99’第1回 はるファミリー奮闘旅行 イン ラスベガス!!
(1999年6月10日〜14日)

★初日★
6月10日(木)

 とうとうこの日がやってきた、非常に楽しみ、かつ恐怖の日である。(=`´=)なぜならば海しかないとこで育った嫁と生を受けてまだ1年10ヶ月のこぶを連れてラスベガスに出発する日だからである。そもそもは、なにげなくいつものようにインターネットで遊んでいるとラスベガス大全というホームページに突入したからである。そこのフォーラムでラスベガスに魅せられた人々の話しを聴くうちになんとなく私が行きたくなったからである。(あれさえ見なければ・・・こんなことに・・) (`◇´)それからいろんな方々からメールやアドバイスを受けそれを力にしました。(平林さん、三宅さん、こばさん、みなさん)

 さて自宅(熊本)を13:00に出て福岡発17:40デルタ136便 ポートランド経由ベガス現地時間15:30着(所要時間 約12時間)である。前の晩からこぶに対して、当日の夕方から寝るようにうまく作戦を立てていた為か、ベガスにつくまでにたいして何もなく到着できました。福岡デルタの受付で席の空き具合を聞いたところ25%との事、旅行会社の方が気をきかせてくれて真ん中5席をキープしてくれ、横になって寝ることができました。(感(#^.^#)謝、感謝)ポートランド乗り換えまでたばこが吸えなかったので、喫煙場所に行くとみんなほとんどが、日本人ばっかり・・。外国では禁煙ブームということを痛感しました。(空港だけじゃなく、いろんな場所でも。)それとあいかわらず、DFSでの買い物しているのも・・・。これを見ると不況日本はまだまだ元気という感じを受けなんとなく安心しました。 (^◇^)
 飛行機からマッキャラン空港が見えてくるや否や背の高いホテル群もみえ、砂漠の中にそこだけ建物がありでっかいアメリカがありました。なんとなく気合いを自分にいれ、(ワクワクよりよっしゃーて感じ)こぶを肩に担いで右足から初めてのアメリカ本土をふみつけてやりました。 ⊂^o^⊃いきなりスロットマシーンが・・・。一瞬ひるむが心を落ち着けに喫煙場所へ小走りで行きました。

 まずは今日の宿泊場所であるベラージオへチェックインをするために行き、8103室をゲットしました。ストリップ側はすでに満室とのことであまり眺めはよくありませんでしたが、バスルームの広さに納得しました。

 一服し、まずはベビーカー探しにガイドさんと二人でトイザラスへ行き、探すと19$でありました。ホテルに戻り、みんな(5人とこぶ)でフォーラムショップへ買い物と今日と明日の夕食の予約をかねて行きました。するとすずしいのに青空がある通り(室内なのにそらがある?)に行くと奥で生の人間みたいな人形がショー(atlantis)をしてました。こんなことじゃー日本人はびっくりしないぞーと思いながら、びっくりしました。(^_^;)

 夕食はそこの近くのイタリア料理店へ行きピザ3枚、チキン1枚、パスタ3皿、チーズ2皿、ビール5本ぐらいをガツガツ食べました。(5人で200$ぐらい)そしてタクシーでダウンタウンのフリーモントエクスペリエンスを見てすげーとおもい、帰りにストラトスフィアタワーに登り、今までいろんな夜景を見てきましたが、感動したのは、初めてでした。三人(嫁含み)は22:30からバリーズのショー(JUBILEE)観るとのことで私がこぶの面倒をみました。嫁に感想を聞いたところ、宝塚みたいで、フェラーリが消えたとのこと、何を言いたいのかよくわかりませんが、これぞラスベガスていう感じだそうです。(宝塚と一緒にするな!!)嫁は帰るやいなやお風呂にはいりすぐに寝ました。やっと自分一人の時間ができましたので、待ちに待ったカジノへ、まずプレイヤーズカードを作りに行ったところ、最低コンプメモリーが50Cからとのことであまり裕福でもないため25Cで遊ぶつもりだったので出鼻をくじかれた感じがしました。しかも50Cスロットが1$や25Cと比べて少ないためどうしても1$スロットにならざるおえないのです。案の定500$簡単にやられて3:00から熟睡・・?Y(>_<、)Y  

  500$負け

 

★二日目★
6月11日(金)

