あきらさんのラスベガス旅行記part6
(2010年8月27日〜2010年9月3日)

 今回は地図を見ながら行った事のないお店にも寄ってきました。レンタカー歴はまだ短いですが、行く度に慣れて行動範囲が広がっていっているような気がします。ギャンブルはまったくダメでしたが、お買い物的には充実した旅行になりました。
 簡潔に書こうと思ったのですが、いつも通り長々と説明してしまいました。無駄に長い部分もありますが、楽しい気分を感じていただけたら幸いです。

準備:
 今年1回目のラスベガス旅行から帰ってきてすぐに次回の日程を決めて飛行機とホテルの予約をしました。飛行機はJALの安い値段のチケットなのでそのまますぐに購入手続きをしました。今回もサンフランシスコ経由なのですが、色んなエアラインの時刻を確認後、ユナイテッドに決定。本当はVirgin Americaが好きなのですが、ユナイテッドだと3時間の乗換えで丁度良かったので決めました。何かあったらと思うと3時間ないと不安なんです。
 ホテルはいつものMGM。今回はグランドタワー・スタンダード・ルームです。2月14日に、8月27日から6泊をMGMのHPで検索したら1泊$111.99・合計$671.94が出てきたので迷わず予約。その後値段チェックを頻繁にしましたが最終的にはこの値段のままにしました。途中MGMでもリゾート税が導入され、1泊$10加算されることになりました。仕方ないですね。
チェック日 1泊の値段 6泊合計 +リゾート税
2月14日 $111.99 $671.94 $731.94
4月8日 $109.99 $659.94 $719.94
6月8日 $124.99 $749.94 $819.94
7月16日 曜日によって大きく変動 $739.94 $799.94
8月19日 通しでは予約できず

 2月の旅行でDCカードが使えなくなるというアクシデントがありました。当時カードセンターに国際電話をしたら、海外での使用が続いた場合、詐欺を警戒してランダムに使用停止になる事があると言われました。初めて聞いたことで、最近導入したらしいのです。なので今回はDCカードに事前に電話して、セキュリティ部に旅行の日程を伝えておきました。こうすると海外で使ってもその間は停止にならないという事です。停止になるルールは決まっていなく、利用停止にならない事もあると言われたのですが、次回からも是非連絡くださいと言われました。オンラインで申請できるようにして欲しいです。それにしても私の倍カードにつけているよっしーは何も問題ないのになぜに私だけ?
 他の準備は成田市内での民間の駐車場予約(いつも同じ会社でメンバー登録してあるのでオンライン予約は5分弱で完了)、ラスベガスでのレンタカーの予約(MGMにダラーレンタカーのカウンターがあるのでいつもこれです・・・JALのHPから予約)、出発当日に行く出国後のマッサージ屋さんRaffineの予約(1ヶ月前に電話で予約)、行きたいお店の行き方検索(Google地図でMGMを含めた地図を印刷)、日程表の作成です。日程表は地図や予約確認書を含めると30枚ほどの大作になります。行かないとは思うけど一応、というお店の地図も全部入れています。あと重宝するのが日本・米国・ヨーロッパのサイズ換算表です。以前にインターネットでそれぞれのサイズのウエスト・ヒップ・胸囲等のインチが書いてあったのでこれをセンチに直して日程表の「その他」に入れておきました。

8月27日(金):出発日
 今日いよいよ出発です。5:30にすっきりとした目覚めです。朝一でまずはパソコンを立ち上げてユナイテッドのオンライン・チェックインをします。自分の予約の画面に行ってもチェックインのボタンが押せません。不具合か?!とあせりましたが、冷静に現在は何時間前か数えたら24時間以上前でした。待つ間に朝食や荷物を車に搬送したりします。10時出発で十分に時間はありますがものすごくソワソワします。必要のないコンセントを抜いたり、軽くお風呂とトイレの掃除をした後に予約時間がきます。またパソコンに向かってチェックインをします。最後に荷物預け代$46(2人分)を請求されます。カード情報を入力し、全部完了!そういえば、帰りの荷物は何キロまでだったら追加料金加算されないだろうと確認したくなり、ユナイテッドのHPをウロウロしていたら国際線からの乗り継ぎの場合、荷物預け代は無料だと書いてあります。でも、オンライン・チェックインした時にはそんな記載ありませんでした。それ以前に、もうカードで払っちゃいましたけど・・・ドルで$46ってなんとなく460円くらいのイメージですが(私だけ?)、ちゃんと換算すると4千円くらいです。一応日本のユナイテッド・デスクに電話したら、とても親切でテキパキとした方が対応してくださり、ユナイテッドのチェックイン機は他社エアラインからの乗り継ぎに対応しておらず、カウンターでのチェックインが望ましいと言われました。ドルで返金だと数ヶ月かかるけど、今、今日のレートの円で返金したら為替手数料が私にとってちょっと不利になりますが、すぐに返金手続きをとれると言われたのでそのようにお願いしました。後日確認したら、$46は4,007円だったのですが、3,959円の返金でした。

