ルーさん&ピンさんのラスベガス旅行記
(2000年7月6日〜7月10日)

=旅行記=

 ルー&ピンはスロット大好き夫婦です。日本のスロットだけでは飽き足らず、ラスベガスに乗込んで来ました。往復NW直行便で、宿泊はパリスにしました。  

2000年7月6日(木):1日目

<<出発>>
 2000年で最も長い1日のスタート!9:50amに家を出て、11:30amに横浜から成田Exで第1ターミナルへ。12:59pm成田着。1:15pmにFカウンターに集合し、手続きは順調に済みました。その後、カフェに入り「いよいよですな!」と一服。まだ時間があったので、それぞれのオコズカイを$300ずつ追加で両替。事前にT/Cで$300ずつ用意したのですが、足りないだろうと意見が一致しオコズカイUP(^^)。
 飛行機はNW078。出発は予定より20分遅れの3:30pmで、満席でした。これから約10時間、長い長い空の旅。最初の機内食と一緒にビールを飲み、そのまま到着するまで寝る作戦だったのですが、結局2時間ほどしか眠れず、あとは映画を見ていました。

<<到着>>
 ほぼ定刻の9:25am、マッカラン空港に到着。とにかく暑い!刺すような日差し!サングラスと日焼け止めは手持ちのバッグに入れて行って正解でした。ここから、ツアー会社のバスでパリスへ。NYNY⇒モンテカルロ⇒パリスの順に送ってもらいます。
 10:30am頃パリスのツアーカウンターに到着。中で涼んでいる間に、ガイドさんがバゲッジをポーターに預けてくれました。11:00amくらいまでホテルの説明やオプショナルツアーの説明を聞き、この時間ならチェックインができるかも?!とチェックインカウンターへ。運良くチェックインできました!私達の希望は喫煙&エレベータから近い部屋。ほとんど部屋に居ないだろうからストリップビューは無しにしました。部屋は2753。エレベータからほどよく近くてイイ感じです。窓からは建設中のアラジンの裏側や駐車場などが見えます。遠くの山まできれいに見えて、気に入りました。ガイドさんが部屋まで一緒に来てくれたので、バゲッジを持ってきてもらうように電話してもらうと、すぐにポーターが来てくれました。その後、ルーが明日予約しているグランドキャニオン1日ツアーのリコンファームの電話をしました。予定通り7:50amにツアーデスクに集合とのこと・・。早いなぁ〜(+_+) その間に私は、飛行機ではずしていたハードコンタクトを入れようとしたのですが・・・みごとに割ってしまいました。あ〜旅の初めに嫌な予感・・・。

<<食事>>
 気を取り直して、食事をしようと下におりました。バッフェはかなり並んでいたので、カジノの中にある24時間営業のカフェに入りました。サンドイッチ1皿を2人でシェアーして、ルーはエスプレッソ、私はカフェオレを頼みました。期待していなかったエスプレッソもカフェオレもすごく美味しい!さすがパリ(?)!!サンドイッチがくる前に、頼んでいないのに20cm程のフランスパン2本が運ばれてきました。食べていいのかなぁ・・と不安になりながら恐る恐るバターを塗って・・・ン?ウマイ!!ペロッと食べてしまいました(^^)あれは、お通しみたいなものなのでしょうか?もちろんサンドイッチも美味しくいただき、食事代はルームチャージにしてカフェをあとにします。

<<早速・・>>
 ロビー脇にあるスロットクラブで、パリスのクラブカードを作りました。IDを見せろとも言われず、あっという間にできてしまいました。予定では、このままベラッジオに行くはずだったのですが、これだけのマシンを素通りできるわけはなく、1時間ほど25¢のSLINGOをいうスロットをやりました。このマシンは右リールにSLINGOの文字が止まると、上の液晶でビンゴゲームが始まります。これが結構楽しい!本命はこのマシンに決まりました。

<<夜の予定>>
 適当に切り上げてベラッジオへ。まだ明るいのに噴水ショーが始まりました。すごい迫力!夜に見るのが楽しみです。そしてベラッジオのコンシェルジュで、ディナーの予約をします。もちろんジャスミン!レイクサイドシートを10:00pmに予約しました。その後、トラムに乗ってモンテカルロへ。日本からインターネットで直接予約していた、7:00pmからのランスバートンのチケットを受け取ります。もちろん、モンテカルロでもスロットカードを作りました。この時、カードに付けるヒモ(?)も一緒に貰えたので、早速パリスのカードにつけました(^^)

