraditional Medicinalsのハーブティです。日本でも倍近くの値段で売っていますが、「Organic Ginger」というハーブティは日本で見たことがないんです。あるのは「Ginger Aid」なのですが、断然前者の方がお気に入りなので棚にあるだけカゴに入れます。結局食事を入れて2時間くらいホールフーズにいました。すっかり満喫しています。

 ホテルに帰ったら、まだ清掃が終わっていませんでした。取りあえず買い物の品を片付けて、室内用靴に履き替えてカジノへ繰り出します。1手$10以上のブラックジャックテーブルに座り、$10ずつプレーします。1時間ちょっとでしょうか。$200が倍の$400になったので席を立ちます。さて、スロットで負けてくるか・・・という心境でしょうか。増えたり減ったりを繰り返し、17時近くになったので大急ぎでWichcraftに向かいます。営業時間がいまだに良く分かっていないのですが、18時までと思ったら17時までで食べられなかった事が何回かあります。16:55に滑り込みです。今日は17時までの日でした。店員さんにも聞きましたが、日によって違うという事でした。お客さんの数次第?ヤギのチーズのサンドイッチ1個、きゅうりのサラダと蜂蜜付ヨーグルトを2個頼んで17時までですが、Eat-inで食べます。注文は17時で打ち切りですが、テーブルで食べている分には何時になっても気にしないようです。
 食事後は部屋に戻ってお風呂に入ります。ちゃんと清掃は終わっていました。更に、私の簡易ベッド、毛布の下にシーツが1枚増えていました!直接毛布だとちょっとチクチクするんですよね。シーツはとてもありがたかったです。よっしーのお風呂を待っている間にDSタイムです。ドラクエ9をいまだにがんばっているんです。成田ですれ違い通信にしておいたのですが、なんと、9人ピックアップしました。ラスベガスに来てまでDSって・・・と思われるかもしれませんが、これはお金使いませんしね・・・お風呂に浸かっている間もずーっとDSで遊びます。よっしーも呆れ顔ですが気にしません。
 お風呂が終わってさっぱりした所でカジノに戻るか悩みますが、今日もまだフライト疲れが残っていたので早めに就寝です。明日の夜はMGM内の中華、初めて行くPearlを予約しているので楽しみです。
2010年2月5日(金)
 6時にすっきり目覚めです。6:30にはStudio Cafeに到着しました。よっしーはいつものオムレツ(トッピングはトマトとアボカド、ついてくるチーズはスイスチーズを選んでいました)。私は冒険して、「好きな卵料理(卵2個分)」を選びました。英語のWikiで事前に調べたあったのですが、私の好きな具合の卵は「over medium」という用です。「over medium with sausage」とかっこよく(?)頼みました。飲み物はコーヒーを2人分です。私の卵、黄身は半熟ですが、白身はちゃんと火が通ったのが出てきました。おいしかったですよ。
 10時に車でPremium Outletに向かいます。今日はスーツケースを買う予定です。今まで使っていたサムソナイトの大きいハードケースは長年の荒い扱いでゆがんでしまいました。着いてすぐにサムソナイトのショップに入ったら、ソフトケースの水色のスーツケースで丁度いいのがありました。係りのお姉さんが、「もう1個買えば2個目半額だよ」と悪魔のささやきです。ちょっと悩んで、1個目よりちょっとだけ小さい同じシリーズのスーツケースを買うことにしました。いつも一つのスーツケースに詰め込みすぎて重さがギリギリになっちゃうので余裕を持つことにしました。よっしーをElie Tahariにいてもらって私は車にスーツケースを置きに行きます。やっぱりレンタカーすると便利ですね。
 結局Premium Outletには3時間半もいました。どうりで足が棒のようです。たいした買い物はしていないのですが、なぜこんなに時間が立ってしまっているのでしょう。スケッチャーズで履いて歩くだけでやせるという運動靴を買おうか30分も迷ったのも一因でしょうか。結局買いました。お腹も空いたし帰ろうかと思ったのですが、どうせここまで来ているのだからMeadows Mallに寄ってSee’s Candiesへチョコを買いに行くことにしました。そんなに遠くないのですが、道が混んでいたので30分かかりました。See’s Candiesへ直行し、大量に買い込みます。帰ったらすぐにバレンタインなので、共同で買う人たちに頼まれています。日本で3千円以上するチョコが、こっちでは$16です。8.1%の消費税を入れてもお得ですよね。私は$500越え、よっしーも$300くらい買い、おまけもたくさんいただき重さに苦しみながら車まで運びました。丁度スーツケースを買っていたので良かったです。全部スーツケースに詰め込み帰路に着きます。