 10時前に家を出発し、よっしーも乗り込んでからエニオスでガソリンを入れてもらいます。いつもタイヤの空気チェックをお願いするのですが高速に乗ると言うとちょっと多めに入れてくれます。今回は、スタンドのお兄さんに高速でも通常時と同じ空気量で大丈夫なので多めにはしませんでしたと言われました。2月に同じスタンドで多めに入れてもらったのですが、今までが間違っていたのかしら?どちらにせよ、空気が減っていないか確認するだけでもOKです。
 ガソリンスタンドを出る時に、成田の駐車場の住所をナビに入れて関越に向かいます。埼玉在住なのですが、普段は高速を乗り継ぎ3時間弱で成田に着きます。無事に高速に乗り、外環に乗ったときに首都高の渋滞情報の看板が真っ赤になっているのに気づきます。いつもでしたら川口JCTから首都高に乗るのですが、その先は葛西まで真っ赤です。取りあえず三郷まで車を外環で進めますが、着く頃には三郷JCTから葛西までも真っ赤です。金曜日のお昼頃はいつもこんな感じなのでしょうか。一瞬悩んで、外環を終点まで行き一般道を通った後、京葉道路から東関東道に乗ることにしました。その一般道が大変混んでおり、千葉県の都市開発はどうなってるんだ!!!と怒りながら運転しました。後で知り合いに聞いたら、知らない道路をナビ便りに進むより、首都高に乗ったままでも同じ位の時間か意外と早く着くのだと諭されました。結局4時間かけ、14時前に民間の駐車場に着きました。ここからは手続きと支払いをしても合計10分くらいで成田空港に到着です。
 マッサージの前にJALのラウンジでご飯を食べたいので大急ぎでチェックインをします。カウンターでユナイテッドの予約書を見せ、スーツケースはラスベガスまでのタグを貼ってもらいます。こうすると、サンフランシスコで乗り継ぎ用の荷物預けカウンターでスーツケースを渡すだけなので簡単です。Virgin Americaのように提携していないエアラインは、チェックインカウンターまで持っていく必要があります。JALに手際よくチェックインをしてもらい、出国もスムーズでした。液体物は大きな透明ビニール袋に入れておいたのですが、セキュリティで規定サイズのジップロックをいただきました。さすが日本ですねぇ。サービス満点です。
 ラウンジに14:30に着きました。15時からマッサージなので大急ぎでカレーとミネストローネスープを食べます。15分で完食し、トイレに寄ってコンタクトから眼鏡に変えてRaffineに行きます。途中で寝てしまうことが多いのですが、コンタクトのままだと目が充血するのではずすことにしました。機内も乾燥していますしね。サンフランシスコに到着する直前に機内でコンタクトに戻す予定です。パスポートの写真が眼鏡ではないので念のために、同じ状態にしようかと思います。イチャモンつけられたらストレス倍増ですし。今回はチョイス80分(リフレクソロジー40分、ボディマッサージ40分)で一人7,875円でした。2月のときは$80をドル現金で払ったのですが、今回からドルを当日のレートで換算した日本円を支払う方式に変わったとのことです。もちろん文句なく、クレジットカードにつけました。
 17時過ぎに二人とも終了し、離陸の時間までラウンジでまったりとします。時間通りに機内へ案内され、離陸も問題ありませんでした。強い揺れもなく、キャビンアテンダントさんもがんばってる感満載で仕事をこなしていました。予定より15分ほど早く、米国時間11:30にサンフランシスコに到着しました。

 乗り継ぎの飛行機は16:22です。そうです、5時間もあるんです。この飛行機でなければ乗り継ぎ時間1.5時間のものしかなかったので泣く々この便にしたのですが、ケチって一番安いチケットにしなければ1.5時間後のフライトでも十分間に合っていました。がっくり。
 入国、乗り継ぎ荷物を預ける、ターミナルを歩いて移動してもまだ4.5時間あります。こういう時に限って全てが問題なくいくんですよね。入国審査のラインも皆無で、色々質問されましたが、比較的フレンドリーな検査員でしたので二人で5分もかかりませんでした。日程表には72番ゲート近く(レストランYankee Pier)、81番ゲート近く(フードコート)、90番台ゲートの方(マッサージ・ネイル屋さん)と書いてありました。一応フードコートに向かいますが丁度お昼の時間なので大混雑しておりテーブルが空いていません。なので、ゲート近くの椅子でボーっとします。マッサージやネイルもよっしーは英語が得意ではないので嫌がります。10分ボーっとした後、フードコートに目をやったら多少空いてきたのでテーブルをゲットします。せっかくのサンフランシスコなのでSan Francisco Soup factoryでクラムチャウダーを分けようと思い1個Sサイズを買ってきました。が、一口食べて、二人とも口に合わなかったので申し訳ないながらもゴミ箱へGO。大量に時間も余っているのでYankee Pierというレストランに向かいました。ここでよっしーはクラムチャウダー、そして私はエビのタコスを頼みました。やわらかい生地のタコスでしたがプリプリのグリルしたエビとたくさんの野菜で大満足です。よっしーのクラムチャウダーも濃厚でおいしかったです。
 食べ終わった後、ゲート近くの椅子で数時間ボーっとし、15:55から搭乗が始まりました。16:10に全員の搭乗が終わり、「今日は満席だよ、イエィ」という様なアナウンスの後、すぐに飛行機が動き始め、16:20には離陸しました。
 寝ている間にラスベガスにあっという間に到着し、18時過ぎにはスーツケースも受け取りタクシー乗り場に行くために一歩外に踏み出すと乾燥していますが、熱風に包まれます。でもこれでこそラスベガスですよね。長いラインに並びますが、タクシーがいっぱいいるのでサッサと進みます。並ぶ時間込みで20分ほどでにMGMに着きました。よっしーは嫌がりますが、タクシーから降りてすぐ私は荷物をポーターさんに預けます。よく部屋を変えてもらうので、この方が手間が少ないんです。預けたポーターさんが「荷物を責任持って預かるよ。部屋に持っていくのは別の人で、僕はあなたにもう会えないだろうけど」と言われました。それが妙におかしくって、ついつい$5のチップをあげてしまいました。
 チェックインカウンターはほとんどの窓口が開いていますが全部ふさがっています。背広姿の男性がカウンターに向かう人に話しかけ、それぞれの窓口の前に並ぶよう案内しています。私も案内してくれ、両隣には並んでいる人がいなかったので「空いたらどこでもどうぞ」と言われました。5分弱で空きました。上の階が良いとお願いしたら27階の301で手続きしています。この部屋って大抵隣にBungalow Suiteがあってコネクティング・ドアがついてるんですよね。コネクティング・ドアがついてると思うから嫌だと言いましたが、今夜はほぼ満室で、上の方の階で禁煙だとここしかなく、ダメだったらもっと下の階になると言うのでよっしーに伝えます。一応部屋に行って、嫌だったら下のほうの階に変えても良いかと聞いたら「もちろん、また私の窓口に来て頂戴」と言ってくれたので鍵を持って向かいます。エレベータに近い部屋で、やっぱりコネクティング・ドアがありますが今日は特には隣から声は聞こえません。外の空調の音も、エレベータの音もしなく大変静かです。この部屋にかけてみることにしました。電話してスーツケースを持ってきてもらい、待っている間iPodTouchのWifi登録をします。リゾート税をとられる変わりにWifiが無料なんですよね。今回はこれが楽しみで!その為にiPodTouchを買ったといっても過言ではありません。本当は、携帯のドコモのiBodymoという健康管理のソフトに食事登録をする為に買ったんです。ドコモから登録するとパケット代がかかり、海外で使うとパケット代、目が飛び出るほど高いんです。前回MGMのレストランの予約をオンラインでしようと思い、5分ほどかけたら7千円ちょい請求がきたんです。その5分ほどで!!パソコンは持ち歩きたくないのでiPodTouchがあったらさぞかし便利かと思い買ったのですが、iPodTouchはAdobe Flash Playerに対応していないことが後から判明。これがないと食事登録が出来ないんです。がっくり。仕方ないのでメールをチェックするのと、オンラインゲームをするのに使っています。あ、後You Tubeにもはまっています。何かの不具合でWifiが通じなかったら・・・とドキドキしながら苗字と部屋の番号を入れたら繋がりました!うれしい〜。
 気がついたら20時近かったので1階にあるスターバックスでバナナを1本ずつ(と私はカフェラテのトール)を食べ1時間だけスロットをしました。この1時間で$100なくなってしまいました。先が思いやられます・・・