<<とにかく暑い>>
 モンテカルロで5¢スロットを少しやり、今度は徒歩でWargreensへ。めちゃめちゃ暑い!!アスファルトの照り返しが、足にジリジリと刺さります。本当はNYNYのマンハッタンエクスプレスに乗る予定だったのですが、暑さに負けて断念(;_;)Wargreensでは、お菓子やコスメなどチープなお土産を買いこみ、早くSLINGOがしたい!と、急ぎ足でパリスへ向かいます。しかし、またもや暑さに負けて、途中のスターバックスで小休憩。アイスカフェラテのtallを買いました。1人1杯はキツイなぁ。全て飲むのに一苦労・・。さぁ、やっと飲み終えて、いざパリスへ!途中、建設中のアラジンの前を通ります。8月オープンと聞いていますが・・間に合うのかな?後方には立派な客室の建物ができていますが(夜にはライトアップされていました)、手前の装飾の半分は、まだ骨格しか出来ていません。でもまぁ、アラビアンなイイ感じがでてるかな。

<<夜はこれから>>
 パリスの部屋へ荷物を置きに戻り、夜のショーの為に少しオシャレな格好に着替えます。ルーはネクタイを締め、私はワンピース。ショーまではまだまだ時間があるのですが、早めに部屋を出て、やっと25¢のSLINGOに座る事ができました。しかし少しずつオコズカイが減っていく(;_;) なかなか出ないSLINGOを諦め、ベラッジオからトラムに乗りモンテカルロへ。まだ少し時間があったので、やはりスロットをやってしまいました。10分ほど前にショー会場に入り、案内された席は、前から2列目の中央から3、4番目!すごく良い席をゲットしてたのね!ショーでは、すぐ目の前で鳩が出たり人が消えたり・・・何故?何故?すごく不思議!ランスの顔のシワが見える程近くで見ているのに!!きっと、もう少しヒアリング力があったら、もっと楽しめたのだろうな。でも、もう1度見たい!と思いました。これはとてもオススメです!ショーが終わってベラッジオに戻り、記念に!とここでもクラブカードを作りました。ジャスミンを予約している10:00pmまでの間、今度はビデオポーカーを少しやってみましたが、やはり勝てない・・。

<<ジャスミン>>
 そして、ようやくジャスミンへ!窓際中央の席は4人以上のグループが何組か座っており、私達2人は湖に向かって右側の端の席へ案内されました。でも、ま、ちゃんと見れるし良しとしましょう。中華なので、青島(チンタオ)を頼み、まず乾杯!ルーはお酒が苦手なので、青島ビールをそこそこにシェフお勧めスープを頼みました。もちろん残りのチンタオは私が頂きました(^^;)そうこうしている間に、噴水ショーが始まりました。ストリップ側から見るのとはまた全然違い、近くなだけあって水を吹き上げる音も超ど迫力!ジャスミン最高!!食べ物は、チャーハン、酢豚、アーモンド&チキンを頼みました。このチキンが超美味しい!本当に美味しい!!噴水と同じくらい感動ものでした。のんびり食事をしたので、多分、全種類の噴水ショーを見てしまったと思います。
 食事後、パリスに戻り、また25¢のSLINGOをやりました。しかし、私はさすがに疲れ果てて1:10am頃部屋へ帰り、明日の支度を整えて先に就寝。パリスでは、エレベーター前でのセキュリティーがなくフリーなので、夜中に私1人でエレベーターに乗るのは恐かったです。ただ、31〜33階の人は、エレベーターの中にあるカードリーダーにカードキーを通さないとダメなようです。
 ・・そして、ルーは2:20am頃まで存分にSLINGOを満喫したのでした。
 ラスベガス1日目。長くて盛り沢山な日でした。

本日の結果。ルー:+$60、ピン:−$300

 