 MGMに戻ったらもう16時過ぎでした。今から何かつまむと17:30に予約した中華に差し支えるので飲み物とホールフーズで買ったトレイルミックスを数口食べてしのぎます。中華ではお酒を飲む予定です。お酒を飲んだら、お風呂に入るのが面倒になってしまうので行く前に入ります。ゆっくりは入れませんが、買い物疲れを癒すくらいの時間は湯船に浸かれます。あ〜、気持ちいい。でも、こっちの湯船って浅いしすぐに冷めちゃうんですよね。何とかして欲しいです。
 準備後、ちょっと時間が余ったので新しく買ったスーツケースの小さい方にSee’s Candiesを詰めてみます。ハート型の箱など、ちょっとかさばるものが多かったのですが、丁度入りました。一安心です。日本から15年くらい持っていた結構小さめのハードケースを持ってきていました。今回2個もスーツケース買ってしまったのでそれは捨てていこうと決めます。鍵を中のネット部分に入れて、横にして上にゴミ箱を乗せて置きました。これで明日の朝出る前に、スーツケースの上に$1置いておけば問題なく持って行ってくれるかな?

 予約時間ぴったりの17:30にPearlに行きました。他のお客さんは全員アジア人です。多分中国人で、8人のグループが2組と私達です。その2組は見た感じコースだったようです。私達は好き嫌いがあるのでコースは頼みません。まず座って、炭酸水のPellegrinoを1本とチンタオビールを2本頼みます。しばらくしてビールが来た時に、前菜に書いてあったMoo Shu Chicken(千切りにした野菜とチキンを炒めたものを小麦粉の皮で包んだもの、甘辛いソースが皮に塗ってあって、これが美味なんです)はすぐに出来ますか?と聞いたら、出来ます、今言ってきますと奥に行っちゃいました。いえ、頼むつもりでしたが、他のも一気に頼みたかったんですよね。仕方ないので係りの人が戻ってくるのを待っていたら、同じ人が別のテーブルのコース料理のお皿を持って出てきました。早く頼みたいのに〜とキョロキョロしていたら、テキパキとした別のお姉さんが注文を取ってくれました。頼んだのは、dim sum sampler(飲茶ミニセット)、Lemon Chicken(揚げたチキンにレモンソース)、Garden Vegetable(野菜炒め)、とLobster Fried Rice(ロブスターのチャーハン)です。結局Moo Shu ChickenよりDim Sum Samplerが先に来たのですが、小さい蒸篭の中に4つの蒸し餃子が入っていました。とてもおいしかったのですが、この量だったら次回は一人1個ずつだなと思いました。Moo Shu Chickenは蒸し餃子を食べている間に来て、これもおいしかったです。期待通りの味でした。この後は次々に料理が出てきて全然待ちませんでした。どれもおいしかったのですが、チキン、野菜、チャーハンと全部余らしてしまったので包んでもらいました。

 レストランを出た後、来るたびに食べるイタリアンのFiammaを通った時によっしーが明後日はここで食べたいと言ったのでその場で予約を入れます。ここは17時から開いているのでその時にくれば予約は要らないかと思いましたが、一応しておきました。その後、よっしーはすぐに部屋に戻りましたが、私は1時間ほどスロットをしてから戻りました。