8月28日(土)
 時差ぼけで早朝に目覚めると思いきや、6時に目が覚めあわてて支度をします。2月に週末MGM内のStudio Cafeに行った時には早めに行かないと混雑していたので開店する6時に行こうかと思っていたんです。結局6:30位に行ったのですがほとんど人がいなく、その閑散ぶりに不況を感じました。まぁ、9割の理由は料理のおいしさの割りに値段が高いという事があげられそうですが。BYO Omelet(Build-Your-Own自分で作るオムレツ)にチェダーチーズ・トマト・マッシュルーム・アボカドを足し、もう1品Chicken Quesadillaを分けていただきました。これにコーヒー2人分とリンゴジュース1杯、1.5割強のチップを足して$51払いました。やっぱり高いですよね〜。日本で一人2500円の朝食って!!!
 食べた後、ダラーレンタカーのカウンターで車を借ります。今日はNordstrom Racks(Nordstromデパートのアウトレット)、TJ MaxxとTown Squareに行く予定です。レンタカーのカウンターに列はなく、さほど待たないで鍵をもらえました。もう3回目なので慣れたもんです。Nordstrom Racksは10時開店なのでいったん部屋に戻り、準備をしてからスロットに向かいます。なんとかトントンのまま遊んでいたらよっしーがDeal or No Dealというスロットで千ドル当ててきました。すご〜い!楽しいね〜♪と盛り上がります。楽しい気分のまま、9:30になったので駐車場に行きNordstrom Racksに向かいます。
 Nordstrom Racksは初めて行きますが、印刷した地図があるので駐車場を出る前にMGM横の大通りから初めに曲がる道の名前を確認し、よっしーにその後からのナビをお願いします。ナビといっても、曲がったらひたすら真っ直ぐで、215の高速をくぐったら右側にあるんですけどね。取りあえず大通りを空港方向に向かい、通り過ぎ、その後の交差点の度に「次、なんて書いてある?!」とテンパリます。いったん知らないモールの駐車場で止まって地図を確認しましたが、その後は一度も止まらずに着きました。Nordstrom Racksの店内はTJ Maxxに非常に似ています。一つの大きな部屋の中に子供服・女性服・男性服・おもちゃ・靴・バッグ・アクセサリー売り場があり、一番大きな場所を占めているのが女性服でした。ブランド別に分けてあり、商品が探しやすかったです。
 はじめに知り合いに頼まれたショッピングリストを取り出し、ここにあるか確認します。お金は全部払うと言われ、アウトレットよりは普通のそのお店で買って欲しいと言われていたのですが、もしアウトレットにあれば安いし良いですよね。でも、結局ここではありませんでした。リストは結構細かくて、こういう感じです(一部抜粋):
1. 7 for All Mankind(ジーンズのお店):Bootcut in New York Dark とBootcut in Dark Minnet
2. Lululemon(ヨガ洋服店):Groove Crop II(色は黒でベルト部分が紫の)
3. J.Crew:Flower Sketch tee(色はOlive Moss)とFeathertail Tee(色はDark Charcoal)
4. Stride Rite(子供用靴屋):革の夏用サンダル男児用 サイズ7
これが、なんと10万円分・・・今回はこの買い物に追われそうな予感。7 for All Mankindのコーナーがありましたが、リストに入っているジーンズはありませんでした。が、BootcutシリーズのDark Minnetに似たものが一着あったので、一応購入。しれ〜っとこれを渡そうかと思います。アウトレットでも$100ちょっとでした。ジーンズに1万円以上払うなんて・・・私はゴメンです。
 自分の買い物用に色々物色します。3時間もいたのですが、結局ワンピース、カーディガン、靴下とジム用のズボンを買いました。(靴下はナイキの靴下なのですが、足首までで、足底の生地が2倍ちょっとあってクッションになっているんです。足の裏が疲れにくく、重宝しています。)よっしーは靴2足と他に数点買っていたのですが、買った靴の内一足が革の運動靴で、1キロ先でも目を引きそうなド派手なものを買っていました。スタジオ用だと弁明していました。

 このままタウンスクエアにあるホールフーズへ向かい、昼食をとることにしました。また地図を凝視し、多少遠回りでも一番曲がる回数が少ない行き方をしました。15分ほどでホールフーズに到着し、スープや海鮮のサラダをつまんだ後にここでお買い物です。知り合いリストにホールフーズでオーガニックのサフランとバニラビーンズを頼まれていたのでカゴにいれます。バニラビーンズが、瓶の中に3本しか入っていません。こんなものですか?少ないかなと思い、2瓶買っておきました。後は大量のサプリメントです。よっしーはコラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンE、私はビタミンBと酵素です。いや〜、サプリメントは高かったです。今まではVitamin Worldで買っていたのですが、ホールフーズの方が安全なのではないかとよっしーに力説されここ2年くらいはホールフーズでべらぼーに高いサプリメントを購入しています。
 せっかくタウンスクエアにいるのだから、ショッピングリストに入っているH&Mに寄って男児用の洋服を買おうかと思いましたが既に15時になりそうだったのでホテルに帰ることにしました。初めてのバレーパーキングに預けようかどうかと悩んだ挙句、勇気がなくセルフパーキングへ。部屋に戻って買ってきた商品のタグを切り取ります。ショッピングリストのものはタグはそのままにしますが、ジーンズはNordstrom Racksのタグだけはずしておきました。これでアウトレットで買ったことはばれないかしら。
 時計をみたら17時をまわっています。Wichcraftは確か週末18時に閉まってしまうと思うので夕食に向かいます。Roast Beefの温かいサンドイッチ・ひよこ豆のサラダ・本日のスープ クラムチャウダーのSサイズを二人でわけ、飲み物はホットチョコレートとレモネードのSサイズです。全部で約$25、朝食の半分です。会計は部屋付けにし、$1のチップをレジスター前のコップに入れました。やっぱりWichcraftは大好きです。全部おいしく頂きました。
 部屋に戻ってお風呂に入った後、2時間ほどスロットをします。私は更に$100負け、ガックリとしながらMGMの売店でBud Lite Lemonを2瓶買いよっしーと部屋に戻ります。20時ちょい過ぎです。ビールを飲み、お金を数え、記録し、ふてくされながら眠りにつきました。

