たかのさんのラスベガス旅行記2 一人旅(3回目)
(2013年4月30日〜2013年5月6日)

 
●準備
 今年も3年連続でGWにベガスに行ってきました。まず、ホテルの予約です。一昨年はフラミンゴ 、昨年はバリーズにそれぞれ4泊しました。
 今年はトータルリワードの最低ランク会員の私ですが、前半はプラネットハリウッドにコンブで3泊(1/09に予約したのでノーリゾートフィー)と後半はモンテカルロに($298.78+リゾートフィー$20×2)×Tax12%=$379.43で2泊の計5泊。今年は5/4,5(週末)の料金はどこも高かったです。M life Home Pageで3/19に予約。
 次は航空券の手配です。GW中の料金で航空料金とホテルの料金とを検討し下記の復路がサンフランシスコ・シアトル経由という変な日程となりました。今回は3年目ですので4/16にESTAの更新もしました。($14.0)
 ANA スーパーエコ割 ¥132,100 (沖縄〜東京を含む)を2/17に購入。
日付 曜日 便名 出発 到着 飛行時間 乗継時間
4/30 NH 134 OKA 18:05 HND 20:25 02:20 03:40
5/1 NH1006 HND 00:05 LAX 18:05(-1) 10:00 04:28
4/30 NH7276 LAX 22:33 LAS 23:52 01:19  
5/5 UA1422 LAS 05:49 SFO 07:20 01:31 01:02
5/5 UA7285 SFO 08:22 SEA 10:30 02:08 01:50
5/5 NH7031 SEA 12:20 NRT 14:30(+1) 10:10 03:25
5/6 NH2159 NRT 17:55 OKA 20:55 03:00  
復路 現地にて変更
日付 曜日 便名 出発 到着 飛行時間 乗継時間
5/5 UA1422 LAS 05:49 SFO 07:20 01:31 03:50
5/5 UA 885 SFO 11:10 KIX 14:55(+1) 11:45 04:55
5/6 NH1739 KIX 19:50 OKA 21:55 02:05  
●1日目 (4/30 火)
 那覇空港に16:30に到着。ANAスーパーフライヤーズ会員ですので、ゴールド専用カウウンターで発券(3枚)・荷物を預け保安検査場通過後、ラウンジで一杯飲んで搭乗口に移動。国内線はプレミアムクラスのキャンセル待ちに空席が出て、搭乗15分前に待合室カウンターに呼び出されプレミアムクラスに搭乗(アップグレードポイント4P使用)。快適なシートでした、シャンパンと食事とコーヒー(スターバックス)を頂きました。
 ほぼ定刻に羽田到着。一服後、国際線ターミナルにバスで移動。羽田国際線ANAカウンターで、物は試しにとプレミアムエコノミーへのアップグレードを依頼する。ANAのきれいなおねえさんがPCを操作し、どこかに電話しました。そして曰く
『あいにく本日は、プレミアムエコノミーは満席でございまして、申し訳ございませんがビジネスクラスのお席でもよろしいですか?』だって。
私 『・・・・5秒間  宜しくお願いします! 通・・通路側でお願いします。』2Hの座席でした。何事も言ってみるものです。
 その10分後auグローバルパスポート携帯をレンタルしていましたら館内で呼び出しをされ、やっぱしビジネスクラスは無理だったのだろうかとがっかりしながら再度カウンターに行きましたところさっきのおねえさん
『お客様のお座席はファーストクラスの席でございまして、まことに申し訳ございませんがお座席を変更させていただきせんか。』だって。
私 『ビジネスクラスが駄目になったのかと思いましたよ。それで結構です。』6Hの座席に変更。ご迷惑をお掛けしましたのでと、目の前にある保安検査の優先ラインに誘導され楽々と通過。
 21:20に出国審査を通過しトラベレックスで両替$1,000 (\100,970)と免税店でタバコ1カートンを購入(\2,500)。ANAラウンジに行きますと、またさっきのおねえさんが待ち受けていました。
『たかのさま、さきほどはお手数お掛けいたしまして大変申し訳ありません』だって。
私 『まったく迷惑ではありませんよ。あなたには感謝しております。』こっちは恐縮しきりです。
 ANAラウンジで喫煙しかき揚げそばと稲荷すしを食べてから、110番搭乗口に行き待っていましたらまたまた呼び出しです。今度は搭乗口内での再ボーディーチェックの依頼でした。ランダムで5名程度呼び出されました。今日は当たりの日です。搭乗口にはさっきのおねえさんがまた居て、三度目のお詫びをもらいやっと搭乗。ビジネスクラスの最前列のシートで、快適な座席でシャンパンサービスの後すぐに寝ることができました。到着前は豪華な食事(和食)を頂きました。やはり3倍分の料金だけのことはあります。ラフな格好での搭乗でしたが、他の方達も大した格好していません。
 定刻に近い運航に恵まれLAX到着。イミグレからコネクション手荷物再預けまでスムーズでした。4時間の待ち時間にインアウトバーガーに行こうかと思って、黄色に黒い水玉のシャトルバスに乗れば近くの駐車場に行けると調べておいたのですがビジネスクラスの食事で満腹だったのでやめました。ユナイテッドラウンジでくつろぎ、ラス便もほぼ定刻に出発し無事到着。ユナイテッド便は昨年夏からラスベガス空港のNo.3ターミナルに到着します。初めてでしたが、分りやすいレイアウトでした。荷物受取後シャトルバス($7.5+tip $1)でホテルに向かいAM 1:00頃フロントに着く。3 nights stay, one person, near the elevator room please.
 8階のストリップ側に最も近い先端部の角部屋で窓がたくさんあるプールビューで、通常よりもかなり広い部屋です。バスルームにもTV。