 すやすやと寝ていたのですが、3時頃、隣の部屋に人が到着しました。チェックインしたばかりらしく、そして、うちと同じ部屋タイプだと思うのですが、広くてうれしかったのか奇声を発しています。すぐに奥のベッドルームで寝てくれれば良いのにルームサービスを頼んでいる声が聞こえてきました(翌日、食べ散らかした残骸がドアの外に置いてありました)。女性2人組だと思います。ドアもね、閉まる前に手を添えて静かに閉めてくれれば良いのにバッタンバッタン閉めるんですよね。まったくぅ。この後は眠れませんでした。よっしーはベッドルームで耳栓をして寝ていたので安眠していました。私の簡易ベッドはリビングエリアにあったので、隣の部屋が騒がしいと筒抜けなんです。仕方なく、よっしーが起きてくるまでDSタイムになりました。
2010年2月6日(土)
 よっしーも4時に起きてきました。時差ぼけでしょうか。昨日の中華の残りを平らげストレッチをしていましたが、残り物を2人で分けるには量が少なかったので5:30になってWolfgang Pucksに朝ごはんを食べに行きました。クラブ帰りの若者が多く、みんな酔っ払っていたのでちょっと怖い感じでした。ヤギのチーズを乗せたマッシュルームピザとフレンチオムレツを頼みました。はい、どうしてもピザが食べたかったんです!強靭な胃袋を持っていますから。でも頼んでよかったです。オムレツもStudio Cafeの2倍、いや、3倍おいしかったです。ピザもあっさりしており、そんなに大きくないので恥ずかしながら全部(2人で)食べました。さすがにピザの耳は残しましたが。TripAdvisorの口コミを読んでいたらマンゴーティが美味と書いてあったので頼みました。実際はマンゴーとパッションフルーツのアイスティーだったのですが、最後レシートを見たらこのアイスティーが入っていませんでした。忙しかったから忘れちゃったんですね。ラッキー♪途中でセキュリティーの大きい人が2人、男性を客席から追い出して玄関まで案内していた他は平和に過ぎました。チェックを頼み、部屋付けにしようと思い氏名確認のために部屋付けの紙とパスポートを用意していたらどちらも持っていかれてしまいました。パスポート大丈夫かなと心配していたら、係りのお兄さんが部屋付けの紙とレシートだけ持って戻ってきたんです。すぐに振り返ってレジの方に戻ってしまったので、あわてて後を追いかけて「パスポート〜!」と言ったら平謝りで返してくれました。あ〜、絶対にパスポートから手を離したらいけないですね。今回は何も無かったですが反省です。Wolfgang Puckは、騒がしいこと意外はおいしくてよかったです。

 大量に食べて元気になったのでFashion Outletまで遠征することにしました。10時から開いているので9時にMGMを出ます。前回行った時はニーマンマーカスとコールハーンでいっぱい買い物をしました。今回もニーマンマーカスに一番に寄りましたがあまり品物がないように感じられました。他のお客さんも、3日前と同じ品物しかないと文句を言っていました。私は買いたいものが無かったのでひたすらよっしー待ちです。途中、Kate Spadeのバッグを物色しましたが高すぎて手が出せず。しばらくしてよっしーが試着に行ったので、ようやくコールハーンに行けると思いきや、靴売り場で足止めです。30分後、気に入ったパンプスを手にレジに向かいました。待つだけの買い物って辛いですよね。その後、コールハーンを探しましたがどうやらなくなってしまったようです。仕方ないので一応ぐるっと回って、途中でウィリアムズ・ソノマに入ります。マグカップを買おうかと思ったのですが、適当なのが無かったのでそのままお店を出てラスベガスへ戻りました。