8月29日(日)
 時差ぼけがほとんど無いようなので自然に起きるのは無理かと思い携帯で目覚ましをセットで5:30起床。前日と同様Studio Cafeに出向き、よっしーがオムレツ、私は2つの卵とソーセージにしました。卵料理は目玉焼きを指定。その他にコーヒーを2杯とアップルジュースが1杯です。チップを入れて全部で$53でした(部屋付け)。
 今日の予定はプレミアム・アウトレットです。9:45くらいにMGMを出れば十分なのでそれまでスロットです。なんとかトントンで済ませアウトレットに向かいます。車で何度も行っているのでさすがに覚えています。問題なく到着し、日本で印刷してきたプレミアム・アウトレットの店舗地図(お店に寄る順番も記入)を片手に周ります。寄ったお店のリストはこれです。
・Nike Factory Store
・Stride Rite(ショッピングリストに入っていた男児用革のサンダルを2足購入)
・L’Occitane
・7 For All Mankind(ショッピングリストのジーンズは扱いなし)
・Anne Taylor
・French Connection
・J.Crew(ショッピングリストのTシャツは扱いなし)
・Coach(よっしーがハンドバッグを衝動買い)
・13:07 Cole Hann(通勤用ハンドバッグを購入・A4の書類が楽々入るが、柔らかい革のフェミニンなバッグ)
・Columbia Sportsware Company(趣味が登山なので素敵な登山道具を見に行きましたが、見当たらず)
・13:48 L’Eggs/Hanes Bali/Playtex(下着を購入)
・14:00 Benetton(シルクのスカーフを購入)
・14:34 Elie Tahari(衝動買い連発でカードの支払い日に現実逃避したくなるほど購入・・・でも満足、いい買い物しました。$300のバッグは汚すのが怖くっていまだに袋から出していません)
 大量の荷物で疲れましたが、せっかくここまで来たので車で10分ほどのHome Fabricsに向かいます。ここではシルクの生地を希望です。着いたら明らかにカーテン用や洋服用ではない大型の生地がならんでます。シルクの生地なんてないよね〜っと思いながら店員さんに聞いたらファッション用の生地はHancock Fabricsの方がいいかもと教えていただきました。目の前の道を戻り、左側にあるとの事でした。でもせっかく来たので、比較的薄手でスカートを作ったらかわいいと思う生地を2ヤードずつ購入。激安でした。
 Hancock Fabricsを捜し求めて2分くらい進んだ所で全然見当たりないので人に聞こうと思いモールの駐車場に入ります。そうしたら、Fabric Boutiqueというお店が!生地屋さんだと喜び入ったらキルト用の生地屋さんでした。一応シルクの生地が無いことを確認して、親切な店員さんにHancock Fabricsの位置を聞きます。真っ直ぐ行くだけなのですが、土地勘が全くないので左側を一生懸命探してても見つかりませんでした。お昼も食べていないし疲れてきたので取りあえずホテルに帰ることにしました。
 今回は荷物が多いので勇気を出して初めてのバレーパーキングを利用しました。目の前の車が丁度バレーパーキングだったので後をついて行き、その人が止まった後ろにぴったりと停め鍵を抜いて係員に渡しました。そうしたらタグをくれたのでそれと荷物を持ち部屋に戻ります。既に16時をまわっていたのですが、まだ部屋が片付いていませんでした。ベッドの枕の上には$4が置きっぱなしです。取りあえず買い物を全てクローゼットに入れ、Wichcraftに向かいます。部屋から出たら斜め前の部屋を掃除してる方がいたので一声かけたら「次にクリーニングするつもり〜」とにこやかに言われました。
 Wichcraftでは前日に食べた温かいRoast Beefサンドがおいしかったのでもう一度1個頼み、あとは一番小さいサイズだけど日本だったらLサイズくらいのグリーンサラダ、パンプキンのスパイシースープとレモネードを購入。レモネード以外は全部シェアです。約$24だったのを部屋付けにしました。食べてる間にショッピングリストに残っている商品を確認し、こうなったらFashion Show Mallにこれから行って買い物をほとんど終わらせてしまおうという事になり、大急ぎで食べ進めます。その時、Wichcraftのレジにビキニ姿の20代前半の金髪で小麦色に焼けたスタイルの良い女の子が来ました。水着姿の子は結構歩いていますが(プールが近くにあるので)、そのビキニ、身体の主要部分をやっとのことでカバーしてる感じの小さいビキニなんです。お尻とか、めっちゃくちゃ露わになっていて、女性の私でも凝視しちゃいます。よっしーにも小声で「後ろ、見て、見て」と言い、見てもらったらよっしーも「スタイル良いね〜、すごいね〜」と驚いています。女の子は水を買い、通路に面している椅子に彼氏と座っています。彼氏は疲れているのかずっと突っ伏しています。女の子は携帯をいじりながら身体を半分通路に向けて座っています。もう通路を通る男性が全員と断言できるほど彼女を二度見、三度見していきます。隣のテーブルに座った一家の中学生の男の子はあまりにも見つめていたので親が心配したのでしょう、途中で隣のテーブルに背中を向けて座る位置に移れと指示し、席替えさせていました。私たちが食べてる間はよっしーが通路に面していたのでずっと中継します。「笑ってる、通る男性みんな二度見以上して笑ってる!あの人50代だろうにめっちゃ見てる!あ、若いカップルの女性があまりにも彼氏が振り返るから彼氏のお尻を蹴った」まぁ、あれくらいスタイル良かったら私もビキニ着て自慢したくなるかも?
 17時になったのでいい加減席を立ち、バレーパーキングで車を受け取ります。カウンターの人にタグを渡しベンチで待ちます。待ってる間レンタカーの色を思い出そうとしますが、私が濃い青、よっしーはクリーム色と言います。結局シルバーだったんですけど、5分くらい待ちましたでしょうか。$5のチップを渡し、Las Vegas Blvdではなく隣のKoval Laneを北に向かいます。確か突き当たりで左だよなと考えながらタクシーの後ろを着いていっていたら、タクシーと一緒に間違えてVenetianに入ってしまいました。しまった!と思いながら引き返せる場所を探しているうちにLas Vegas Blvdに出られました。無事にFashion Show Mallに着き、駐車場は大変混んでいたもののNeiman Marcusに比較的近い場所に停められました。駐車場から室内に入るエスカレーターを上ったら目の前にBare Escentualsという化粧品屋さんが!友達にマスカラを頼まれていたんです。よっしーに1分で戻るからと伝えマスカラを購入。
 次に地図の前でショッピングリストに書いてある店舗を確認し、まずは女児用洋服のJustice。次にBuild-a-Bear Workshopで熊のぬいぐるみの洋服一式を数点(これもショッピングリストに書いてあったんですが、比較的安いのでお土産に)。そしてヨガ用の洋服のLululemon。ここではショッピングリストに書いてあったズボンと、よっしーも同じズボンを購入。J.Crewに向かうときにトイレの前を通ったのですが、特には何も思わないでJ.Crewへ。2枚Tシャツを頼まれていたのですが、1点は売り切れで、もう1点は頼まれた色がありません。でも、置いてあった色を購入。この時によっしーがトイレに行きたいといいましたが、地図を確認したらずっと前に通ったトイレがFashion Show Mallのオンリーワン?そこまで歩く気力はなかったので(今日一日買い物していたので足が棒のようになっています)車に戻ろうとNeiman Marcusに入ったらトイレが!どうせあるならと私も利用しました。
 Wichcraftで16時に食べましたがお腹が空くだろうと予測し、ホールフーズに寄りました。今回は持ち帰りで、オーブンで焼いたチキン大を2切れ、チキンスープ、アボカドロールとベルギーのリンゴビール・チェリービールを購入。ホテルに帰り、今回は荷物が少なかったのでセルフパーキングへ。部屋に戻る前に、地下の通路にあるお土産屋さん(マグネットや子供用のおもちゃが置いてあるお店)でスターウォーズに出てくるライトセーバー(青く光るもの)とキュインキュイン騒がしい音のするおもちゃの銃を購入。後もう一つ買えば3つ目が半額といわれましたが特に欲しいものがなかったので2個だけにしました。
 戻ってよっしーがお風呂に入っている間に製氷機で氷を取ってきてビールを冷やし、iPodTouchでHancock Fabricsの場所を確認します。Googleの地図を出しておけばWifiがなくても車の中で地図を確認できます。よっしーが出てきてまず二人で食事をし、私がシャワーを浴びた後21時をまわっていましたがブラックジャックに向かいました。普段はこの時間寝てるんですけどね。1手$15以上のテーブルに座り1時間弱くらいでしょうか。$300が$500になったのでやめて初めてのプラスでビールを飲んだ後眠りにつきました。