 このホテルは2か所のエレベーターからそれぞれ3方向に行けるので、どの部屋でも遠くないレイアウトで素晴らしい設計です。バリーズに比べたら前庭がないので部屋からストリップまで近いし、シャワーブースとバスタブが分かれているのはいいです。只この間が5歩分離れていて、移動の際は一旦身体を拭かないとの床のタイルがべとべとになります。バスタブは大きくて身長180cmの私ですが、足を目いっぱい伸ばせ肩まで浸かれました。ラスベガスの部屋に着くと早くホテルにハンドシャワーとウォシュレットトイレが普及して欲しいといつも思います。部屋に冷蔵庫はなく保冷バック(ダイソーの100均)を持参しましたが、8階のアイスマシーンが故障していまして9階まで往復させられました。3日間そのままで、ここらへんはやはり一流ホテルではないですね。ウォルグリーンでビール・水・栓抜き・ビーチサンダルを買って24hr営業のアールオブサンドイッチをテイクアウトし部屋に帰り食べました。
 カジノで遊びますが、日付が変わったからでしょうかギャンブルはたいして当たりません。妙な韓国人に絡まれ散々でした。AM 6:00就寝。(日本時間22:00)
●2日目 (5/01 水)
 PM1:00 (日本時間 AM 5:00) 起床。PM 2:00徒歩でMGMに行き、M lifeでカードを交換(サファイアからパールに昇格)後、M lifeカードのパールはバフェィのラインパスとして使えるので優先レーンでグランドバフェィに入場しシャンパンブランチ(10:00〜4:00-$21.61)。満腹、満足 。カジノで時間をつぶした後、PM6:30ボックスオフィスでKAのチケットをディスカウト価格で直前購入($111.05)。PM 7:00から鑑賞。一人でしたので8列目の左から6番目の良い席を得ることができました。水平から垂直へ上下2つのステージが入れ替わりのすごい設備です。空中から弓矢で放たれた矢が垂直のステージに刺さって、それにつかまってパフォーマンスする演出には感心しました。激しい動きが多いので飽きることなく眠くならずに鑑賞出来きます。皆さんが絶賛されるのが分りました。
カジノでまた遊び徒歩でプラハリまで帰る。夜食はまたサンドイッチでAM 1:00就寝。
ビジネスクラスの搭乗券とKAのチケット