 朝8:00起床 今日は私ら以外はゴルフ(リフレクション・ベイCC)ということもあり、18:00にロビーで待ち合わせをし、それまで夫婦とこぶで過ごすことになっている。ブランチを10:30からベラージオのバッフェで食べることにする、時間が中途半端な為か誰もならんでいないラッキーと思いこぶを抱いて入る。すいていたのでこぶ連れにはこの時間がいいのでは!オムレツとベーコンがおいしかった。
 それにしても渡航中ずーと感じていたが、アメリカ人はこぶ付きに対して非常にやさしいと感じた、レストランやタクシーの運ちゃん、旅行者、デルタのスッチー、はては宿泊者以外の子供出入り禁止のベラージオとミラージの従業員までもが。日本人は子供を人前で平気でたたいたりするが、アメリカ人はこぶを一人の人間として人権があるということをみんなが完璧に持っているのではないからか。少しアメリカを見直した。(そのかわりタクシーでも一人とみなされる) (^・^)

 さて、話しを戻しますが食事のあと、ベラージオからモンテカルロ行きのモノレールに乗り、コカコーラ館、エセルチョコレート店、オールスターカフェ、で嫁が買い物をして私は外でたばこを吸いながら、今晩のカジノのことを考えてました。なんとなくそこら辺をストローラー(アメリカではベビーカーのこと)をおしながら歩いていると、地元のなんでも屋みたいなのがあったので、入ると私の心をくすぐる物(こぶ用のサングラスや健康ドラック、得体の知れないジュース、ビデオ、本、ets)があり、旅行者より地元民が多くおもしろかった。水とサングラス、カレンダー、嫁の化粧品等を買ってベラージオへ戻り、休憩したのちサーカスサーカスへこぶのメイクをしに行くが、3歳以上からと言われがっかりしていると、ちょうどショータイム(circusacts)が始まりアメリカらしい観客も参加型のそれなりにおもしろいショーだつた。もうすぐ18:00になるので待ち合わせのロビーに戻り、昨日予約していたフォーラムショップの中華料理店へみんなで向かう、エレベーターで2階へ行き入ろうとすると、様子がおかしい何事かと聞くと、私が短パンな為、あなたはダメと言われる、しかたがないから下におりフォーラムショップで200$もするパンツを購入する。みんなはokなので先に食事をはじめていた。このやろーまずかったら承知しねーぞと思っていたが、これがまたうまい、台湾で食べるぐらい本格的でうまい。私の負けであり、恥ずかしい思いをした。 (^。ー)y~~~
 余談だが、よくパンフレット等にベガスへは服装は気にしなくていいと書かれているが、あれは間違いである。今回はこの店だけで恥ずかしいおもいをしたが、やはりナイトショーやカジノでもジャッケットにネクタイぐらいはして意気に遊びたいものだと感じた。特にナイトショーは男性はタキシード、女性はドレスを着ている人が多かった。ちなみに私はジャッケット持参でした、よかった (-^〇^-)。

 さて食事(600$)も終わり、お待ちかねのトレジャーアイランドの海賊船ショーである。それにしてもすごい人数である。金曜日だからかな?ともおもったが聞くところによると毎晩だそうです。30分前に行ったがすごい込みようでした。しかしショーは迫力もあり一見の価値ありです。是非見て下さい。 \('0';)/
 次はミラージの火山爆発です。これもすごく、よく只でみせるなーと思いました。目の前でみれました。最後にベラージオの噴水ショーです。これもまた前述の二つとは違うおもむきのあるすばらしいショーでした。教えていただいた、ベラージオのイタリアレストランから食事でもしながら見れば確かに最高と思いました。次回は必ずそこからみたいです。(>!<)y-___
 またベラージオの前に新しいホテル(パリス)が建設中であり、エッフェル塔 もあり完成したらレストランから見る景色は最高と思います。(夕暮れ時など!!)

 さて観るものも見たし嫁とこぶは睡眠の時間にはいり、私はカジノへ1$スロットですっすっすっと500$の負け、あんまり悔しいので明日の分100$でブラックジャック50$からスタートしなんやかんやで450$になり、ルーレットへ行き6回連続赤だったので、つぎは黒だろうと450$すべて黒におくするとジャーーーン!!!やっぱり赤 \(゚ロ゚;)/こんな顔になり、ルームへ帰る、帰る途中にエレベーター前でキーを持っているか聞かれるが、放心状態の私は無視をしエレベーターに乗る。たぶんキーチェッカーの人もそこらへんを感じてくれたのだろう。ごめんなさい。
 3:00明日の楽しみなゴルフだけを考えてふて寝。 (−o−)y−゜゜゜゜゜ 

 600$負け
 トータル1100$

 

★三日目★
6月12日(土)

 5:30起床集合場所地下1階に向かう前にフロント横の24時間オープンのカフェへ車の中で食べるベラージオサンドをテイクアウトしてもらう。うんおいしーい。20分ぐらいでTPCキャニオンGCへ着く。先日PGAシニアツアーがあり青木功プロも出場したところだ。練習場から度肝をぬかれるマットではなく本物の芝だ。だぶるのが気の毒になるため、練習は程々にして切り上げる。さすが本場また一本とられた、これで何回目だ? (☆_★;)1番ホールに向かうとまたやられた、グリーンとフェアウエイ以外砂漠だ!!日本では考えられないコースだ!!それとバックからまわったが、666ヤードのロングホールがありまた、度肝をぬかれた。 (☆_★;)