 早めに高速を出てホールフーズへ北上します。前回一番近い出口で出ようとしたら間違えて東西に走っている215線に乗ってしまったんですよね。それ以来トラウマで、複雑な出口では出ないようにしています。無事、ホールフーズに到着しました。意外とファッションアウトレットで時間をとったようです、もう16:30です。早めのディナーを食べます。なんせ朝がヘビーだったので今日は軽く野菜巻き、クラムチャウダーとえびのサラダを分けます。カットマンゴーとミックスベリーは明日の朝食用にお持ち帰りです。明日はアメリカンフットボールの決勝戦のスーパーボールの日です。ラスベガスのお客さんも全体的に増えてきたような気がします。MGM内のライオンの展示場は特に人だかりがすごかったです。携帯のカメラなので画像はよくありませんが・・・


2010年2月7日(日)
 今日はいよいよスーパーボールの日ですね。朝から年末年始かと思うくらいの人出です。
 ラスベガスに着いてから食べ過ぎている感があるので今日は朝食の前に新しいホテル、Ariaに行ってみることにしました。MGMから歩いて10分程で到着です。7時くらいなのですが、辺りは閑散としています。MGM内はあんなに人がいたのに・・・ちょっとかわいそうですね。大通りからまっすぐAriaの玄関に向かいます。(Ariaの外観)
 圧巻ですね。カジノに足を踏み入れると落ち着いた空間です。ちょっと照明が暗いかな?フロアにあまり人がいませんが、せっかくなのでスロットをプレーします。まずは全エリアを歩いてどんなスロットがあるか確認します。ついでにトイレも見つけて入ってみます。新しいのできれいでしたが、なんでしょう。MGMのトイレの個室より幅が狭いような?でも衛生的には合格です。
 トイレ付近にモノポリーのスロットを発見。一応遊んでみます。が、あまり当たらない時間帯のようです。さっさと他のスロットにトライしますがカジノ全体的に当たらない時間帯のようです。お腹も空いてきたのでさっさと帰ってホールフーズで朝食をすることにしました。ただ、せっかくここまで来たので高級ショッピングセンターのCrystalに寄ってみます。まだ朝早いのでどのお店も空いていませんが、中には入れるようです。とても贅沢な空間の使い方をしています。(Crystalの2階と1階からの写真)
 どこも開いていないので写真を撮ったらすぐにMGMへ向かいます。途中でCVSに寄り、友達に頼まれていたオーガニック化粧品、自分用に知覚過敏用の歯磨き粉シュミテクト(米国名はSensodyne)を購入しました。よっしーもフロスやらかみそりを買っていました。かみそり本体と替え刃のセット2つだけで、$80.それでも日本で買うより安いのでしょうか。

 部屋にCVSの買い物をクローゼットに入れてホールフーズへ。ほとんど毎日行っているので慣れたもんです。デリのエリアは朝食メニューが並んでいます(パンケーキ、ワッフル、ソーセージなど)。でも、デリよりサンドイッチを注文することにしました。カウンター越しに「ターキー&チーズ」と「チキン&アボカド」のサンドイッチを注文。作り終わるまでウロウロしようと思ったら早口で何か言われます。2回聞き直した後にパンの種類を聞かれていると認識します。横に貼ってあったパンの種類のリストを見て、どちらも全粒粉のパンにしました。その後も、野菜やトッピング(ケチャップやマスタード)を聞かれます。野菜はお任せで色々入れてもらい、入っているかは分かりませんでしたがマヨネーズだけNOと言っておきました。最後に(なんて言っているのか聞き取れず、また2回聞きなおした後)サンドイッチをどちらも温めてもらい、カフェラテをコーヒー屋さんで注文してレジで払います。サンドイッチ、とってもおいしかったです!結構なボリュームだったのですが、最後に温めてくれてチーズがトロリとしたのが良かったです。今夜はイタリアンのFiammaでの食事なのでこの後は夕食まで我慢です。でもサンドイッチでとてもお腹がいっぱいになったので大丈夫そうです。ブラックジャックでまた勝負をしたいと思い急いで帰りました。