●3日目 (5/02 木)
 PM11:00 (日本時間 AM 3:00) 起床。スパイスマーケットバフェィでランチ (部屋付け$19.45)。6階のプールでのんびり日光浴と目の保養。ノースとサウスに同じプールが2つあり、広いスペースです。
 温水のジャグジーがありくつろげました。ベラッジオで見学・カジノ。トラムに乗りアリアのカジノで少し遊び、クリスタル経由にてプラハリへ帰還。AM 2:00就寝。
●4日目 (5/03 金)
 AM 8:00起床。プラハリをチェックアウトし、スーツケースをクロークに預ける。AM 9:15ミラクルマイルショプ発のバスでファションアウトレットへ行きショッピングの予定です。地下をそのまま右(南)に200m程歩くとミラクルマイルの駐車場出入口に着きます。そこの上階にボックスオフィスがありラスベガス大全のクーポン印刷紙を提示しますとアンダーグランドでウェイトの指示。下の出入口にいた他のバスのドライバーらしきおっさんにクーポンを見せると、まだ100m程南のシャトル・ツアーバスストップに行けと案内される。関西系のご夫婦も私と同じ様に言われたようで私の傍にきました。待ちますがバスは来ません。以前はさっきの出入り口で乗ったのです。とおっしゃられた奥さんが戻って確認に行ってくれました。そしたら手招きでこっちに早く戻れと、ご主人と私は小走りで元の場所に戻りにバスに乗りました。車中で印刷紙をそのままドライバーに渡すと、帰りの時間(PM2:30出発)が記入されたチケット・フロアーマップとグリーンカードをもらい、MGMで客を乗せサウスポイントとMリゾートを車窓に眺めて砂漠を通過し約1時間で着きました。
 まずはフードコートに行きサブウェイのモーニングセットを食べた後、買い物。ホリスター・アメリカンイーグル・Leeのアウトレットがあるので子供たちへの服を見てみようと行ってみることにしました。他のテナントはサウスやノースの近場のアウトレットで事足りますし、価格も変わりません。
 バスは帰路にマンダレイベイの南にあるウェルカムサインに寄るサービスをします。外人客が下車して写真撮影しましたが、日本人の我々は車中でじっと待っていました。MGM経由でPM3:30にミラクルマイルに帰還。地下をそのまま北に戻りホテルフロント入口でスーツケースを引き取り(tip$1.0)ロビーのソファーの上で買い物した袋をスーツケースに詰めました。そしてすぐにタクシーに乗車($7.0) モンテカルロに移動しPM4:00にチェックイン。週末ですごい行列でしたがカウンターは全開で対応していました。15分程並び 2nights stay, one person, smoking and near the elevator room please. 部屋に荷物を置き一服。6階のエレベーターから6番目の部屋でまずまずの近さです。ちょっとだけプールビューです。
 ファットバーガーが目の前にあるのですがホテル前には横断歩道がなく、一旦南に行ってNYNYとの堺付近から横断しなければならないので迂回を余儀なくさせられます。PM6:30 にミディアムファットバーガー$6.80、オニオンリング$4.20とドリンク$2.60の夕食。(税込 $.14.70)デリシャス!
 この通りにはWalgreens、ROSS、 Hard Rock Cafe、 ABC store、Denny’s、Coca Cola、M&M、Food Court、Adidas等たくさんの店舗が並んで大変便利です。モンテカルロが人気なのが分りました。この夜はモンテカルロでカジノ、AM 2:00就寝。