 なんやかんやで ゴルフも終わり友人の知り合いで地元の日本人とラーメンと餃子を食べに行く、店の名前は北方ラーメン(まあまあラーメンは食べれて、餃子はうまかった。サハラとパラダイス通りの交差点に近いとおもいますが・。)食事(らーめん5$、餃子3$)のあと地元のゴルフショップに行くがアイアンやドライバー等は値段は、日本と変わらなかったです。ベラージオに戻り嫁とこぶに会うと13:00というのに睡眠中。 (-_-)_zzz%%%話しを聞くと午前中にホテル散策したとのこと、ホテルのショップで子供の服を何枚か買っていた。1100$あればいろいろかえたのになー。嫁には間違ってもいえない。 (ё_ё)昼食はフロントの横のカフェですませたとのこと。
 13:30からみんなで買い物にタクシーでベルツファクトリーへ。確かに安いらしいが、欲しいものもないので、トロリーバスでDFSへ行く。初めてトロリーに乗るが、目的場所まで着くのが、遅いのでびっくりした。私はストリップ周辺ならタクシーをお勧めする、なぜならば何処に行くのも10$ぐらいだし、その分時間を有効に使える、またホテルの前から24時間体制である。 (^_^;)DFSも欲しいものがなにもなく後悔する。ただ、[ダイナちゃんのラスベガス さんぽっぽ」という地図は一番見やすく解りやすいと思います。ここにありました。(そういえば親父みやげのベルトは買いました)

 ベラージオへ戻るためタクシーに乗ると、運ちゃんがおもしろい人で運転しながら、こぶの為に細長い風船をふくらましてくれソード(剣)を作ってくれた。ベガスのタクシーは非常にマナーが良く近くても文句を言わなかった。もちろんチップは多めにあげるが。(だいたい2$たすぐらい、多くないかな) (-^〇^-)嫁とこぶは疲れがピークみたいで仮眠する。なぜか私は平均睡眠時間2,3時間というのに疲れず、カジノに行くが、やはり200$負ける。いやになってきた・・。(TヘT)

 ところで一緒にいった友人たちのAは初日に1$スロットで1000$、二日目に5$スロットで2000$をあてなんていいところだ!とほざく次第である。 (O_o)もう一人のBは初日に500$負け、三日目に1$スロットで1100$をあて負けをとりかえした。別に私は負けるのはかまわないが、カジノの従業員から手のひらにワン、ツウー、スリー・・・とおいてほしいだけである。これじゃーあまりにも見せ場もなくかわいそすぎる・・・。

 さて19:00になり、夕食をしにみんなでフラミンゴヒルトンへ向かう、日本食の浜田へ行く。久しぶりのお米も食べ満足する。さすがに刺身はまずいが・・・。あとはまあまあでした。日本語で注文などできるので疲れなくてよかった。(しかも友人Aにおごってもらった。) (#^.^#)

 帰ろうとすると嫁がカジノに行きたいとのたまいだした。普段はパチンコ、マアジャン、競馬等、嫌う人間なので少し驚く・・・。これもベガスのネオンと常にカジノがある環境が人をかえるのか?しかしそうなると”こぶ”の世話は私がするようになる、まあしかたがないという気持ちで友人二人に嫁の面倒を看てもらうように依頼する。私は少し休憩がてらこぶと部屋で仮眠。
 0:00近くになってもまだ嫁は帰らない・・。もしかしてジャックポットでも当てたのかと想像してた酔っぱらって帰ってきた。戦果を聞くと17$ブラックジャックで勝ち、そしてベラージオのバーでカクテルなどを三人でのんでいたとのこと。なんじゃーそりゃーと思いながら、嫁が機嫌がよいのでまあ良しとするか。嫁が寝ると言うのでベラージオ最後の戦いにカジノへ降りるがあっけなく200$負けすぐに寝る。もう腹も立たずゲームを楽しむ悟りの境地である、今考えればルーレットの赤、黒が明暗だった様な気がする。

 200$負け

 トータル1300$負け

 クラブポイント200ぐらいかな

 

★四日目★
6月13日(日)