 ブラックジャックはちまちまと1手15ドルずつだったのですが、5時間遊んで最終的にー350ドルでした。やめ時がね・・・難しいんです。

 イタリアンは17:30からの予約なので16時に部屋に戻りました。お風呂に入って準備をします。17:30ぴったりにFiammaの入り口に着きますが、まだ準備が出来ていないのでバーにどうぞと言われます。よっしー、バーに入って飲み物を頼まされるのが嫌だと言うのであたりをウロウロすることにしました。10分後に戻ったら案内してくれました。ウエイターさん達も決勝戦の行方が気になっていたんでしょうね。席についたら取り合えず瓶の炭酸水、よっしーにイタリアのビールMorettiと私にジンファンデルの赤ワインを頼みます。普段はスプマンテを頼みますが今回は前菜にチーズの盛り合わせを頼もうと思って赤ワインにしました。飲み物が来た後にチーズの盛り合わせとPolipo(オリーブとグリルしたタコの和え物)、メインによっしーは毎回頼むLinguini(シーフードパスタ)、私はお肉料理からオーブン焼きのチキンにしました。途中でグラスの赤ワインを「イタリアのもので重口」とお任せして、食事と一緒に大変おいしくいただきました。あまりの量に、チキンは残しましたがよっしーのパスタは二人でがんばって食べました。チキンを残したおかげ(?)で、デザートが入ります。よっしーはシャーベット(ざくろ、マンゴー、レモンチェロ)。私は飲み足りないのでレモンチェロはあるか聞きます。裏に聞きに行ってくれ、大丈夫と言われたので1杯お願いしました。すぐに来て早速口にします。日本で飲んだ事のあるものよりまったりとしていましたが、いい感じに胃を刺激します。なんというのでしょう、飲んだら、食道→胃の通った順にじゅわ〜っと温かくなっていきます。あっという間に飲み終わってしまったのでシャーベットが来たときにおかわりをしました。微妙に驚いた顔をされました。飲みすぎ?おかわりはウエーターさんではなく、背広を着たお兄さんが食事はどうでしたか?とにこやかに話しかけてきながら持ってきてくれました。Deliciousと満面の笑みを返し、ウエイターさんと目が合ったらチェックのサインをします(宙にサインをするしぐさ)。税込みで$169.75。とりあえず携帯の計算機で+20%にしたら203.66と出ます。う〜ん、どうしようと思い、きりが良いので$200にしておきました。少なすぎるのか、多すぎるのか、丁度いいのか・・・誰かご助言を。