2000年7月7日(金):2日目

<<初チェック>>
 6:30am起床。私は3時間半、ルーは2時間半しか寝ていない。大丈夫かなぁ・・。とりあえず日本から持ってきたチオビタをイッキ飲みして下におりました。朝御飯を食べている時間はないので、カジノの中程にあるバーでコーヒーを頼み、それを飲みながらカウンターにある25¢のビデオポーカーを始めようとしたところ、初めて「IDをみせろ」と言われました!やった〜v(^^)v 若く見える?サンキューなどと言いながらIDを見せて、オジサンと話しが弾む・・ま、半分も言ってる事分からなかったけど、笑顔でカバー(^^;) 朝から嬉しい出来事でした。

<<グランドキャニオン>>
 7:50amツアーロビーに集合し、シーニック航空のバスに乗ってマッカラン空港へ。支払いを済ませ離陸を待ちます。予定通り9:00amに出発!飛行機は40人乗り位の大きなもので、全く酔いませんでした。景色を見ていたら、あっという間にグランドキャニオン空港に到着。空港から、他の飛行機で来た方達と一緒にバスに乗込み、最初のビューポイントへ。すごい!でかい!壮観です!写真を撮りまくりました。ここはラバでのツアーの出発地だそうで、ちょうど下のほうにラバ隊が休憩しているのが見えました。ここの売店でドリームキャッチャーを買い、今回の旅で夢を掴めるように祈ります。さらにバスに乗り、次のビューポイント「ヤバパイ」へ。先ほどのポイントよりも切り立った崖・・恐いっす。勇気を出して崖から2m程のところまで行きました。ふぅ〜命が縮みます(^^;)
 この後、ホテルでランチバッフェを食べたのですが・・あんまり美味しくなかったなぁ。今まで美味しいものばかり食べてたので、ちょっと辛かったです。そして2:00pmグランドキャニオン空港を離陸。しかし離陸前には熟睡してしまい、気がついたらマッカラン空港でした。この爆睡のお陰で少しスッキリ!そして、シーニック航空のバスでトレジャーアイランドまで送ってもらいました。

<<海賊ショー>>
 3:30pm頃トレジャーアイランドに到着し、そのまま徒歩でファッションショーモールへ。スターバックスを発見し、アイスカフェラテのtallを1杯買い、2人で飲みながら、やっと一服。端から端までブラブラとウィンドウショッピングをして、再びトレジャーアイランドに戻りました。4:00pmの海賊ショーは諦めて、次の5:30pmにねらいを定め、ショーが始まるまでの時間、トレジャーのクラブカードを作成し、ちまちまとビデオポーカーをやっていました。海賊ショー開始10分前に重い腰をあげ、海賊船を目指します。運良く正面の高台が空いていたので、そこを陣取りショーを見ました。やはりヒアリング力があれば、もっと楽しめたのだと思います。それにしても、中途半端な終わり方だったような気がしました。少し風が強かったからかな?どなたか本当のエンディングをご存知でしたら教えてください!! 

<<ちょっと疲れた>>
 海賊ショーを見終わってすぐ、トレジャーアイランドからタクシーでパリスへ帰りました。早起きで疲れたのと暑いのとで、歩いて帰る気にはなれなかったのです。パリスまではストリップを通ってすぐに到着し、運賃は$4.20でした。少しお腹が空いたので、エレベーターホールの手前にあるLENOTREで、カフェオレとブドウパンと粉砂糖のかかったケーキをテイクアウトして、部屋へと戻りました。料金はもちろんルームチャージして。昨日、カフェで美味しいフランスパンを食べれたので、ブドウパンもケーキも期待していたのですが・・・予想どおりどちらも美味しかった(*^^*)カフェオレも、もちろん美味しかったです。この後、とにかく疲れたので、シャワーを浴びて2時間程仮眠をとりました。

<<エッフェル塔>>
 目覚めると9:30pm。かなり頭も体もスッキリし、またもやカジノをしに下におります。しかし、ここでエッフェル塔に登っていない事に気付きました。せっかくだから登っておこう!ということでチケット売り場を探したのですが分かりません。エスカレーターの前にいたお姉さんにチケット売り場を聞くと、すぐ隣のお店で売っているとの事・・。やっと11:30pmのチケットを買えました。しかしまた時間が余ってしまった・・25¢のSLINGOは、ちょっと遠い・・ということで、近場の25¢スロットで時間つぶし。やっぱり出ないので、少し早めにエレベータ乗り場へ。2〜3分程並び、いよいよ上へ登ります。う〜ん!360度さえぎるもののない夜景は、とてもキレイ!ストリップが渋滞していて、その車のライトが一層夜景を盛りたてています。少し風が強いけど、かえって涼しくて気持ちいい。しばらくボーッと眺めていたら、ベラッジオの噴水ショーが始まりました。上から見る噴水ショーも良いけど、やっぱりジャスミンから見る方が良いなぁ。