 皆さんの旅行記に記載されていた通り、バスとシンクの排水が良くありませんし、廊下の人声が良く響きます。シャワーの水量は良好でしたが、洗面台の水溜め栓のコックが壊れていました。下にもぐってみますとねじが外れていましたが、自分でなんとか直しました。このホテルはフロントの近くにエレベーターが配置され部屋へのアクセスは分りやすくフードコートも近く良い設計ですが、部屋からストリップ迄のアクセスはカジノの西端から東端まで通過しなければならないので結構歩かされます。
●5日目 (5/04 土)
 AM11:30起床。部屋でリゾートフィー請求分のコーヒーを飲んでから外出。エクスカリバーまで歩きトラムでマンダレイベイへ行き、PM12:30ラインパスを活用しベイサイドバフェィでランチ(税込 $.25.15)EXPRESS COMPSで精算。
 食後SDXでプレミアムアウトレットサウスに行き女房へコーチのバッグを購入。($290.0×65%OFF=$101.5+tax$8.22=$109.72) 自分用にアディダスで水着やゴルフウェアーを買う。SDXでMGM迄戻り、ウォルグリーンでキラデリ・ゴディバのチョコレート他お土産と夜食を購入。
 ホテルに戻り、モンテカルロとNYNYで徹夜カジノ。
●6日目 (5/05 日)
 部屋でシャワーを浴びコーヒーを飲んで着替えてAM 4:00にフロントでチェックアウト。タクシーは順番待ちで3番目でした。週末の早朝でしたのでタクシーがなかなか来ません。余裕をもって出た方が賢明ですね。やっとタクシーが来て、空港へ向かうが高速周りで$25.0をぼられる。発券場は早朝でしたがものすごく混雑していました。ゴールド会員のデスクでチェックイン。Eチケットを提示するとカウンターの日系人らしきおばさんが首をかしげる。
『シアトル経由は危険だ。間に合わない可能性が大きい。サンフランシスコから成田直行便に変更してあげる。』みたいな事を言われ、どこかにしばらく電話で交渉してくれました。とりあえず荷物を預けて(沖縄迄のタグ)、サンフランシスコ迄の航空券のみを発行してもらう。
『後はサンフランシスコのANAデスクに寄りなさい。』
発券に手間取りLASのラウンジには行く時間がありませんでした。
 定刻よりやや遅れましたが、SFOにはほぼ定刻に到着したので結果シアトル行きの乗り継ぎに間に合ったのかもしれませんが、やはり当初の予定でははらはらしたと思います。サンフランシスコ到着後すぐにインターナショナルターミナルに行くが、ANAデスクはクローズ。外で喫煙し、近くのフードコートでコーヒーを買って飲んだりして待ちました。9:30にオープンしデスクで交渉するがアウト。時間ロスしただけで、ユナイテッドのデスクに回され交渉。こちらは連絡がいっていたみたいで、サンフランシスコから関西、関西から沖縄の便を手配してもらえました。
『只荷物はどうなるか分らないので、沖縄で係員に聞いて。時間がないので急いで』だって。すぐに保安検査場に行き、なんとかAM10:20 No.97ゲートに到着しすぐに搭乗しました。結局SFOでもラウンジには行く時間がありませんでした。
 11:10発 エコノミー席で満席です。隣の席はメタボ外人でシートが狭く飲み物を2度もこぼされたりしまして、ぐったり疲れました。
 関西空港では預けた荷物が到着しているはずはありません。入国審査場でANAの人に事情を説明。結局翌日に関西空港に無事着き自宅に送ってもらいました。税関通過後4階のauに携帯電話を返却、成田返却予定が関空返却でもオッケイでした。4時間のトランジットで空港見学と3階の喫煙席があるカードラウンジ比叡で一服。沖縄線はプレミアムクラスにアップグレードしてもらい、ゆったりと帰還、なんとか予定通り帰国できました。行きのフライトは最高でしたが、帰りはどたばたで疲れました。往路でプレミアムクラスやビジネスクラスなんかに乗ると贅沢になってしまい、復路のエコノミーではどっと疲れました。