 しばらくスロットをして(ブラックジャックは満席で席が見つかりませんでした)22時にはベッドに入ります。早めに寝ればもしお隣さんが3時に帰ってきても5時間は眠れますもんね。
 う〜ん、帰って来ました。3:30位に。お隣さんが。結構ご機嫌な感じです。あぁ〜、またルームサービス頼んでますよ。静かになったのでまたうとうとします。4時過ぎでしょうか、ドアをノックする音が聞こえます。3分ほどノックしています。はじめは小さい声で「Room Service」と言っていましたが、段々大きくなってきます。ですが、あきらめたのか、何も音が聞こえなくなりました。ドアを開けて隣を見たら、食べ物が乗ったガラガラが置いてあります。エレベーターホール近くにある館内電話に向かったようです。廊下の一番奥にある部屋なので1分位したら隣から電話のなる音が聞こえてきます。10回くらい鳴った後起きてきて取ったようです。また1分後にドアをノックする音が聞こえてきました。・・・また寝ちゃったんでしょうね。とうとうよっしーが起きてきました。壁を蹴るしぐさをしていたのであわてて止めて、トイレに押し込み、ドアを開けてウエイターさんに電話をどうぞ、と勧めました。躊躇しながらも使い、すぐ外にいますとお隣さんに伝えたあと、申し訳なさそうに、このシフトは良くこういう事があるんだよとお礼を言われました。やれやれ。
2010年2月8日(月)
 目が冴えてしまったのでこのまま起きてブラックジャックをしに行きました。が、いつもやっているテーブル一帯に誰もいません。人数が少ないので開けるエリアを限定しているようです。ま、スロットでもいいやとウロウロしながら遊びます。結局いつものエリア(Cashierの前辺り)は6時に開いたようです。
 9:45にFashion Show Mallへ車で向かいます。大通りはいつも混んでいるので1本横のKoval Laneを北上します。突き当たりで西へ行き、大通りを突っ切ったら右側にあります。ちょうど10時くらいに着きましたが、駐車場に結構車入っていました。停めた近くがニーマンマーカスだったので洋服を見て回りますが、アウトレットに比べると本当に高いですね。倍くらいします。Macy’sに寄った所でよっしーが友達の息子さんにナイキのショックなんとかという運動靴を買うと言い出しました。Macy’sの靴売り場に行ったら、探しているそのタイプはないけど、Foot Lockerに行ったら絶対にあると店員さんが教えてくれました。Foot Lockerに行ったら色々あります。又親切な店員さんに助けられ、おとといお店に入ってきたばかりの比較的新しいものを紹介してくれ、それを買いました。帰ろうと思い駐車場に向かっていたら、なんとJusticeがあるではないですか。これは子供服なのですが、小学生には人気のあるブランドのようです。親戚の子のためにワンピースを2着、そしてシャツとズボンを購入。子供服って、使ってる生地は少ないくせに意外と高いんですね。

 Fashion Show Mallで買い物心があまり満たされなかったのでTJ Maxxに行く事にしました。ここに行くとよっしーは3時間ほど帰らないので本当は行きたくなかったのですが、Fashion Show Mallが不発だったので仕方ありません。Paradise Road沿いにあるMission Centerという場所にTJ Maxxはあります。待ちきれなかったようで、よっしーは駐車して動いている最中にドアを開けてTJ Maxxへ走っていってしまいました。急いで停めて中に入ると見慣れている店内です。全米中に展開しているお店で、普通のお店で売れ残ったものが置いてあります。ほとんど興味のないものですが、根気良く探すと良い品が出てくるんですよね。陳列は、一応子供服・婦人服・紳士服・靴・雑貨・バッグと分かれています。婦人服の中ではワンピース・シャツ・ブラウス・ズボン・ジーンズ・スカート等々それぞれサイズ別に並べてありますが、結構ごちゃごちゃです。一枚一枚見ないといけないので3時間はかかるんです。2時間が過ぎた辺りで立っているのが辛くなってきました。婦人服・靴・バッグ売り場は全て見尽くしました。一応子供服も見てみたら、Justiceがあるではありませんか!もちろんかわいいワンピースはありませんが、見当たる限りかごに入れました。誕生日プレゼントはこれで万全です。ちょっとだけ電化製品があったので、Ipod専用のスピーカーを見てみます。欲しいのですが、私のIpodは初期の頃のもので、本当にこのスピーカーで使えるのか疑問です。対応表をみたのですが、自分のIpodの種類が思い出せません。どちらにせよ電化製品は日本で買ったほうが確実ですよね。丁度3時間くらいでよっしーが満足したようなのでお会計をしてMGMへ帰りました。

