ぽっぽやさんのラスベガス旅行記
(2001年9月25日〜30日)

 

≪旅行前≫
 去年の11月に、妻が前から行きたいと言っていたラスベガス行きました。この時は、MGMに七日間のツアー旅行でした。その時の雰囲気にすっかりはまってしまい、今年もラスベガスを訪れることにしました。日程は9月25日から6日間です。個人での旅行手配に自信のない私たちは、今年も大手旅行会社を訪れました。希望のホテルはベラッジオでしたが、1ヶ月前ということもあり希望が通らず、ホテルはアラジン、飛行機はアメリカンでサンノゼ乗換え11万4000円のツアーに決定しました。
 しかし、アメリカのテロ事件が起きてしまい、行けるのかドキドキしていると、旅行会社から予定していたアメリカン航空は当日欠航になるかもしれないので、値段はそのままで日本航空の直行便に変更しますと連絡が入りました。これってラッキー、だって日本航空の直行便は通常2万6000円も追加代金をとられてしまうから。
 これは、私と妻の二人で訪れた2度目のラスベガス旅行記です。ガイドブックに載っている有名どころは去年に探索済みなので、今年のテーマはズバリ、カジノです。又、妻は非常に疲れやすいので、休憩(昼寝)をたくさんしています。

≪テロ後のラスベガス≫
 最初にテロ後の9月25日現在のラスベガスの状況をお伝えします。まずラスベガスへ向かう飛行機ですが、私が乗った日本航空直行便はガラガラでした。街の様子は特に自粛ムードというわけではなく、ストリップの人通りは去年と変わらない様子でした。ただ日本人を見かけることはあまりありませんし、どのバフェも並ばずに入ることができたので、全体的には人が少ないのかも。又、人気のオー等のショーも比較的チケットが入手しやすいそうです。街を歩く人は星条旗やGOD・BLESS・AMERICA等と書かれたTシャツを着ているのが目につきました。又、ほとんど全てのホテルに星条旗が飾ってありました。意外と今がラスベガス観光のチャンスかも?

≪1日目≫
 日本航空026便で成田を16:00に出発のはずが、機材未着の為17:30に90分延で飛び立ちました。成田空港はテロの影響で旅行をキャンセルした人が多いためか、ものすごいガラガラでした。警備も厳しくスーツケースの中までチェックされました。機内もガラガラで一列に11席あるところ2人位しか乗っていませんでした、そのため4人掛けを占領して横になり、ゆったりとくつろぐことができました。尚、アテンダントの方は、いつもは満席なんですよと言っていました。

 11:00にマッカラン国際空港に到着し、旅行会社のバスでアラジンに向かいました。旅行会社の方の説明を聞いた後に、すぐチェックインすることができました。部屋は北側低層錬の最上階2371号室でした。残念ながら部屋からベラッジオの噴水ショーは見ることはできず、モンテカルロしか見えませんでした。同じツアーで静岡からきていた新婚さんは、明日結婚式を挙げると言っていたので、近くの教会だったらお祝いしてあげようと思っていたら、ドライブスル−結婚式だと言っていました。ドライブスル−結婚式って何だ?
 部屋はけっこう広くて、シャワーとバスが別々になっていました。妻は、毎日アラジンオリジナルのミネラルウォ−ターを2本くれるのが気に入ったみたいです。防音も気になるほどではなく全体的には良かったです。ただバスのお湯の抜き方が分からず苦労しました。

 お腹がすいていたので、デザートパッセージでサンドイッチを買い部屋で食べた後、ポロタワープラザの中にあるPOP ART SHOPという、日本人向けのお土産屋に行きました。この店はチョコレートやビーフジャーキー等が非常に安く、どうでもいいお土産を購入するにはおすすめです。

 その後アラジンのスパイス・マーケット・バフェで夕食を食べました。17:00頃と早い時間だったせいか、まったく並ぶことなく席に付くことができました。後でわかったのですが、テロの影響でラスベガス全体的人が少なく、食事をするのに待つことは一度もありませんでした。でも街を歩いている人の数は去年と同じ位でした。ただ日本人に出会う回数は極端に少なかったです。このバフェは雰囲気も味も良く、妻はラスベガスで1番だと感心していました。各国ごとにブースに分かれていて、中近東なんていうブースもありました。蟹は半分に割ってあって結構食べやすかったです。
 食事の後はアラジンからの夜景を写真に収め早めに寝ました。今回の旅ではラスベガスの素晴らしい夜景を写真で持ち帰ろうと、重たいカメラ(30年前の年代モノ)と三脚を持参しています。

≪2日目≫
 時差ぼけのせいか5:00に起きました。この日の朝食は、私が前から行きたかったマンダレイ・ベイのバフェです。写真を撮りながら歩いてエクスカリバーに向かい、そこからはモノレールに乗りました。朝早いせいか利用客は、私たちを含めて3人しかいませんでした。バフェに到着するとオープンまでまだ15分あったので、ちょっと探検。やっとオープンして憧れのベイサイド・バフェへ、するといきなり感じの良いおじさんが日本語で、おはようございますと案内してくれました。値段、朝食の割にメニューも豊富で特にナンプラーと香草をかけて食べるおかゆは、日本人の私にも満足のいくもので最高でした。