<<バリーズへ>>
 エッフェル塔に登ったのとはちがうエレベータで下り、今度こそ!と25¢のSLINGOへ。しかし、なかなか出ず、しびれを切らせて席を立ち、クラブカードが共通に使えるバリーズのカジノへ行ってみる事にしました。パリスのバッフェを横目にまっすぐ進むと、すぐにバリーズのカジノが見えました。バリーズのカジノはごちゃごちゃしていなくていいですね。始めは25¢のビデオポーカーをのんびりとやっていたのですが、ふと顔をあげると目の前にMEGABACKSの文字が!これはやるしかないでしょう!という事で、この旅初めての$1台をやりました。結果は・・・(T_T)ま、8億の夢を見れただけでも良かった・・のかな。

<<夜明けまで>>
 再びパリスへ戻り、夜食(朝食?)を食べる事にしました。時間は3:00am。24時間営業のカフェに入り、ハンバーガーとサラダを2人でシェアー。もちろん美味しいフランスパンとカフェオレも頂き、料金はルームチャージで。そして今度は25¢のビデオポーカーをやりました。出ては入れて・・の繰り返し。結局、私は5:30am頃、先に部屋へ帰りました。もう外は明るくなりかけています。あ〜、いつの間にこんなに時間が経ったのだ?もう寝なくちゃ。肌が荒れる・・と思いつつ、海外旅行時の恒例になっている親戚友人へのハガキを半寝状態で書きあげ、やっとベットに入ったのが6:30amでした。外はすっかり明るくなっていますが、ルーはまだ帰ってきません。ルーはその後SLINGOやMEGABACKSなど、いろいろ挑戦したらしいのですが、惨敗・・。7:30am頃眠りについたそうです。
 今日も長い1日でした。金曜日は出ると思ったのですが、日本のパチ屋のように甘くはないですね・・。 

 本日までの結果。ルー:−$500、ピン:−$500

 

2000年7月8日(土):3日目

<<パリスのバッフェ>>
 昨日(今朝?)までの超ハードスケジュールのため、今日はのんびり寝てしまいました。1:30pm起床。・・って遅すぎ?明日は帰る日なのにぃ〜っ!急いで身支度を整え(もちろんチオビタをイッキ飲みして)、部屋を出たのは2:30pm。まずはAirMailを出そうとフロントに行きましたが、フロントでは受けつけてくれず、バリーズへの通路の途中にあるビジネスセンターへ行けと言われました。ここの自販で切手を買って、小さなポストへ。後日談ですが、日本の両親の元へこのハガキが届いたのは、投函から10日後でした。
 さて、ハガキも出したし、今日は買物の日!いやしかし、その前に腹ごしらえを・・とパリスを歩き回ったのですが、もうランチも終わって休憩しているお店が多い!しょうがない、1回位は食べておこうか・・とバッフェへ行く事にしました。ルーは行列がキライなので、いつでも混んでいるバッフェは避けてきたのです。意を決して並んでみたのですが、席に着くまで30分程かかり、もう腹ペコ!喫煙席を頼んだのに、何故か端の方の禁煙席となってしまって、ドリンクのオーダーになかなか来てくれません。席数に対して店員(?)が少なくないか?ま、とにかく食べますかっ、と交互に食べ物を取りに行きました。味はグランドキャニオンで食べたバッフェより全然、数段美味しい(^^)ですが、カジノにある24時間営業のカフェのほうが美味しいかなぁ。ケーキもLENOTREで買ったやつのほうが美味しかった。と、30分も待ったわりには感動の少ない食事でした。しかも、お酒も飲んでないのに、いつものカフェより高くついてしまった・・。多分、もう来ないな。