 プラハリはやはり立地が最高でした。部屋から通りに出るのに近く、ベラッジオの噴水もすぐそこです。SDXのバス停、ABC store、Walgreens、Miracle Mile Shops、Food Courtも近くにあり何かと便利です。結局は便利すぎて近場の徒歩圏内ばかりで過ごしてしまいプラハリではバスは利用しませんでした。そしてなんといってもバスタブが大きいのが最高です。
 モンテカルロはニューフォーコーナー方面に歩いて行くのは至便です。こちらも近くに店舗がたくさんあり便利ですが、バスはデュースのみの停車なのは不便です。

 両替ですが\10,000でM life系は$97.19、プラハリは$97.00とほぼ同じでした。

 一人旅なので航空会社、ホテルやボックスオフィスでの座席優遇や変更等いろいろ便宜を図っていただけラッキーでした。家族やグループですと、こうはいきません。昨年はANAプラチナ会員でしたが今年はポイント不足でブロンズに降格しそうだったので、昨年中にANAスーパーフライヤーズカードに変更してスターアライアンスゴールドの資格を継続する手段をとりました。GW中はどこの空港もすごい混雑ですので有効でした。ビジネスクラスに乗れたので元は十分に取れました。

 リオのショーインザスカイを終了し、観覧車建設やビルズの改装等でシーザス系は経営が苦しいみたいで今年3月からリゾートフィーを徴収するようになりました。ほとんどのホテルが導入しているのですから、ストリップ沿いのホテルはリゾートフィー込の料金表示にして分りやすくして欲しいものです。毎年変化の多いベガスですが今年はいろいろな閉鎖や中止があり、マイナス成長みたいでした。たくさんの新しいホテルや観覧車やアリーナ等の建設計画があり、建設中の現場も数か所見受けられましたが、頓挫しないように願うばかりです。

 今回のカジノはM life系列で主にプレーしました。ブラックジャックやルーレットにも挑戦して楽しかったのですが、スロットの負けが大きく大敗でした。ボーナスも良いところまでいくのですがせいぜい$2〜300止まりで、そのうち飲み込まれていきました。エルビスとマイケルジャクソンのスロットは音響がすごく楽しかったですね。またパチンコの海物語みたいな魚群が出る日本製のフィッシングのスロットも人気でいつも満席状態でした。最後はジャックポットねらいでホイールオブフォーチュンに掛けました。1度だけジャックポット柄2枚が止まり、どきっとしましたがあっさり敗戦。ちなみにラスベガス大全によると5/4にWynnの$1機で$1,194,270のジャックポットが、さらに5/14にはTIの25¢機で$502,563が出ています。帰国日は徹夜カジノでしたのでコンブ交渉をしないままチェックアウトしてしまいました。帰国後M lifeにメールしたところ、2泊分クレジットカードに返金してもらえました。何でもアピールです。$379.43―\37,714請求→\35,418返金で\2,296のみの支払いになりました。

 私がバフェィ(大抵がランチ)にいきますと、プライムリブかローストビーフとカリカリベーコンは必ず食べます。エッグベネディクトとパエリアがあったら大抵食べますが、中華・ピザ・パスタ・寿司はすぐに満腹になるのであまり食べません。総合的にミラージュが一番美味しかったと思います。デザートだけはパリスはお勧めです。オレンジジュースやコーヒーはどこもまずいのでアイスティーか炭酸飲料が無難です。飲みかけのドリンクを何種類も置いている人達もいましたし、たくさん食べ残している人もいましたが、年輩の私はそんなことは(MOTTAINAI)できません。改装したシーザスパレスやウィンにもいきたいのですが人気で混雑しているらしく、ラインパスを持っていないので行きませんでした。週末グルメディナーにキャビアが登場したベラッジオですが、5/3〜5はホリデー価格だったので行きませんでした。行かれる方はHPをチェックして下さい。キャビアがあるといってもバフェィに$50も払う価値はないと思います。
私が行きましたBuffetの私の番付です。
  店名 ホテル 感想
Cravings Mirage 広くて明るくて、旨い。接客がフレンドリー。ただし皿が異常に重い。
Grand MGM 全体的に普通だが広くて案外落ち着ける、平日にシャンパンブランチがある。
Spice Market P Hollywood レイアウトが良く品数も多いが室内は古びた感じ。接客はフレンドリー。
Bayside Mandalay 品数が少なく狭い、味は普通。室内は明るくココナッツのにおいが良い。
La Village Paris 暗く狭苦しい、品数・味は普通。デザートは豊富だが接客は良くない。

 カジノで大敗した時はここに来るのはもうやめようと思いましたが、帰国して日常生活に戻りますとまた行いきたくなります。
 次回はどこに泊まろうか。中毒症状発覚です。
たかのさんに感想のメールを送る

他の方のラスベガス旅行記を読む