 アラジンに戻りカジノでクラブカードを作り、早速チャレンジ、ただこのカードが静電気のせいかもしれませんが、何回入れても読み込んでくれず非常にいらいらしました。9:30になりトロリーも動き出したので、バリーズの乗り場からトロリーに乗りサーカスサーカスへ向かいます。このトロリーはバス停が非常に小さく、探すのに非常に苦労しました。運転士は非常におしゃべりで乗客はずっと爆笑していましたが、英語のわからない私たちには?でした。
 サーカスサーカスでは去年行かなかったアドベンチャードームに向かいます。到着してみると拍子抜けするほど小さく感じましたが、とりあえずチケットを買いキャ二オンブラスターに乗ります。お客は4人だけ、ドームの中もガランとしています、あげくのはてには、リムランナーではお客どころか係員もいません。15分位待っていると係員がきて、まだ動いていないから15分位したらまた来てねといわれました。ちなみに結構濡れます。再度トロリーでフォーラム・ショップスに移動、トロリーは満員でお年寄りばかりでした。フォーラム・ショップスではNFLのTシャツを購入しチーズケーキ・ファクトリーでストロベリーチーズケーキを食べました。ケーキの味は良いのですが、とにかくデカイ、こぶしの大きさ位の生クリームが2つものっています。又、フローズン系の飲み物も大きく、飲んでいるうちに体の芯まで冷えてしまいました。

 14:30にホテルに戻り3時間ほど昼寝をします。カジノで遊んだ後、パリスのル・ビレッジ・バフェで夕食です。このバフェも妻が絶賛、蟹も美味しくケーキも小さいためいろんな味を楽しめます。席は周りが日本人ばかりでした。その後エッフェル塔に登り夜景を撮りまくりました。眺めは最高、写真が撮りやすいように金網に穴があいていました。ベラッジオの噴水ショーを上からそして近くから見学します。ベラッジオ最高、私はこの噴水ショーが1番好きです。
0:30部屋にもどり就寝。

≪3日目≫
 8:00に起床し、バリーズのビック・キッチン・バフェに行きました。ここは席数も少なく、朝食にしても品数が少なく、妻はソフトクリームがまずいと言っていました。利用客もなぜだか老人ばかりでした。そのまま隣のフラミンゴホテルに移動し、中庭のペンギンとフラミンゴを見学、ただ10羽位しかいなくいまいちでした。フラミンゴのTシャツを購入し、バリーズからモノレールでMGMグランドへ向かいます。このモノレールはバリーズで乗り場までが非常に遠く、いつも乗る前に疲れます。又、モノレールから見えたMGMグランドアドベンチャーは今年もオープンしていませんでした。いったいいつ営業しているのでしょうか。
 MGMではハードロックカフェへのシャトルバス乗り場を探しましたが見つかりませんでした。その後、ニューヨーク・ニューヨークでカジノを一周して、前から気になっていたレストランのガレージャーズを下見、でも入り口のガラス張りの冷蔵庫にかざってある冷凍肉を見ただけで胃もたれおこしあきらめました。でも、その横の売店で売っていたミニッツメイドのフローズンレモネードは非常に美味しく、疲れた体を癒してくれました。カジノには大勝した人の写真が飾ってありますが、ここニューヨーク・ニューヨークには日本人の写真がありました。俺だって。

 その後、アラジンに戻りしばらくカジノ。ここで妻が777をそろえ25¢台で1000枚だしましたが私は全然だめ。16:00にはベッラジオのザ・バフェで早めの夕食です。このバフェは評判どおり悪くはないのですが、2人で50ドルを超えるわりにはって感じでした。はっきりいって高すぎます。変わったメニューではのり巻、紅生姜、ヤキソバ、白味噌汁等がありました。18:00に部屋に戻り3時間ほど休憩をとり1:00までカジノです。小当たりはするのですが、気がつくと手持ち資金が減っています。

≪4日目≫
 8:00に起床しアラジンのスパイス・マーケット・バフェに向かいますが、なぜかオープンしていません、看板を見ると11:00からと書いてありました。金曜日は朝食をやっていないのでしょうか、しょうがないのでパリスのバフェに向かいます。ここでは5分ほど待ちましたが、よく考えるとバフェで並んだのはこれが初めてです。やっぱり人が少ないのかな。
 その後歩いてバリーズ・バーバーリコースト・インペリアルパレス・ハラーズとマイナーどころを見学し、ベネチアンのグランドキャナルショップス・ミラージュ・フォーラムショップスと一周します。フォーラムショップスでは、日本語をしゃべる変なおじさんのいる店でナイキのTシャツを購入。ここのアトラクションはいつ見ても地味だな等と思いながら部屋に戻り休憩。

 14:00頃、MGMの横コカコーラ寄りにあるお土産屋で最後のお買い物。ここは小物がたくさんそろっていてお気に入りです。再度部屋に戻り休憩をとり最後の夜に備えます。18:00にCATでマンダレイに向かいます。CATは初めてなので乗り過ごさないようにドキドキしていたら、ひとつ前のルクソールで降りてしまいました。マンダレイのベイサイド・バフェで2度目の食事です。今回も日本語をしゃべるおじさんパート2があらわれ、明るくもてなしてくれました。妻はここのソフトクリームが1番気に入ったみたいです。アラジンに戻り朝までカジノです。妻は結構出たみたいで、ウホウホ言っていました

≪最終日≫
 朝までカジノで勝負した結果、2人とも大負けしてしまいました。帰りの空港で現地の旅行会社の人の話では、アラジンは経営が危なく客室は半分が閉鎖、従業員も500人解雇されたといっていました。先に教えてくれれば良かったのに。空港はチェックが厳しく金属探知機で全身くまなくチェックされました。飛行機は日本航空043便でサンフランシスコ経由です。すぐに眠ってしまい気がついたらもう成田でした。

ぽっぽやさんに感想のメールを送る

他の方のラスベガス旅行記を読む