8月30日(月)

 旅程表に書き込んだ今日の予定はFashion Show Mall、Meadow’s Mallと生地屋さんです。7:30に起き、さすがにStudio Cafeは飽きてきたので一人でスターバックスに行き、ラテ・ホットチョコレート・ヨーグルト・フルーツカップ2個・バナナ2本を$25で購入。部屋に持って帰り今日の行き先を決める話し合いをしながらよっしーと朝食。取りあえずHancock Fabricsに行ってから考えようという事になり、9:30から空いているので9:15に出発。Nordstrom Rackの近くでした。
 Hancock Fabricsではほとんどが綿とポリエステルでしたが多少シルクとウールもあったので、心望むままに色々と15本の生地を選出(裏地用の生地も買ったので本数が多くなりました)。専門のカッターの方に2ヤードずつ切ってもらい購入したら結構な量で、めちゃくちゃ重かったです。12時近くだったのでベラージオの中華で飲茶をしようと思い向かいました。高速を下りてすぐ右に入るとバレーパーキングがあったので預けます。ベラージオのレストランは何も調べていなかったのですが、とりあえずJasmineに向かいます。飲茶は日曜日だけのようです。閉まっていたのでキョロキョロとしていたらNoodlesという中華が空いていたのでそちらに入りました。
 Noodlesではよっしーがビーフの炒め物にブロッコリー、私が煮込んだビーフとスジ?のビーフ丼。野菜が必要と思いニンニクと炒めたChoy Sumを1皿頼み、飲み物はポットのジャスミン茶です。店員さんはテキパキとしており、次々に料理が出てきて全部おいしく頂きましたがお腹がはちきれそうでした。チップを入れて$65を部屋付けに。
 せっかくベラージオに来たので多少スロットをし、Forum Shopsを覗くことにしました。シーザースパレスへ繋がっている橋の上にはやせ細った男性が座っておりお金を入れてもらうカップを前に置いています。ラスベガスで初めて見たのでびっくりし、二人とも無言で通り過ぎました。Forum Shopsに向かう間、何か嫌な気分でした。その人に対してではなく、なんでしょう。遊び呆けている自分への罪悪感のような?
 15分ほど歩いてForum Shopsに到着しました。ショッピングリストでまだ買っていない7 for All MankindとAnthropologieのお店を地図で確認し、まずはジーンズを購入。Anthropologieに入ったら、好みの洋服がたくさん置いてありますがアウトレットではないので値段は高めです。ショッピングリストにはAnthropologieで4点の洋服の写真と詳細が書いてあります。店員さんに渡し探してもらったらこのお店においてあるのはカーディガンだけでした。一応カーディガンだけレジで預かってもらい、自分達の買い物用に物色します。セール品の中でズボンと普通の値段のブラウスを購入。良い買い物をしたと満足してベラージオに戻りますが、途中の橋の上で行きと同じお兄さんが目に入ります。またシュンとして通り過ぎたのですが、他の人がチャリンとコインをコップに入れていました。
 車を受け取り、この際だからショッピングリストの買い物を全部済ませてしまおうとタウンスクエアのH&Mに向かいます。ここでは男児用洋服なんでもと書いてあります。これを買ったら終わりです。H&Mに直行し、4着選んで購入し、ホールフーズで水などのお買い物をしてホテルに帰りました。今回は重い生地や数店舗分のお買い物があったのでバレーパーキングへ。やっぱり便利ですね。でも、車を受け取る時にみんな目立たないように係りの人にチップを渡しているのでいくら渡しているのか分からないんですよね。$5は多すぎるのか、丁度いいのか・・・
 部屋に戻ったらお風呂に入って買い物したものを確認しながら値段のタグをはずします。一応スーツケースに詰めてみたら後はお土産用のSee’s Chocolateを入れる分しかスペースがありません。もう後は薬局とチョコレートしか買わないと決め、カジノへ向かいます。あまりお腹は空いていませんが、栄養の為にスターバックスでヨーグルトを2個とフルーツカップを1個分けます。しばらくスロットをし、私は$300負けて敗北感丸出しで部屋に戻り眠りにつきました。