<<フォーラムショップス>>
 お腹もいっぱいになったので、フォーラムショップスへ行くためにバリーズのカジノを通り抜けようとしました・・が、やはりつかまりました。2人で25¢のビデオポーカーをひとしきり楽しみ、やっと外へ。ストリップ沿いを歩いてフォーラムショップスへ向かいました。しかしシーザーズパレスは大きい!歩いても歩いても、どこまでもシーザーズ!やぁ〜っとたどり着いたのは6:00pm10分前!急いでフォーラムショップスを縦断し、6:00pmのアトランティスショーを見ました。これまた内容が分からない!?英語を勉強しよう!と切に思いました。そして、やっとショッピング!私はルイヴィトンで欲しいカバンがあったのですが、ここのヴィトンにも置いてなかった。(ファッションショーモールにもなかった(;_;)) カジノも勝てないし、このままじゃ悔しい(?)のでROXYのネックストラップとスカートを購入。他に、親戚の子供へのおもちゃや、マグネットも買いました。この後、フリーモントへ行こうか迷ったのですが、次にラスベガスへ来る時のためにとっておこう!ということになり、パリスへ帰ることに。帰りはシーザーズパレスを通ってベラッジオ側に出ようとしたのですが、広すぎてどこから外で出るのか分からず、右往左往してしまいました。迷っている途中に、休憩を兼ねてビデオポーカーをやり、2人ともちょいプラス(^^) ここで初めて「やめ時が肝心」という事を学ぶ・・。

<<最後の夜>>
 シーザーズ前からベラッジオを経由してバリーズ前まで歩道橋で渡りました。そしてバリーズのカジノを通ってパリスへ向かうはずだったのですが、やはり、素通りできるはずもなく、当然のようにビデオポーカーに座ります。しかし先程シーザーズで勝った分を、あっという間に使い果たしてしまい、そそくさとパリスの部屋へ戻りました。今日は徹夜でカジノする!という暗黙の了解となっており、シャワーを浴びて、いざ出陣!!9:30pm頃から2人そろって25¢のSLINGOを始めました。私は既に、日本で両替してきた$600を使い果たしていたので、自分のオコズカイ2万円をカジノ内のキャッシャーで追加両替。$180を握り締め、最後の勝負!!小当たり、中当たりが出たり入ったりを繰り返し、いつのまにか3:00am。ルーが、日本で両替してきたドルと、(いつのまにか)追加両替したオコズカイ3万円をキレイさっぱり使い果たしたところで、夜食を食べる事にしました。この時、私の手持ちも残りわずか・・。夜食は、24時間営業のカフェで、昨日食べたのと同じハンバーガーと、オニオンスープを2人でシェアーして食べました。ただで付いてくるフランスパンをオニオンスープに浸して食べたら美味しかった(*^^*) ここで2人のクラブカードのポイントを合わせてみると、2000ポイントを余裕で突破していました。今まで食事は全てルームチャージにしてきたので、フードコンプ位は受けれないかなぁと思ったのですが、どこで交渉するのか分からないので、とりあえずカフェを出てスロットクラブのカウンターへ。しかし、さすがにこの時間はCLOSEしていました。コンプ交渉を諦め、部屋へ帰ろうかと思ったのですが・・今から寝てしまったら絶対に起きれないでしょう!ということで、私の残り少ない手持ちと、共通財布からの緊急(?)オコズカイを手にMEGABACKSへ!何事もなく10分ほどで終了(T_T) もうこれまで!と本当に部屋へ戻ろうとしたとき・・・SLINGOがいい位置にあるんですよね(^^;) これを見つけたルーが、「あとちょっと、もうちょっとやらせて・・共通財布から1万円借金して最後の勝負させて・・」と言い出しました。懲りない奴(--;)と思いながら1万円を貸出し、この旅何回目かの最後の勝負。SLINGOにはダブルと10倍の2種類あります。ルーは初め、小当たりの多いダブルで少しずつ持ち金を増やし、ある程度増えたところで勝てば大きい10倍に移動しました。そして、やっと来ました!その時が!5:00am過ぎ、突然、液晶に花火が上がりました!台上のランプも点灯しています!これは・・・4000枚の大当たり(^o^) やった〜!すごいすごい!早朝で人の少ないカジノフロアで大騒ぎ!25¢台なので$1000でしたが、初めて手渡しで貰えました!私は隣で見ていただけなのですが、涙が出る程嬉しかった〜(;.;)