 着いたら部屋に直行し、荷物を置いてWichcraftに向かいます。買い物三昧だったのですっかり食べるのを忘れていました。荷物をクローゼットにしまっていると隣の部屋でまた騒ぎが。そういえば、お隣さん金曜日に到着してから一度も部屋のクリーニングをしていないんです。ずーっと「Do Not Disturb」サインがドアにかかっていたんですよね。なんせ日中寝て、夕方から早朝まで遊びまわっているのでクリーニングに入るタイミングがなかったんでしょう。それで、ハウスキーピングのマネージャーさんがセキュリティと共に何度かドアをノックした後に入っていったんです。3日間もホテルの人が入らなかったらそれは不安になりますよね。ちらっとのぞいたのですが、もうチェックアウトした後だったようです。今夜は平和に寝られそうです。Wichcraftではヨーグルトを2個、温かいターキーサンド(ベーコン抜き)とハウスサラダを分けました。満足したところで部屋に戻りお風呂です。さっぱりしてからスロットに向かい、ビールを2本飲んでから部屋に戻り買い物を整理した後に寝ました。
2010年2月9日(火)
 ぐっすりです。隣の部屋に誰もいなかったので安眠できました。
 1時間くらい荷造りをし、ブラックジャックに向かいます。今日で最後なので思う存分カジノで遊ぶつもりです。$15からのテーブルに座り、10:30くらいまで遊びます。スロットをしていたよっしーに呼ばれ、ホールフーズに向かいお昼を食べます。中華のカウンターでピリ辛チキン炒めと野菜炒めに焼きそばをつけてもらいます。よっしーはお寿司系を選んでいました。日本で食べるほうがおいしいのにね。翌日の朝食用にフルーツなどのお買い物を済ませ、12時直前にMGMに戻ります。レンタカーのカウンターが12時からお昼休みに入ってしまうので走ってカウンターに向かいます。手続きはすぐに終わり、$324のカード払いのレシートにサインをします。6日間借りていたのに安いですよね。ガソリンも半分くらいしかなくならなかったのでそのまま返しました。らくらくパックなので、1回分のガソリン代が含まれているんです。

 また軽く荷造りをし、ブラックジャックに向かいます。安いテーブルは満席で、$25からのテーブルしか残っていません。どうしようか悩んだ挙句、ディーラーさんに「$15からでもいい?」と聞いたらピットボスに相談してOKをもらえました。サインは$25のままにするけど$15でいいよという事でした。聞いてみるもんですね〜。$15から$30の間でプレーして、16時にやめました。

 プレイヤーズクラブに並び、10分弱でカウンターにつきます。カードを渡して、明日帰るからよろしくねと伝えます。15分くらい待った後に、カジノホストが手続きしてるからあと1時間くらいしたらカジノホストに内線電話かけてと言われました。お風呂に入ってもうちょっと荷造りしたら丁度良いと思い、Wichcraftでテイクアウトして部屋に戻ります。お風呂の後にスロットをしてビールを飲んでから寝る予定です。部屋を出る前にプレイヤーズクラブで言われた内線に電話をかけます。電話を取った人に伺うと、1泊分引いておきましたと言われます。なんか少ないな〜っともう一度確認して電話を切ります。う〜むと考えながらテレビ画面で確認します。そうしたら、部屋代全部とWichcraftの安い分がいくつか抜いてあります。でも、電話では1泊と言っていたし・・・ どうせスロットをしに行くのでプレイヤーズクラブにもう一度寄りました。確認してもらったら、テレビ画面にのっていたのが正解だという事でした。良かった!二人でMGMに払った金額は$350.52でした。ビバラスベガス!

 気分が良くなったので、よっしーと別れ、Wolfgang Pucks付近にある1回$5のスロットで遊ぶことにしました。最後だし!$50くらい使った段階でボーナスゲームに進みました。$300になりました!うきうきと席を立って裏の台に座ります。$100くらいでボーナスゲーム!$500になりました!隣とそのまた隣の台を$100ずつして、その裏の台に移ります。ぼーっと$200したらボーナスゲームに。その時点でよっしーが来て、私が一番初めに$300出した台に座ります。結局私のボーナスゲームは$700の払い出し!!よっしーもボーナスゲームが来て、$300儲かったようです。最後の最後にラッキーです。ま、それでも全体ですと損していますが、気持ちは良くなり、次回もラスベガスに早く戻って来たいという気持ちになりました。このまま部屋に戻り、最終荷造りを終えて21時には寝ました。
2010年2月10日(水)
 今日は5時に部屋を出るので3:30に起きました。朝食代わりの果物を食べ、最終確認をし、部屋を出ます。荷物が多いので大変ですが、自分達で全4つのスーツケース+手荷物の小さなガラガラ1つ+ハンドバック2つを二人で運びました。チェックアウトをし、タクシーに乗る際には荷物をタクシーの案内係の人に任せます。太っ腹な気分だったので$10渡しておきました。タクシーの運転手さんも、重いスーツケースをがんばって出してくれたので多めのチップです。