 友人らは帰国のため、空港に向かう。私たち三人(こぶ、よめ)はホテルをミラージに変わるため、ベラージオを11:00にチェックアウトしミラージに11:30チェックイン。ルームにはいると情報どうりバスルームはベラージオの三分の一ぐらいで、壁も薄い眺めはリオ・スウィートやモンテカルロが見えまあまあでした。しかしホテルの規模は、ベラージオの方が大きく、廊下の余裕、カジノの広さなどもベラージオにはかなわないと感じた。今日はこぶと嫁を連れてミラージのプールに行く予定であるが、その前にバッフェでランチをとろうと向かうとすごい行列である、こぶ付きには30分はきつかった。(>!<)y-___食事の方はうわさどうり満足できた。
 さて食事をすませプールに行くと、機械でルームキーのチェックがあり、宿泊者オンリーみたいである。滝やジャクジー、滑り台等いろいろあり、おもしろかった。\(~o~)/しかも日本人は我々だけで、アジアのこぶが珍しいのか、みんなこぶに対して愛想がいい。こぶも私の背中に抱きつきプールの中に入れとせがむ、入るとめちゃくちゃ喜んでいる。ここのプールはおすすめです。
 19;30から850$で嫁一人でベラージオへ”オー”(O)を見に行く予定であり、22:30からのショーは100$で、私である。85$と100$のちがいを聞くと日曜日は19:30はショーの85%をやるからとのことで、22:30は100%やるからとのこと。チケットは初日にベラージオのカウンターで購入しました。19:30と22:30に分けた理由はこぶがいるからです。(ショーはもちろん、こぶ禁止)それにしてもショーのスタッフはもちろん、観客も正装できめており、T-シャツ、短パンは皆無に等しかった。特にアメリカ人はTPOにあわせるのが、上手なんだなーと感心しました。前にも述べたが、なるべくスーツで見に行った方が良いと思う。ちなみにショーに行くために嫁は一人でタクシーにミラージから乗ったが、レヂィーファーストの国らしく乗り降りも運転手がドアを開け閉めしてくれたのこと。嫁はいい国だーとこれみよがしにのたまわっていた。確かにエレベーターやタクシー、店にはいるとき、etsなど常に女性と子供が優先でした。少し感心しました。 (=`´=)

 ショー自体は、本当にすばらしく涙を流している女性もちらほらいました。(うちの嫁も泣いたとのこと)絶対に観た方がいいと思うし、日本ではこの様なショーは観れません、ただ人に聞くとオー派とミステイア派に分かれているとのこと。(次回はミステイアをみたい)\ (●^o^●)/

 さてショーを観たあとミラージへ戻りカジノにいくが、いまさら25cスロットなど目もくれず、1$マシーン(トレジャー)に走る。100$で2時間ぐらい遊べて、ポイントも100ポイントたまる。確かにベラージオよりは遊ばせてくれる。でも勝てない・・・・。結局500$負け、400ポイントをため次回のカジノレートルームコンプ獲得しただけでおわる。 (☆_★;)最後の戦いにも敗れ累計1800$のまけで終了。心の中で「まあいいベガスめ、とりあえず1800$貸しといてやる!!」とぶつぶついいながらルームに戻り寝ろうとすると、隣の部屋から○○○の声がきこえるではないか!!今の時間は4:00であるこんな時間に元気だなーと思いながら三時間寝ました。(アメリカ人か日本人か、解らなかったが・・・、気になる)やはりミラージは壁が薄い。 (-^〇^-) 

 

★帰国日
6月14日(月)

 8:00にチェックアウトをおこない9:50発 DL731便ポートランド行に乗り込む満杯でした。ポートランド発11:58 DL137便にチェックインする際に込み具合を聞くと、月曜日ということもあり空いてますとのこと。真ん中5席を使わせてもらい横になって眠れました。こぶは狭いところで、動き回りたいみたいでしたが・・。嫁と私で5席の端にすわり真ん中にこぶをいれました。無事、福岡に15:30到着し、熊本に車で帰る途中に「餃子の王将」でラーメンと酢豚、唐揚げ、餃子などを食べました。(やっぱりお米はうまい) \(^^@)/

 感想としてベガスはとてもエネルギッシュで日本では、絶対ないところである。今度は年内にもう一度行きたいと思うが、予算が・・・。次は自分で航空券やホテルを予約して10万円で行きたい(こずかい別)だれかルーム、食事等コンプで行く人はさそってください。はははははは・・・ (^)o(^ )カジノの作戦は再度考えていかなければ・・・。

 今回のベガス旅行にたいして三宅さん、平林さん、こばさんには多大なるご指導とアドバイスを旅行に関して、なにからなにまで、ありがとうございました。本当に感謝、感謝です。今回のラスベガス旅行は私たち家族にとって本当にいい思いでになりました。遊びだけでなく、いろんなことが勉強になりました。友人達にもラスベガスを紹介したいと思います。
 ただマナーの面は日本人はもう少し勉強が必要と感じました。(もちろん私も含めて)脈絡のない、ながい文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。

 ベガスジャンキーのはるより

 

他の方のラスベガス旅行記を読む