8月31日(火)
 今日はギャンブルデーと決め、6時に起きてすぐにStudio Cafeへ。よっしーはオムレツと紅茶、私はスクランブルエッグのプレートとコーヒーで一日をはじめます。チップを入れて$48を部屋付けに。結構部屋付けにしていますが、このギャンブルの実績じゃあ全然引いてくれないかもねと話しながらスロットに向かいます。ブラックジャックは1手$25以上じゃないと実績にならないし、私の担当のホストはスロットホストなのでもしかしたらテーブルゲームやっても無駄かなと思いスロット一色で。よっしーはDeal or No Dealと気に入ったスロット全5種類をいったりきたり。私はしばらくするとすぐに飽きてしまうので色んな台をウロウロ、ウロウロ。あ〜、負けてる〜とダラダラとボタンを押していたらよっしーが気分転換に薬局に行こうと言ってくれたので車に向かいます。
 MGMとPlanet Hollywoodの間にWalgreensという薬局がありますが、駐車場があったか覚えていなかったのでひたすらLas Vegas Blvdを南に進み、タウンスクエアを通り過ぎひたすら真っ直ぐ行ったら左側にCVSが見えてきました。そこで1時間ほど過ごしたのですが、私は歯ブラシと友達に頼まれたフロス。そして親戚の女の子から急遽メールが届いてお願いされたティーン用雑誌のPop Teenを探しますが見当たりません。返信メールで、Pop Teenはないけど、Pop Starとかだったらあるけどどうする?と送信しておきました。
 13時過ぎで帰り道タウンスクエアを通るのでお昼を食べることにしました。にぎり1皿、ブドウ、海鮮サラダを分けます。夕食用にアップルパイとチョコレートチップクッキーを買って帰ります。今夜は甘いもの気分です。ホテルに帰って2時間スロットに向かい、17:30にスターバックスでバナナを2本買って部屋に戻ります。夕食の甘味を堪能してお風呂に入り、またカジノへ向かいます。座ったらカクテルガールが来たのでコロナビールを2本頼み、チップは$2。私、よっしーと1本ずつ飲みます。その後もBud Liteとハイネケン、ブラッディメアリーとジントニックを平らげました。更に$400負けました・・・今回はもう無理!

9月1日(水)
 今日は私の希望で隣のホテル、NYNYのイタリアンレストランの朝食に行きます。8時からなのですが、NYNYのカジノフロアを見学するために7:30に向かいます。NYNYへ続く橋を渡ろうと思ったら途中でやせ細ったおじさんがカップを置いてぐったりと座っています。よっしーがお金を渡したいというので、ありったけの小銭を出し、よっしーにカップに入れてもらいました。
 NYNY内でレストランの位置を確認しようと思い電子地図を操作していたらホテルの人が話しかけてきました。レストランの名前は「Il Fornaio」。発音は全く分かりません。取りあえず「アイム・ルッキング・フォー・イル・フォルナイオ」と言いましたが聞き返されたので、3回Il Fornaioの言い方を変えましたが通じず、最終的に、朝食を食べられるイタリアンと言ったら分かってくれました。正しい発音を2度言ってもらいましたが結局自分では正しく発音できず・・・更に1時間立ったら忘れてしまいました。
 レストランの位置が分かったので付近でスロットをしながら開くのを待ちます。カジノは閑散としています。朝はこんなものでしょうかね。レストランのまん前にSlingoのスロットがありましたのでしばらく遊んでいたのですが、なかなかボーナスゲームが出ないなと思っていたらIl Fornaioの営業が始まりました。席に案内してもらいメニューをもらいます。オムレツと決めていたので、お水を持ってきてくれたときに「Omelet with vegetables」$8.75を2皿と私がLatte$3.75、よっしーはHot Chocolate$3.50を頼みました。この時に、ココアは大抵甘すぎるのでダメもとで「Could you make it not so sweet, and without cream, please」とお願いしました。OKと言われ、5分くらいで飲み物が出てきたのですが、ココアは丁度いい甘さでよっしーはとても気に入っていました。オムレツも丁度いい量で、茹でた野菜がたっぷり入っており、おいしく完食しました。卵は半熟ではありませんでしたけど、MGMのStudio Cafeでも半熟ではないので気になりませんでした。まぁ、半熟だったらもっとおいしいでしょうね。確かMGM内のWolfgang Pucksのオムレツは半熟でしたが、朝6時に閉まってしまうので朝食でオムレツを食べたければ相当早起きをしなくてはなりません。更に、客層がオールナイターした若い人達が多いので騒がしいのが難点です。Il Forniaoは二人とも気に入ったので、夕食も食べに来たいねと話しました。合計はチップを入れて$36.部屋付けにしました。