ここまでの結果。ルー:±0、ピン:−$840

<<チェックアウト>>
 6:30am頃、興奮冷めやらぬまま部屋へ戻り、散らかり放題の荷物&お土産達をパッケージして、朝の散歩へ。まだ車通りの少ないストリップや、ホテル内の石畳やカジノで写真を撮りました。そしてクラブカードのポイントのキャッシュバックを受けにスロットクラブのカウンターへ。今度は開いていました。私は900ポイント強で$30、ルーは$1500ポイント弱で$49のキャッシュバックを受けました。パリスは$3で1ポイントなんですね。あまりお腹は空いていなかったのですが、とりあえず朝食をとりにLENOTREへ。ブドウパンとクロワッサンとカフェオレを、オープンカフェ風なテーブルで食べました。やっぱりここのパンは美味しい(*^^*)もちろんカフェオレも!そして、フロントが混む前に・・とチェックアウトをしに行くと、なにやら係員が慌しく相談し始めました。パスポートを見せろと言われたり、英語で住所を書いてくれとメモ帳を渡されたり・・何か悪い事したっけ?もしかしてコンプを受けれるとか?!結局すぐにはチェックアウトできず、1時間後の9:15amに再び来てくれと言われ、フロントの目の前にあるSLINGOへ直行!先ほどキャッシュバックでもらったお金をあっさり使いきり、部屋へ戻りました。少し休憩し、約束の時間になったので、バゲッジを持ってフロントへ行くと、何の事はなく普通にチェックアウトできました。英語力があれば、何をもめていたのか聞いてみたんだけどなぁ。

<<シナボン>>
 9:55am、ツアーロビーに集合し、ここに来た時と全く同じメンバーでバスに乗込みます。途中、アラジンの裏手を通った時、ガイドさんと運転手さんがアラジンのショッピングモールについて何やら話していたので、アラジンは来月オープンするのですよね?と聞いてみたところ、秋頃になると思うわよ〜という答え。う〜ん・・この出来具合じゃ無理そうだもんなぁ。でもあと1ヶ月あるし・・。一部先行オープンするのかな?ストリップを通ってマッカラン空港に到着。チェックインを済ませて、搭乗まで自由行動になるかと思いきや、すぐモノレールに乗って移動しました。ガイドさんがどんどん先に進むので、モノレール手前にあるお店は全然見れなかった・・。心配になって、向う岸(?)でシナボン食べれますか?と聞いてしまいました(^^;) しかし向う岸に着いたとたんシナモンの甘い香りが・・。早く食べたい〜っ!解散の声の後、すぐにシナボンのお店へ(^^) 焼きたてがありました!でもシナモンがたっぷりかかった大きなシナボンしかなく、狙っていたミニボンが見当たらなかったので、シナボンスティック(5本入り)を頼んでしまいました。う〜ん、でも、これも美味し〜い!1人で5本食べれちゃう!ペロッとたいらげて、本命の買物へ。ベタですが、ウチは海外に行くと、その土地名の入ったステッカーを買います。ですが、探せど探せどステッカーなんて見当たらない!超歩き回って、やっとマグネット屋さんで見つけました!良かった〜(-。-)ホッ。搭乗まで時間があったので、共通財布に残っていた$10で一勝負。$2増えたところで時間切れとなりました。終わり良ければ全て良し?!

<<帰り道>>
 とても楽しかった今回の旅。しかし、ラスベガスとの別れを惜しむ間も無く、離陸前に2人共爆睡していました。でも、機内食が出ると何故か目が覚めるんですよね(^^) 帰りは10時間45分の空の旅。徹夜したかいあってか、食事以外の時間はほとんど寝ていたので、あっとう間でした。

2000年7月10日(月)
 予定より少し早い4:00pm成田着。4:50pm発の町田行きのバスに乗り、無事、現実の世界へと帰還致しました。

 

<<最後に>>
 長々とまとまりの無い文章を書いてしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。毎日書いていた日記風メモを読んで、思い出しながら書いていたら、またすぐにでもラスベガスに行きたくなりました!予定より多くラスベガスに貯金(?)してきてしまったので、必ず取り戻しに行ってきます!
 そして、いろいろな情報満載の、まさしさんのHPに感謝、感謝。m(_ _)m

ルーさん&ピンさんに感想のメールを送る


他の方のラスベガス旅行記を読む