 UAのキオスクでチェックインをし、ついでに一人$130.02支払ってビジネスクラスにアップグレードしておきました。太っ腹な気分って怖いですね。普段でしたら絶対にこういう事はしません。荷物を預けるのを待ち、やっと呼ばれてカウンターに行き、最終的には日本の成田と伝えたらキオスクの手続き方法が間違っていたといわれました。手作業で変えてくると言われ10分くらい待たされましたが、私がちゃんとキオスクで最終地を成田にしていたらスムーズに行ったのにもかかわらず、さほど嫌な顔をされず、荷物の手数料も取られなかったので良かったです。
 6時前にゲートに着いてしまったのでぼーっと待ちます。待ってる間、小さなガラガラと大きい紙袋を2個持った女性が隣に座りました。彼女もしばらくぼーっとしていたのですが、荷物を見た係りの人が来て彼女に「手荷物1個、ハンドバッグ1個」と言います。どうやってひとつにまとめるんだろうと見ていたら、ガラガラの中からコートを取り出し、紙袋の中身を半分ほど入れ、それをゲートチェックインしていました。コートは手に持ち、残りの物をひとつの紙袋にしまっていました。以前は結構見てみぬふりをしてくれていたのが厳しくなりましたね。取りあえず朝から怒鳴りあいの喧嘩を目撃しなくて良かったです。

 9:30にサンフランシスコに到着し、国際線への移動のためにAir Tranを探します。取りあえず、国際ターミナルの看板に沿って歩いてきたら着いてしまいました、国際ターミナルに。10分くらいしか歩きませんでした。Air Tran、どこにあったんだろう・・・JALのカウンターに行ったらまだ閉まっていました。やっぱり2時間前にしか空かないんですよね。仕方がないのでいつものカフェでカフェラテとベリータルトを食べて時間をつぶします。20分前になり、1番に並ぼうと思ったらもう人が並んでいました。2番に並んで空くのを待ちます。10:30丁度にJALの係員がぞろぞろ出てきて、カウンターの前に並び、マネージャーっぽい男性が「本日は日本航空をご利用いただきましてありがとうざいます・・・」と短く挨拶をし、一斉に深くお辞儀をしてカウンターに入りました。前回10月の時にはなかったイベントです。
 チェックインをし、検査場を通る前に売店でSee’s Chocolateをまた購入し、ラウンジに行きます。窓際の席は電源をさす場所があり、パソコンで作業する人に便利なようだったのでソファ席にしました。おにぎりとサンドイッチを食べてまったりとしながらアナウンスを待ちます。今回はSee's Chocolateをこれでもかと購入したので(スーツケース1個分全部See’s)免税店には寄りませんでした。

 飛行機は時間通りで、成田にも特記すべき事無く着きました。帰路のフライトはほぼ満席で安心しました。スーツケースを受け取りすぐにヤマトさんのカウンターに向かい、会社宛のチョコを送るためダンボールを購入して詰めます。一番大きいサイズに入りきりませんでしたが、ダンボールを二つ重ねて一つにしてくれるとの事でしたので積み上げて伝票に記入します。次の日に届くことを再確認して車で帰路に着きました。See’s Chocolateはみんな喜んでくれるのでがんばって持って帰った甲斐がありました。バレンタインにハード型ボックスのチョコ、お土産には$32のNuts and Chewをお菓子コーナーに出しておきました。

 最後まで読んでくださってありがとうございました♪
あきらさんに感想のメールを送る

他の方のラスベガス旅行記を読む