 MGMに戻る途中の外の橋の上にまたぐったりとしたおじさんがいます。よっしーがまた小銭をあげたいといいますが、行きで全ての小銭を渡してしまったので$1を出してそれをカップに入れます。ちょっと進んだら、MGMに近い方に若いお兄さんがカップを出して座り込んでいます。おじさんよりは健康そうでしたけど、よっしーがまたあげたいというので$1を渡しカップに入れます。丁度その時にMGMから警備の人が出てきました。私達がMGMに入ったのを見届へてからお兄さんに話しかけています。そうしたらすぐにお兄さんはカップをしまい、立ち上がってNYNYの方へ歩いていきました。注意されたんでしょうね。よっしーは、一昨日BellagioとCeasars Palaceの間の橋で見たお兄さんが一番痩せ細ってて、彼にお金を少しでもあげられれば良かったと悔やんでいました。私は、どこでも困っている人がたくさんいるのできりがないと思うのですが・・・
 部屋に戻り荷物を整理した後、車でMeadow’s Mallに向かいます。今日はSee’s Candiesを買いに行きます。前回はDillardsの前に車を停めてモールに入ったのですが、今回は中央口に停めて入りました。Dillardsから入ったほうが断然近かったです。See’sのショップに入って、カゴにポンポン商品を入れてたら店員のおばさまが私たちのことを覚えててくれました。2月の時にも大量買いしたもので。今回もよっしーは$200分、私は$150分買いました。日本で買うより本当に安いです。おばさまに、どうやって持って帰るのと聞かれたのでスーツケースに入れるつもりと答えます。この夏の暑い時期にスーツケースに入れていくのはお勧めできないと言われ、機内持ち込み用の取っ手のついた頑丈な箱に全部入れてくれました。持ちやすいし、とても便利です。重さはどうやってもそのままですが、私のガラガラの上に置けば大丈夫そうです。
 チョコレートを購入後、すぐにMGMに戻り、車をValet Parkingに預けて部屋に置きに行きます。まだ清掃が終わっていなかったのでクローゼットに入れてカジノに向かいます。ふと携帯を見たら親戚の子から返事が来ていました。Pop Starだったようです。お昼にWhole Foodsに行く予定ですが、ここには売ってなさそうなので空港で買おうかと思います。1階のカジノで、よっしーにスロットとブラックジャックどっちをやるか聞いたら、テーブルゲームしてもポイントにならないからスロットにするとDeal or No Dealに向かってしまいました。今回スロットはどこをやっても調子が悪くって、とんとんにもならないので一通りウロウロして色んな台を$20ずつやります。う〜ん、負けっぱなしです。よっしーはDeal or No Dealのボーナスゲームで$500買ったところでやめ、Whole Foodsにお昼を食べに行こうと誘ってきました。本当、やめ時分かってますよね。うらやましい・・・
 Whole Foodsでお寿司や果物を食べ、MGMに帰り、車をもとの位置に戻し返却の手続きをします。$347.20をカードで支払いました。後から気づいたのですが、私が予約したときに契約した金額は税込みで$324です。もしや、やられた?次回から気をつけないと。日本に帰ってきてから気づいたのでもう仕方ありません。今までこんな事なかったのになぁ。残念です。
 部屋に戻ったら清掃が終わっていたのでパッキングを始めます。よっしーがう〜ん、う〜んと唸っているので少し私のスーツケースに入れても良いよと言ったらHancock Fabricsで買った生地全てと靴を2足お願いされました。全くもって計画性がありませんよね。普通、自分のスーツケースの大きさを考えて買い物するじゃないですか。それも今回よっしーは日本から洋服を5着持ってきていたのですが、結局着たのはその内の2着。他は買ったものを着ていました。
 16時になり一通り終わったのでちょっと早いですがIl Fornaioに夕食を食べに向かいます。朝食がおいしかったので、夕食も期待が膨らみます。座ってメニューを熟読し、ミネストローネスープ$6.95を2個、タコを揚げてマリネしたもの$10.95を1皿、よっしーがCapellini$15.95(細いパスタにトマトとバジル・トマトソース)、で私がLinguine$23.95(海鮮パスタ)を頼みます。まずパンが来ました。小皿に鮮やかな緑色のオリーブオイルをついでくれます。このオリーブオイルが本当においしくって、ものすごくパンを食べてしまいました。青々しいというか、フレッシュな味というか・・・説明が難しいですが、おいしかったです。スープとタコが来て、いただいている最中にウエイターさんが「ハッ」とした顔をしてバルサミコ酢をオリーブオイルの中に入れに来ました。忘れてたんでしょうね。でも、私はオリーブオイルだけの方が好きでした。よっしーは大量にバルサミコ酢もつけてとてもおいしいと言っていました。次回はピザも食べてみたいです。チップ込みで$90を部屋付けにしました。

 MGMに戻り、1時間ほどスロットをウロウロした後にコンプ相談の為にPlayers Clubカウンターに行きます。1組人が待っていたのですが、私たちが並んだとたんにカウンターが空き、その1組がカウンターに行った後に新しい係りの人が閉まっていたカウンターを開けてくれすぐに話を出来ました。よっしーと自分のカードを渡し、明日の朝早くに出るのでコンプお願いしますと伝えます。画面を見た後に、「担当ホストはいる?」と聞かれたので「Billです」と言ったらどこかに電話をしていました。電話先の人達にコンプは任せている間フレンドリーに話しかけてきます。
 「Billとは会った?」→「いえ、帰る前に挨拶はしようかな〜って思っています」
 「明日、空港へ行くのに車いる?」→「いえいえ、タクシーで十分です」
 「いいハンドバックね」→「そうなんです〜!Cole Haanで買ったんですよ、一昨日」
 「お買い物はどこに行ったの?」→「メインはアウトレットですけど、今回はForum ShopsとFashion Show Mallにも行ったんです」
 「Crystalは?」→「2月に来た時に行ったんだけど、今回は時間がなくって(高すぎて買えるものがないですけど・・・と思いながら)
で、やっと電話がかかってきて嬉しい事に部屋代と飲食代が全部無料になりました。今回、Whole Foodsで食べる以外は全部MGM系列で部屋付けにしたのでラッキーです。毎日$10のリゾート税とチップ代から前金で払っていた$111.99を引いて$10弱の支払いでした。まぁ、カジノで負けた額を考えると・・・・恐ろしい。よっしーはさほど負けていませんでしたが、私は普段から考えると2回分のラスベガス旅行が出来そうです。
 カウンターを離れようとしたら、Billに会っていく?今電話できるよと言われました。一度だけ挨拶したことはあって、また挨拶してもいいかなとは思いましたが、ハイローラーでもない私がBillの時間を割くのは申し訳ないので「どこにいるか分かってるから大丈夫!」と大急ぎでその場を離れました。

9月2日(木)
 今日は帰国の日。4:30に起きて準備をします。5:15にベルデスクに電話してスーツケースを取りに来てもらいます。その時に$5渡して、5:30過ぎにチェックアウトして、タクシーに乗って空港に行くからと伝えます。5:35に1階に行ったら、噴水の前に私たちの荷物を持った同じ係りの人が待ってくれていました。チェックアウトし、一緒に外に出たらタクシーラインとは別の前の方に案内してくれて、すぐにタクシーにスーツケースを入れ始めます。タクシー係の人も手伝ってくれたので、タクシー係の人に$2、ベルマンに更に$5、そして空港に着いてタクシーの運転手さんが一人で重いスーツケースを運んでくれたので運賃+$10渡しておきました。絶対にあげすぎよね〜。でも、前日のコンプの喜びがまだ抜けていなかったので大盤振る舞いでした。
 帰りもUnitedです。荷物を預ける手数料を請求されないためにカウンターでチェックインした方が良いといわれていたのでカウンターを探しますが入り口がふさがっています。係りの人に聞いたら、とりあえずキオスクでチェックインしてくれと言われたのでそうします。操作していたら、2人で合計$130.02を払えばファーストクラスと案内が出たので安ーいと思いUpgrade。ファーストクラスはそもそも荷物の手数料がいらないのでそれも解決しました。なによりも、ファーストクラスのチケットなので保安検査で別ラインだったのであっという間に順番が来ました。普通のラインは結構並んでました。時間はたっぷりあるので並んでも良かったんですけどね。ただ、この別ラインをいったら必然的に全身スキャンのラインに入らないといけないんです。すっごく嫌でしたが今更普通のラインに入りなおすのも怪しいので仕方なくやりましたけど・・・順番が来たら横向きに通路に入って、足を広げて両腕を上に上げて3秒くらい。終わったら反対側に出るのですが、画像の解析が終わるまで指定されたマットに上で待たなければいけません。3分くらいでしょうか。問題なかったのでそのまま出ました。よっしーも問題なし。問題があったら、横の囲いの方に連れて行かれるようです。
 搭乗口の手前のお店で親戚の子が欲しがっていた雑誌を探します。Pop Starですね。ポップティーンのアメリカ版です。いま若い子に人気のあるジャスティン・ビーバーが表紙にどーんと載っています。他に似たようなのを2冊、合計3冊とレジ前に置いてあるシナモン味のガムを購入。日本ってシナモン味ないですよね。
 登場口のまん前にStarbucksがあったので、よっしーにココア、自分にラテ、そしてツナサンドとポピーシードのペストリーを買って分けました。全部は食べませんでしたが、これでサンフランシスコのラウンジまで我慢できそうです。
 Unitedの座席はVirgin Americaに比べるとう〜んって感じでしたが、フライト・アテンダントさんはとても感じが良くて親切でした。座ったとたんに飲み物のオーダーを取りに来てくれたのでとりあえずリンゴジュースをもらって、空のコップを返し、緊急時の映像を見た後はよっしーと共に寝ちゃいました。あんまり水分取るとトイレに行きたくなりますしね。アメリカ国内線のトイレは利用したことがありませんが、このまま利用しないですむようにしたいです。もしかしたらきれいなのかもしれませんが・・・
 予定通り9:30には機体を出て国際線ターミナルに歩いて移動します。まだJALのカウンター空いていないだろうなとは思いましたが、覗いてみたら人が既に並んでいたので後ちょっとで開くだろうを思いよっしーと並びました。前に並んでいたアメリカ人は一番前に並んでいた日本人と話していたので(英語で)知り合いかと思っていたら、日本人が列から離脱してしまいました。そうしたら、そのアメリカ人私たちに話しかけてきます。にこやかに話していたのですが、だんだん「結婚してるの?どこで働いてるの?一軒家に住んでるの?」など世間話ではなくなってきたのでJALの係りの人が顔を出したときに後どれくらいでカウンターがあくのか聞いたら後30分といわれました。アメリカ人に、後30分もかかるらしいよ!私たちは買い物に行く、とその場を離れ、別の場所の椅子に座って時間をつぶすことにしました。フレンドリー過ぎ!よっしーが、後をついてこられないか心配していましたが、そこまで暇じゃないよと言い、でも、ラウンジで見かけたら知らん振りしようと決めました。

 無事チェックインが終わり、保安検査後に免税店でカルフォルニアワインとチョコレートを購入後ラウンジへ行きました。入ってすぐの所にあのアメリカ人が外を向いて座っていたので奥の方に私たちは座り、おにぎりやサンドイッチをつまみながら過ごしました。平穏に時間が過ぎ、搭乗します。目をいたわるために搭乗してすぐにコンタクトをはずして眼鏡にしました。コンタクトのまま寝ちゃうと乾燥するし充血するんですよね。
 離陸後、前の方からあのアメリカ人が歩いてきました。よっしーがひじで私の腕を押します。二人とも下を向いて新聞や雑誌に夢中になってるふりをしてやり過ごします。ちょっとして、反対側の通路から戻ってきて、クルっと振り返り機内を見ています。なんだろう〜。怪しい〜。そうしたら、私の列の一番前に座っていたかわいらしい女性に話しかけて、ちょっとして自分の席に戻っていきました。なんでしょうねぇ。結局日本へ到着するまで10回以上その人は機内の巡回をしていました。その度に同じ女性に話しかけてました。うっとうしぃ・・・変わっていますねぇ。眼鏡にして良かった。見覚えがあったら話しかけられちゃったかもしれません。
 無事に日本に到着し、車も問題なく受け取り帰路に着きました。次回は年末年始を過ごそうかと話します。早く予定を入れたいです!

 最後まで読まれた方、長々とお付き合いいただきありがとうございました♪
あきらさんに感想のメールを送る

他の方のラスベガス旅行記を読む